ロコモティブシンドローム

骨や筋肉、関節といった運動器に障害が起こることで、日常生活にも支障が出る「ロコモティブシンドローム」。そのままにしておくと、将来、寝たきりになったり、介護が必要になったりすることも。「パピマミ ロコモティブシンドローム」では、ロコモティブシンドロームになる原因、症状、予防法、改善法などをご紹介していきます。中高年から予兆が現れることもあるので、正しい知識を身につけ、早めに対処できるようにしておきましょう。

「ロコモティブシンドローム」の記事一覧(4件中 1〜4件を表示)

ゲームのせい? 運動能力が老人並みになる「子どもロコモ」の恐怖

こんにちは。メンタルケア関係を中心に執筆しているメンタルケア心理士の桜井涼です。 最近は子どもにもロコモティブシンドロー…すべて読む


まずは食事ケア! 加齢で筋肉量が減少する「サルコペニア」の改善法

【ママからのご相談】 40代。研究職の夫と高校生の娘、義理の母親(夫の実母)と私の4人家族です。義母に関して相談がありま…すべて読む


メタボ人口の倍!? ロコモティブシンドロームになる人の実態

【女性からのご相談】 体を動かすのが大好きな主人には全くついて行けない私です。家の中で小物を作ったり、料理をしたりするの…すべて読む


「ロコモティブシンドローム」の基礎知識と“ロコモチェック”7項目

こんにちは。メンタルフリーライターの木田あゆみです。 今回は、『ロコモティブシンドローム』についての基礎知識についてお伝…すべて読む