溺愛しない子育て

いくら可愛くても、溺愛しすぎるのは子どものためにならないと言われています。子どもを溺愛しすぎると良くない理由、溺愛されている子どもの本心、溺愛されて育つ子どもの性格の傾向など「溺愛しない子育て」について、お答えします。