子育てスタイル

今と昔じゃ大違い! 時代遅れの子育て知識3つと“祖父母手帳”のススメ

今と昔じゃ大違い! 時代遅れの子育て知識3つと“祖父母手帳”のススメ

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

こんにちは。ママライターのあしださきです。

子どもを出産して、産院で「お母さん」と初めて呼びかけられたとき、自分のことを呼ばれていることに気がつかずハッとしたことを覚えています。

女性は出産した瞬間から、いきなり「お母さん」になるんですね。

育児を始めたころの私は、まるで急に大海原に漕ぎ出した一艘の小さな船のようでした。どこへ向かうかも、どう漕いでいくかも分からずに。

毎日赤ちゃんの心配ばかりしていて、神経は常に張り詰めていました。

そんなとき、人に育児のダメ出しをされたり何かを言われたりするとものすごく傷つき、不安でいっぱいになったものです。

特に、家族からのアドバイスという名のお節介はストレスの元になりました。“子育ての先輩”である母や祖母、親戚などが親切で教えてくれる助言が、結構グサッとくるんですよね。

パピマミをご覧のみなさんにも、きっとたくさんの経験がおありではないかと思います。

そこで今回は、“今では非常識になっている昔の子育ての知識”について調査しました。

子育ての先輩が繰り出す華麗なる技の数々に、「あぁ、時代遅れ!」という相槌を打ちながら、日頃のストレスを発散していただければうれしいです。

170320asidasaki-compressor

(1)“白湯”問題勃発

『出産後に実家でしばらく母のお世話になっていたとき、毎日イライラしたのが“白湯”を飲ませるかどうかの押し問答。なぜか、両親とも新生児に風呂上がりに白湯を飲ませろとうるさく言ってくる。

「まだ母乳だけでいいはず」と言っても信じてくれず、無理やり哺乳瓶に白湯を入れて飲ませようとしてきた。実際飲ませても、むせるし泣くしでかわいそうだった。そもそも“白湯”って何?』(20代/2歳の女の子のママ)

(2)“抱き癖”による嫁vs姑の攻防戦

『赤ちゃんが泣いているのに、抱き癖がつくからしばらく放っておいたほうがいいと言う姑。産院では「今は抱き癖など気にしなくていいから、いつでも抱っこしてあげるように」と言われたのに。

姑がいるあいだは気を使ってなかなか抱っこしてあげられなくなり、それがストレスになった。育児は自分のペースやタイミングでやりたいということを、あの世代の方には分かってもらえないのだろうか』(30代/5歳の女の子のママ)

(3)「今のお母さんは神経質ね」

『大人の食事を取り分けてあげられるようになってきたころに、主人の実家でお正月を迎えた。子どもに食べ物をあげるときは自分の箸やスプーンは極力使わないようにして、虫歯をうつさないよう気を使っていただけなのに、親戚の方々が「あらぁ。今のお母さんは神経質よね。私たちが子育てしていたころは噛み切って小さくしたお肉とかを子どもにあげていたのにねぇ。今はダメなの?」と言っていた。

その後も、「うちのお嫁さんは除菌のやつとかいつも持ち歩いていて、しょっちゅう子どもの手を消毒しているのよ。そうやってキレイにしすぎているから逆に、最近の子は弱くなってきているんだってね」と嫁の悪口大会が始まる始末。スマホを持っているなら、少し子育てについてリサーチしてみてください』(30代/2歳と6歳の兄弟のママ)


いかがでしょうか。私は上に挙がっていたことすべて言われたことがあります。

特に私は“神経質”のレッテルをバシっと貼られたまま、今も3人の子どもたちを育てています。

それにしても、もう少し嫌な気分にならない言葉ってないのでしょうか。自覚してはいますが、それでも「神経質な母親」と言われるのはとてもヘコみます。

このように、子育てを頑張るママさんたちの世代と、その親世代に育児の知識でかなりのギャップが生じているということは、実は深刻な問題なのではないかということに気がつくべきだと思うのです。

親世代との子育てギャップを埋める取り組みを行う自治体も

今の日本は子育てをしにくい世の中だと言われ、保育園などの整備も進まぬ中で育児の手助けを求めたい親や義理の親とのあいだにわだかまりが生まれては、ますます母親たちを苦しめてしまいます。

そんな中、さいたま市が取り組んでいる『祖父母手帳』についてご紹介してみたいと思います。

『「さいたま市祖父母手帳」は、“祖父母や親たちのさまざまな愛情に包まれて子どもたちに健やかに成長してほしい”そんな願いから生まれた冊子です。祖父母が育児をしていた時に比べ、情報が多く、育児方法が大きく変化している中で、現在の育児法を学び、父母との関係を円滑にするとともに、「地域による子育て」の担い手となるきっかけとするため、さいたま市として初めて、この冊子を発行しました』(さいたま市ホームページより引用)

実際の内容は、祖父母世代にぜひ知っておいてほしかった育児の新常識、昔と今で変わったことを見やすい表にまとめて書いたもの、事故の危険が屋内や屋外でどのようにあるかなど、イラストを交えてとても簡潔にまとめてあります。

しかもわざわざもらいに行く必要もなく、さいたま市のホームページからいつでもダウンロードできます

これはとてもすばらしいアイデアなので、ぜひ全国に広まっていくといいなと思います。

そしてその内容が多くの方の目に触れて、広く認知されることを願います。時代とともに、育児の環境は様変わりしていきます。

ある時点では正しかったことも、今は非常識な知識になってしまうこともあるのです。

私たちの親もまた、その上の世代からああだこうだと言われ苦労して子育てをしてきたはずなので、やはりそこはリスペクトしなくてはいけないですよね。

親世代と子世代が相互に歩み寄るとともに、正しく新しい情報をすべての世代に平等に与えられる世の中になってほしいと切に感じています。

【参考リンク】
孫育てを応援! 「祖父母手帳」をご利用ください | さいたま市

ライター紹介

あしださき

あしださき

3人の子育てに奮闘中の母。大学では経済学を専攻し、インテリアコーディネーターの資格は29歳の時に取得した。大学在学中からモデルの仕事を始め、結婚、出産、育児を経験。第一子との親子共演CMを最後に活動を休止。特に印象的だった仕事は、NIKEの広告モデル。才能に溢れる多くの人に出会い、クリエイティブな世界に魅了された。活動はCM、化粧品広告、スポーツメーカー広告を多く経験。ファッション、ヘアメイク、インテリア、子育ての経験、さまざま織り交ぜながら、読んで楽しく役に立つコラムを連載していきたい。

ライター紹介

大上留依(莉瑚ちゃん)

大上留依(莉瑚ちゃん)

2児のママです。自分の時間も大切にしつつ、パワフルファンキーママで頑張っています。

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る