介護

高齢者・病人・障害者の生活を助けるために必要な、お世話の仕方・食事・薬・病院や施設選びなど、「介護」に関する疑問や悩みにお答えします。

「介護」の記事一覧(51件中 1〜50件を表示)

キレイごとなの? 「認知症は神様がくれた病気」という説は本当か

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。 千葉県市川市で『仁和医院』という診療所を開…すべて読む


ベストよりベター? “親の介護”で後悔しないための心構え

こんにちは、海外在住プロママライターのさとうあきこです。 老人医療に優れている長寿国の日本だけあって、ありがたいことに、…すべて読む


命に関わるケースも!? 認知症の高齢者に「向精神薬」がよくないワケ

【ママからのご相談】 40代女性です。2児のママで認知症が進行しつつある義理の父親と同居しています。


自宅死は12%!? 日本の多くの高齢者が人生最後を「病院」で過ごすワケ

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。 超高齢化社会を迎えたわが国では、高齢者が人…すべて読む


25万人もいる! 育児と介護の両立「ダブルケア」に苦しむママの体験談

こんにちは。子育て研究所代表の佐藤理香です。 連休や子どもたちの夏休みなど、何かとお世話になるのが両親や義両親です。特に…すべて読む


仕事を続けるべき? 子育てと介護に追われる「ダブルケア」の問題点

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。 大手全国紙各社は、『子育てと家族の介護に同…すべて読む


プロに任せるべき? 高齢の親を自宅で「看護」する責任の重さ

【女性からのご相談】 50代です。およそ半年間に及ぶ入院生活を終えて間もなく80代半ばの母が自宅に帰ってきます。


延命に意味はある? 日本人の「ターミナルケア」観は妥当なのか

こんにちは。エッセイストでソーシャルヘルス・コラムニストの鈴木かつよしです。 今回は、『日本人の国民性と消極的延命の意義…すべて読む


自宅生活へカムバック! 入院中の高齢者が「目標を持つ」ことの大切さ

【女性からのご相談】 40代です。82歳の義母が3か月前に足を骨折して入院してしまいました。それまでは何でも自分でやる人…すべて読む


在宅医療のイロハ! 混同されがちな「訪問診療」と「往診」の違い

【女性からのご相談】 40代。4か月前から医療療養病床に入院していた80代の母が、来月からようやく在宅に戻れることになり…すべて読む


もう助からない? ターミナルケアと勘違いされる「医療療養病床」の知識

【女性からのご相談】 40代。2か月ほど前に骨折の手術で入院した80代前半の母が、その後内科的な変調を次々にきたし、心配…すべて読む


80歳の母が大暴れ!? 「せん妄」と「認知症」を見分けるポイント5つ

【女性からのご相談】 40代です。このあいだ入院が長引いている80歳の母のお見舞いに行ったら、急におかしなことを言うよう…すべて読む


まずは役所にGO! 「介護保険」を申請するための手順&準備のポイント

こんにちは。医療カウンセラーのyoshiです。 介護保険を利用したいが、具体的にどのようなことから始めれば良いのか分から…すべて読む


介護グッズ入門! 「手動車椅子」と「電動車椅子」の比較ポイント

こんにちは。医療カウンセラーのyoshiです。 車椅子というと、どのようなことをイメージするでしょうか。足が不自由な人が…すべて読む


トラブル続出!? 納得のいく介護を受ける「ケアプラン」の作成法

こんにちは。医療カウンセラーのyoshiです。 介護保険を利用していくときの基本になる存在として、“ケアプラン”がありま…すべて読む


低収入で払えない! 「親の入院・介護費用」に悩む人へのアドバイス

【パパからのご相談】 40代男性です。80歳の母親がケガで入院し、要介護認定を受けました。 退院する際には数十万円の医療…すべて読む


1号2号ってなに!? 混乱しやすい「介護保険制度」を理解するポイント

こんにちは。医療カウンセラーのyoshiです。 介護保険制度というのは社会的にも定着してきている現代ですが、「そもそも介…すべて読む


今からでも遅くない? 高齢者が「インターネット」を活用するメリット

【ママからのご相談】 私には定年退職した父がいるのですが、最近ぼーっとすることが多く、このままでは認知症になるのではない…すべて読む


あなたの市町村はいくら? 40歳から知るべき「介護保険料」のハナシ

こんにちは。医療カウンセラーのyoshiです。 今回は介護保険の保険料について紹介をしていきます。 介護保険は制度的にも…すべて読む


ケアマネだけじゃない! 「介護用品」の相談する場所のアドバイス

こんにちは。医療カウンセラーのyoshiです。 介護用品を利用しようと思い、情報を集めたものの、いざ利用しようとしたとき…すべて読む


転んだだけで骨折!? 高齢の家族を「日常生活の事故」から守るコツ3つ

【女性からのご相談】 40代の主婦です。72歳の母と同居しています。先日、母が庭で水をまいていたとき、つまずいて右腕を骨…すべて読む


恥ずかしさを和らげよう! 家族に「介護拒否」されがちなケース3つ

こんにちは。介護経験者でメンタルケア関係を中心に執筆しているメンタルケア心理士の桜井涼です。ご相談ありがとうございます。…すべて読む


教師もリーマンも!? 「認知症になりやすい職業」はホントにあるのか

【男性からのご相談】 高校の英語科の非常勤講師(30代)です。先日、認知症の権威であるという医師の本を読んだところ、「学…すべて読む


おじいちゃんが豹変! 「急に怒りっぽくなった人」に潜む認知症リスク

【ママからのご相談】 40代。パート勤務しながら中学生と小学生の子を育てている主婦です。同居している80歳のおじいちゃん…すべて読む


うつ病にソックリ!? 「若年性アルツハイマー」が疑われる時の対処法

【ママからのご相談】 50代。夫が経営する設計会社の経理をやりながら一人娘を育ててきました。最近、還暦間近な夫の様子がお…すべて読む


終末期医療の現状とは? “尊厳死”を望む人が増えているワケ

【女性からのご相談】 私は苦しんで死ぬことに不安を覚えています。母がガンで苦しみ抜いて亡くなった姿を見て、トラウマになっ…すべて読む


予防法は脳トレ!? 物忘れが多いのは「若年性認知症」のせいか

【男性からのご相談】 私は非常に忘れ物をすることが多く、真剣に悩んでいます。『若年性認知症』という病気もあるのですが、も…すべて読む


最期をどう迎える? 終末期医療の意味と考え方

【女性からのご相談】 父母が80代になり、平均寿命に近づいてきました。いろいろと病気も患い、そろそろ覚悟をしなければいけ…すべて読む


認知症の親にイライラ! 在宅介護による子どもへの影響とは

【パパからのご相談】 50代。早期定年制度を利用して退職金をもらい、仕事を辞め、認知症(高度/要介護3)の父親を自宅に引…すべて読む


親の介護を見据えて今からやるべきこと4つ

【ママからのご相談】 シングルマザーです。現在は、両親が元気に過ごしていますが、年齢も80歳近くになり、将来的には介護を…すべて読む


介護者がしっかり睡眠を確保する方法

【女性からのご相談】 認知症を発症させた70代の夫を在宅で介護しています。夜になると徘徊などの問題行動を起こすため、気に…すべて読む


介護者の腰痛予防・解消法3つ

【女性からのご相談】 70代の義母の介護をしております。義母は体格がいいため、ちょっとした動きで腰が痛くなってしまいます…すべて読む


ゼロ葬、ゼロ墓……「ゼロ死」という新たな終活のカタチ

【女性からのご相談】 40代の主婦です。70代の両親と同居しております。最近、母親から、「もし私が死んだら、ゼロ死にして…すべて読む


身体と心に現れる“介護ストレス”との向き合い方

【女性からのご相談】 数か月前から実母の介護をしています。介護を始めた当初はお互いの関係もよく、ストレスを感じることはな…すべて読む


相談相手がいないことで起こる介護者の心の危険性について

こんにちは。介護時、相談をする相手がいないことが苦痛だったメンタルケア心理士の桜井涼です。 認知症の祖母を介護した5年の…すべて読む


認知症介護中に気をつけたい近所迷惑の防止策

【男性からのご相談】 実父が認知症になってしまい、妻共々介護に苦戦しています。その中でも徘徊や妄想がひどく、ご近所の人に…すべて読む


認知症を悪化させない“運動”と“歌”のススメ

こんにちは。認知症の介護をする場合、“童謡と軽い運動がよい”と気づいたメンタルケア心理士の桜井涼です。 私が、認知症の祖…すべて読む


老老介護の問題点と解決策とは

こんにちは、フードアナリストの鍋谷萌子です。 老老介護の割合は、今や60%を超えています。これにまつわる問題点について、…すべて読む


全体の6割? 「老老介護」の実態を知ろう

こんにちは、フードライターの鍋谷萌子です。 4人に1人が高齢者であるという高齢社会の日本において、“介護問題”は非常に身…すべて読む


介護放棄じゃない! ショートステイ利用のメリット

【女性からのご相談】 主人の母親が介護状態になりました。痴呆も始まっていて、毎日が家事と介護で終わっています。ケアマネー…すべて読む


「ヤングケアラー」の抱える問題点とは

こんにちは、フードアナリストの鍋谷萌子です。 肉体的、精神的な病気や障がいを抱える家族の介護を行う、成人以下の若い世代が…すべて読む


100人に1人? 「ヤングケアラー」の実態とは

こんにちは、フードライターの鍋谷萌子です。 老老介護が問題になっている昨今ですが、それとは逆の問題があることを、みなさん…すべて読む


“生活習慣病”と“認知症”の関係性について

こんにちは。現場を知る介護・福祉・健康ライターのオオエリョウです。 認知症の人が増え続けていることはもうご存じですね。い…すべて読む


「老老介護」で共倒れしないための大事なポイント3つ

【女性からのご相談】 主人が痴呆になってしまい、私が介護をすることになりました。しかし、思った以上に大変で、このままでは…すべて読む


知っておきたい介護保険を利用するときの自己負担

こんにちは。医療カウンセラーのyoshiです。 介護保険を利用していくと、自己負担が1割になるなど、費用的に大きなメリッ…すべて読む


介護疲れでうつ病にならないためのポイント

こんにちは。“介護はみんなに協力を仰いだ方がいい”とうつの後に気がついたメンタルケア心理士の桜井涼です。 親や親族の介護…すべて読む


認知症を早期発見するポイント

【女性からのご相談】 同居する私の母は現在82歳ですが、最近物忘れがひどくなりとても心配しています。得意だった料理もあま…すべて読む


認知症の“徘徊・妄想”への対応方法3つ

【男性からのご相談】 実の父親(70代)が“認知症”の診断を受けました。接し方が分からず、つい怒り口調になってしまいます…すべて読む


認知症の判断は“自分の目で”確認すべき理由

こんにちは。祖父母の実質的な介護を5年間した、メンタルケア心理士の桜井涼です。 今回は、いずれは関わらなくてはならない介…すべて読む


認知症の徘徊に対する社会的支援の必要性

こんにちは。医療カウンセラーのyoshiです。 認知症について、知っている人は多いと思います。高齢者が増えてきている現代…すべて読む


1 / 212