子どもの事故防止

晴れの日の5倍キケン!? 子どもに徹底させたい雨の日の交通事故対策

晴れの日の5倍キケン!? 子どもに徹底させたい雨の日の交通事故対策

  • Line
  • はてなブログ
お気に入り

みなさん、こんにちは。元教習指導員の奈都木あやです。

雨の日、傘をさして学校に向かうわが子の姿に、なんとなく不安な気持ちになる方も多いのではないでしょうか?

「雨に濡れて風邪ひかないかしら? 歩道橋で滑ってケガするんじゃないかしら? それから、それから……交通事故に遭わないかしら?」という具合に。

そうです。雨の日の道路は、晴れの日以上に危険がいっぱいです。

『首都高速道路株式会社』の調査によると、交通事故件数は『雨の日は晴れの日の5倍』です(平成27年度)。

今回は、雨の日の不安が少しでも減るように、注意点とお子さんへの伝え方をご紹介します。

170310natuki01

傘の扱い方

視界を遮らないようにさす

歩行者にとって、雨の日の代表的なリスクと言えば、これです。傘で視界が遮られる!

まずは大人が安全を確かめながら、子どもに体験させることです。

実際に、道路で傘を前に倒して歩かせてみましょう。次に、視界を確保できるように傘を上げさせてみてください。こんなにも違うものなんだ、と子ども自身が実感するはずです。

「傘は顔を隠さないようにさそうね」と教えましょう。

横に並んで歩かない

特に、女子は並んでおしゃべりしながら歩きたがるものです。しかし、傘をさしているときの危険は倍増です。

またまた、体験してみましょう。狭い道路を選び、周りの交通にはくれぐれも注意してください。

まずは、傘を開かずに横に並んで歩いてみましょう。次に、傘を開いてみましょう。右側の人は、簡単に車道へはみ出してしまうはずです。

雨の日は、一列になって歩くことを言い聞かせておきましょう。

傘で遊ばない

特に、男子は注意が必要ですね。傘をくるくる回してみたり、閉じた傘でチャンバラごっこをしてみたり……。楽しすぎて、車への警戒心がなくなってしまうのは容易に想像がつきます。

「傘はおもちゃではない」「道路は遊び場ではない」ということを、繰り返し伝えておきましょう。

水たまり

水たまりで遊ばない

基本的に、子どもは水たまりが大好きですよね。レインブーツをはいているのをいいことに、水たまりに入ってみたり、傘の先で水をかき混ぜてみたり……。

もう、自動車に対する恐怖心はゼロと言っても過言ではありません。しかも、雨音で自動車の接近に気づきにくい状態です。

だから、登下校中の水たまり遊びは厳禁! 固くお約束しておきましょう。

水たまりをよけるときは周りの車に気をつける

濡れたくない一心で、水たまりをよけることに集中しすぎることも懸念されます。よけるときにも安全確認が必要であることを教えましょう。

前方への注意はもちろんのこと、必ず後ろを振り返り、車が近づいてきていないことを確認してからよけさせましょう。

視認性を高める

170310natuki02

雨具や洋服は目立つ色のものを

雨の日はドライバーの視界も悪く、歩行者に気づきにくくなります。少しでも子どもの存在を目立たせる工夫が必要です。

傘、レインコート、レインブーツなどの雨具は、機能性もさることながら明るめの色を選びましょう。

また、レインコートを着ない場合は、洋服の色を目立ちやすいものにしましょう。

突然の雨でも走らない

天気予報がはずれることもあれば、夏場には夕立ちやゲリラ雷雨もあります。雨が降ってきたのに傘を持っていなければ、走りたくなるものです。

しかし、それこそが飛び出し事故を招いてしまいます。

命を落とすよりは、濡れる方がよっぽどいいですね。急な雨でも走らないようにと伝えておきましょう。

ドライバーを過信しない

ドライバー側の事情も知っておく必要があります。その上で、事故に巻き込まないように、警戒心を高めさせましょう。

雨の日にドライバーの視界が悪くなる理由

・昼間でも薄暗い
・窓ガラスやサイドミラーに水滴が付着している
・窓ガラスがくもっている
・窓ガラスに油膜がついていて、ワイパーの効果を発揮できていない
・夕暮れ時や夜間には乱反射する

ドライバーは自分(歩行者)を発見できているとは限りません。「止まってくれるだろう」「よけてくれるだろう」という期待は命取りです。

雨の日の特徴的な事故

雨に濡れた道路は滑りやすく、車がスリップすることもあります。

特に、工事現場の鉄板や路面電車のレール、マンホールの上などを通過中の車には注意が必要です。

雨の日に、不自然に速いスピードで走ってくる車がいたら、かなり要注意であると伝えておきましょう。


大人でも、荷物を持って傘をさして、濡れないように気を配りながら安全に歩くのは難しいことです。

雨の日は、親子ともに少しでも心に余裕を持てるように、早めに送り出しましょう。

【参考文献】
・『安全運転の知識』警視庁交通局運転免許課(監修)社団法人 全日本指定自動車教習所協会連合会(編集・発行)
・『わかる 身につく 交通教本』一般財団法人 全日本交通安全協会(編集・発行)

【参考リンク】
雨の日に事故が多発しています 首都高を使う | 首都高ドライバーズサイト
インターネット情報発信「交通安全ライブラリー」 | 一般財団法人 日本交通安全教育普及協会

ライター紹介

奈都木あや

奈都木あや

関西地方出身。車好き、運転好きが高じて、大学卒業後は某ドライビングスクールに入社。教習指導員の資格を取得し、学科・技能教習に従事。当時の愛車は白のスポーツカー(もちろん、法規走行)。教習指導員時代の得意な学科教習は、1段階「交差点などの通行・踏切」。好きな技能教習は2段階「進路変更」。結婚を機に退職、関東地方へ転居。その後、娘の誕生に合わせて愛車を手放し、ファミリーカーへ乗り換える。現在は、小学1年生の娘を育てながら、執筆に明け暮れる日々。趣味は、娘への読み聞かせと公園めぐり。そして、安全運転。

ライター紹介

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

2児のママをしています。ママになってもオシャレを楽しみながら子育ても頑張ってHAPPYな毎日を過ごしていきたいです☆

あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう♡

  • 特集バナー
  • ライター紹介
  • ライター募集
  • 読者モデル紹介
  • 読者モデル募集
  • マスコミ応援隊

注目の記事

ページトップへ戻る