ものもらい(麦粒腫)

ものもらいは、めいぼ、めばちこなど、地方によって呼び名が変わりますが、医学的な名称としては「麦粒腫」と言い、細菌が感染して起こる感染症です。「パピマミ ものもらい(麦粒腫)」では、ものもらい(麦粒腫)の症状や原因、治療法、予防法などをわかりやすく紹介していきます。多くの方が経験したことがあるかもしれませんが、再度感染しないよう、正しい知識を身につけておきましょう。

「ものもらい(麦粒腫)」の記事一覧(2件中 1〜2件を表示)

まぶたに傷は残らない? 子どもが“霰粒腫”の手術を受けたら……

【ママからのご相談】 小6の娘を持つ母です。まぶたが赤く腫れ上がり目を動かすとゴロゴロするというので眼科を受診したところ…すべて読む


ものもらいの原因と予防法2つ

こんにちは。国際中医薬膳師の坂本雅代です。 今日は、まぶたのふちや内側に細菌が感染して起こる、『ものもらい』になる原因と…すべて読む