SOSを見逃さないで! 赤ちゃんの様子がわかる“胎動”の基礎知識

こんにちは。助産師のHillまゆ子です。

胎動(お腹の中で赤ちゃんが動くこと)を感じるのは、初産で大体妊娠20週、経産で妊娠16週と言われています。

この胎動を感じるようになれば、病院で児心音を確認しなくても赤ちゃんの存在を実感できますから、赤ちゃんをもっと身近に感じるようになります。

今日は、この“胎動”についてお話しします。

胎動とは

胎動とは、お腹の中にいる赤ちゃんが動いていることを指します。外からは見えない胎児とコミュニケーションをはかる唯一の手段とも言えます。

赤ちゃんの動きは主に手や足を伸ばしたりするときに感じることが多いようですが、それぞれ動き方や感じ方は異なります。

胎動を感じることができるのは、早い人で5か月目から、平均では6か月目から確認できるようです。

食事制限や体重管理などさまざまな苦労を乗り越えたママにとって、胎動を感じる瞬間というのはとても感動的な体験でしょう。

一番胎動を感じやすいのは、横になっているときやお風呂に入っているときなど、リラックスしている状態のときが多いようです。

胎動の種類5つ

161202taidou1

ひとくちに胎動と言っても、赤ちゃんの動きにはさまざまなものがあります。胎動の特徴から、赤ちゃんがどんな動きをしているのかを知りましょう。

(1)しゃっくり

ピクピクと規則的に胎動を感じる場合は、赤ちゃんがしゃっくりしている可能性が高いでしょう。

しゃっくりと聞けば心配になるママもいると思いますが、胎児のしゃっくりは呼吸の練習の一環とされているので安心してください。

(2)手足の曲げ伸ばし

お腹の中でうねりを伴った動きを感じる場合は、赤ちゃんが手足を曲げたり伸ばしたりしています。

よく「腸が動いている感覚」と言われるようです。

(3)おしっこ

お腹がブルブル震えるときは、赤ちゃんがおしっこをしています。

「え、おしっこ?」と思う方もいるかもしれませんが、生まれる前の胎児も立派におしっこをします。

排出されたおしっこは羊水に変わるので、衛生的な問題はないとされています

(4)パンチやキック

お腹がボコッと動く場合には、赤ちゃんのパンチやキックが考えられます。

胎児の繰り出すパンチやキックは意外と重く、ときには肋骨に響くほどの威力を発揮するそうです。

(5)ローリング

お腹のなかでゴロンという動きを感じた場合は、赤ちゃんが体を回転させていると考えられます。

成長して体が大きくなるとあまり回転することがなくなるそうで、最初のうちだけの胎動のようです。

妊娠期間によって胎動が変わる

161201taidou2

赤ちゃんの健康を知ることができる胎動ですが、赤ちゃんの成長とともに感じ方は異なってくるようです。

妊娠初期

妊娠5か月目まではほとんど胎動を感じることはありません。

しかし、このくらいの時期でも赤ちゃんは活発に動いており、ママにその存在を伝えようとしています。

ちなみに、痩せている人は太っている人よりも胎動に対して敏感だといわれ、4か月目から感じる人もいるようです。

妊娠中期

この時期から、胎動を感じる人が多くなります。

はじめはとても小さな胎動であるため、体型などの個人差によっては気づかない人もいるようです。

だいたい妊娠6か月目くらいになると、赤ちゃんの胎動をしっかりと感じることができるようになり、人によっては激しさのあまり眠れないケースもあるかもしれません。

妊娠後期

妊娠後期にさしかかると、赤ちゃんはすっかり大きくなり、胎動も重たいものになります。

普通にドスンと殴られているように感じるママも少なくないため、一番痛みを感じる時期だと言えるかもしれません。

しかし、臨月になると赤ちゃんの胎動は次第に間隔が開き、落ち着いてくるようです。

赤ちゃんの性格と胎動の関係

161201taidou3

人の性格は遺伝や生活環境によって決まっていくと思われますが、赤ちゃんがお腹の中にいるときから胎動でその性格を判断することはできるのでしょうか?

胎動が激しかったり力強かったりすると活発な子どもが生まれてくるとも思えそうですが、この胎動によって性格を判断することはできないと言われています。

ただし、胎動が活発な時間帯があればお腹の中でのリズムができつつあると考えられ、その生活リズムは生まれてきてからも継続されるという説もあるため、わが子が生まれてきてからの傾向を感じるのもいいかもしれません。

胎動と前駆陣痛の違い2点

161201taidou4

胎動と前駆陣痛は別の理由で起こりますが、痛みや張りなど似ている部分も多く、違いが分からない人もいるようです。

以下では、胎動と前駆陣痛についてお話しします。

(1)痛み

赤ちゃんの元気を感じることができる胎動ですが、人によっては痛みを伴うことがあるようです。

元気に活動する赤ちゃんはお腹の中でパンチやキックを無差別に繰り出します。

それが便秘のときの腸や膀胱、肋骨などに当たると強い痛みを感じるそうです。

しかし、胎動による痛みのほとんどは正常なこととされているので、むやみに心配しないようにしましょう

一方、前駆陣痛では、本陣痛の予行演習として不規則に子宮を収縮させますが、これが原因で痛みを感じます。

普段から胎動が激しい人は痛みが強く、前駆陣痛が始まっても気づかないこともあるようです。

胎動も前駆陣痛も不規則で痛みに強弱があることから、見分けをつけることはむずかしいですが、一般的に前駆陣痛は体勢を変えれば痛みが治まると言われています。

また、胎動の場合は子宮の下部分や膀胱を押されているように感じることも多いようです。

(2)お腹の張り

こちらも胎動、前駆陣痛両方に見られる症状です。

臨月に入ると、赤ちゃんは子宮の下のほうに降りてきます。するとお腹が圧迫されて張りがでるようになりますが、さらに胎動が加わることで強い張りを感じることがあるようです。

一方、前駆陣痛でもお腹は張ります。人によっては長い時間張った状態が続くそうです。

こちらも胎動や前駆陣痛が原因の張りであれば心配ありませんが、カチコチになるほど張ったり、それが原因でがまんできない痛みが生じるようなら別の病気の可能性があるかもしれません。

お腹の張り方がいつもと違うと感じたら病院で相談すると安心です。

赤ちゃんが成長する流れ

161201taidou5

胎動は妊娠中期ごろから確認できるようになりますが、赤ちゃんはその前からずっと元気に成長しています。

そこで、以下では赤ちゃんがどのように成長していくのかを見ていきたいと思います。

妊娠初期

妊娠して3か月経つと、体や手足などが成長してきて“胎芽”から“幼児”へと変わります

このころの赤ちゃんは身長が10〜60mm未満ととても小さいですが、着実に人間らしい姿になっていきます。

主な成長としては、手足に指が生まれて爪が生えたり、まぶたができるなどが挙げられます。この段階ではママは胎動を感じることができません。

妊娠4か月目

このころから、赤ちゃんはへその緒を通してママから栄養をもらうようになります。

羊水を飲むようになったり、生殖器がエコーで確認できるようになったりするなどの成長があり、130mmくらいまで大きくなります。

早い人ではこの時期から胎動を感じる人もいるようです。

妊娠5か月〜7か月(ここで胎動を感じるように)

安定期に入るこの時期には、多くのママが胎動を感じるようになるでしょう。

赤ちゃんは骨や筋肉が発達し、首を振ったり足でママのお腹を蹴ったりすることができます。

また、髪の毛が生えたり鼻の穴が開通したり、耳が聞こえるようになるのもこの時期と言われています。

20分間隔で寝起きを繰り返すことからも、ますます人間らしくなっていく時期と言えるでしょう。

妊娠8か月〜10か月

妊娠8か月になると、体に脂肪がついて、いわゆる”赤ちゃん体型”になってきます。呼吸の練習もするようになるようです。

9か月目には肺の機能が完成して体重が2,500gほどになり、10か月目にはいつ出産してもいいような状態になると言えるでしょう。

赤ちゃんの性別がわかる時期

161201taidou6

赤ちゃんの性別がわかるようになるのは、妊娠24週ころだと言われています。

お腹の中の赤ちゃんがとる姿勢によってはもう少し早くわかることもあるようです。

赤ちゃんの性別は受精した時点で決まっているようですが、出産まで性別を知りたくない場合には病院の先生に教えないでほしいことを伝えておくといいでしょう。

早くに性別が分かれば名前をつけることもでき、お腹の中に話しかけるなどコミュニケーションをとることもできるかもしれませんね。

胎動で胎児の様子を確認する方法3つ

161201taidou7

(1)自分の赤ちゃんの睡眠パターンを知ろう

赤ちゃんによって、昼間たくさん動いて夜は静かになる子もいれば、逆に昼間は静かなのに、夜になると暴れ出してお母さんの睡眠不足の原因になる子もいます

あなたの赤ちゃんはどうですか? 不思議なもので、まだ産まれてもいないのに、生活パターンのようなものができてきているんですよね。

また、一般的にお腹の赤ちゃんは約40分おきに睡眠と覚醒のサイクルを繰り返していると言われています。

そして、眠っているときは動きません。つまり、40分程度なら全く胎動を感じなくても不思議はないということです。

もしも、いつもは動き回っている時間帯なのにほとんど動きがなかったり、動き方がいつもと違ったりしているようなら注意が必要かもしれません。

さらに、全く動かない時間が1時間以上にもなるようなら、お腹に全神経を集中して胎動を観察してください

もし眠っているだけなら、氷水を飲むと赤ちゃんがびっくりして目を覚ますことが多いので、試してみてもいいでしょう。

それに加えて、お腹を軽くトントンしながら話かけるなどしてみましょう。

それでもまったく動きがないようなら、かかりつけの産科に連絡を入れて状況を説明してください。

(2)胎動の減少は最初のSOS

赤ちゃんに何らかの異常が起こると、モニターやエコーなどで何らかのサインを見ることができる場合もあります。

しかし、一番最初に見られる徴候は胎動の減少”です。

これはイギリスで行われた研究で明らかになっており、母親からの「赤ちゃんの動きが悪い」という訴えは非常に重要視されています。

つまり、モニターやエコーで異常を発見したときにはもう手遅れかもしれない状況でも、胎動が少ないと感じた時点で診察していれば助かるケースがあるということです。

(3)赤ちゃんは産まれるまで動き続ける

「お産が近くなると胎動がなくなる」などという戯言がまことしやかにささやかれている時代がありました。

今でもそんなことを言う人がいるのかはわかりませんが、これはとんでもないデマです。

助産師という仕事柄、死産も何件か扱ってきましたが、このデマを信じて、赤ちゃんが動かないことに気づいていたのに病院に連絡せず手遅れになったケースを数件知っています。

赤ちゃんは産まれるまで動き続けます。これだけは必ず覚えておいてください。


怖がらせてしまったかもしれませんが、話の要点は「お腹のなかで動いている限り赤ちゃんは元気である」ということです。

もちろん分娩にはたくさんの危険が伴いますが、緊急帝王切開が実施できる病院で産む限りは死産はまず起こらないと言るでしょう。

死産の過半数は、病院に着いた時点で赤ちゃんは既にお腹の中で亡くなっており、そして、そのほとんどが原因不明です。

つまり、お母さんが胎動を感じ続けている限り、赤ちゃんは無事に産まれてくるということなのです。

胎動の痛みを軽減する方法

161201taidou8

胎動を感じるのは赤ちゃんが元気な証拠ですが、あまりにも激しいと痛みでツラい思いをするママも少なくないようです。

(1)お腹をゆする

ぐりぐりとした痛みを感じたときには、痛みを感じる箇所をやさしくゆすったり、お腹全体をゆすったりしてみましょう。

確実な方法ではありませんが、赤ちゃんがキックをする場所が少しずれることがあるそうです。

これで赤ちゃんの攻撃があまり痛みを感じない場所に移動してくれたら助かりますよね。

(2)抱き枕を使う

寝ているときにグリグリとした胎動があると、敷き布団と接している部分が挟まれて強い痛みを感じることもあります。

これを解消してくれるのが抱き枕を使う方法です。

腕で抱き枕を抱くところまでは一緒ですが、抱き枕の下部はお腹の下に敷くようにします。

これで敷き布団とお腹の間にクッションがはさまれるため、胎動の痛みを和らげることができるでしょう。

胎動カウントとは

161201taidou9

赤ちゃんがきちんと成長していることを実感できる胎動。しかし、人によってはなかなか胎動が感じられないこともあるようです。

そんなときに活用したいのが胎動カウント。胎動を感じる回数を測定することで、赤ちゃんの健康状態を知る方法です。

赤ちゃんの動きに集中することで、わが子への愛情がより一層深まるとも言われています。

胎動カウントのやり方

胎動カウントにはいろいろな種類がありますが、ここでは最もポピュラーな“10カウント法”のやり方をご紹介します。

ママが胎動を最も感じやすいのは、横になってリラックスしている状態のときです。そのため、10カウント法も横になった状態で行います。

まず最初にストップウォッチや時計で時間を計ります。そして、赤ちゃんの胎動に意識を集中して、10回動くのを待ちます。

胎動を10回感じることができたら、それまでにかかった時間を確認します。

10回のカウントが10〜20分くらいのあいだに確認できれば安全とされています。

以下のことに気をつけながら行うと正確に測定できるでしょう。

・左向きに横になる
・計測するのは胎動を感じた瞬間から
・毎日同じ時間帯に行う
・はっきりとして強い胎動だけカウントする

注意が必要なとき

胎動カウントで以下のことに当てはまったら注意が必要です。場合によっては医者にかかったほうが良いケースもあります。

・10カウントするまでに1時間以上かかる
・まったく胎動が感じられない
・胎動を感じるまでに1〜2時間以上かかる

このような場合、赤ちゃんになんらかのトラブルが起きている可能性があります。

しかし、赤ちゃんが眠っているだけだったり、ママの意識が他に向いていたりしたなどの原因も考えられますので、その場合は焦らず再度測定するようにしましょう。

それでも異常がある場合はすぐに病院で見てもらうと安心です。

赤ちゃんはママの内臓で遊ぶ!?

161201taidou10

衝撃的な見出しですが、赤ちゃんはママの内臓で遊んでいるのではないかという説もあります。

便秘のときの腸や、尿がたまってふくらんだ膀胱を感じると、赤ちゃんはパンチやキックで跳ね返そうとするようです。

これが悶絶するほど痛いそうですが、元気な証拠だと割り切って耐えるしかありません……。

また、エコーで胎児がへその緒をつかんでいる様子が見られることもあり、赤ちゃんはへその緒でも遊んでいると言われています。

この他、食事の後は胃腸がふくらむため、赤ちゃんの手の届く範囲にくることもあります。身の回りにあるものをおもちゃにして遊んでいると考えると、かわいらしいと感じられるのではないでしょうか。

胎動の位置でわかる母子の異常3つ

161201taidou11

(1)逆子

ママのお腹の中で自由に動き回る赤ちゃん。基本的に胎動には固定された場所はありませんが、通常はおへそから上の場所で、胃や肋骨などで感じることが多いようです。

反対に、逆子の場合はおへそから下の場所で感じると言われています。とくに肛門や膀胱などが刺激され、トイレが近くなることもあるようです。

このようなことから、おへその下あたりを中心に胎動を感じるなら逆子の可能性があると言えますが、基本的に30週までは治りやすいとされているので、むやみに焦らないようにしましょう。

(2)片方だけの胎動

右と左どちらか一方だけにしか胎動が感じられないことがありますが、これは赤ちゃんの手足がお腹の片側にあるからのようです。

特に、赤ちゃんが成長し体が大きくなってくるとお腹の中で身動きがとりづらくなるため、いつも同じ場所ばかりに胎動を感じることもあるでしょう。

注意しなければ行けないのは双子を妊娠しているときで、この場合、片方にだけしか胎動が感じられないのはどちらかの赤ちゃんに異常があることが考えられるため、不安に感じた場合は病院を受診すると安心です。

(3)子宮下垂

妊娠中に支給の位置が変わってしまったと感じられることもあるようで、恥骨のあたりに触って分かる程度の出っ張りがある場合、子宮下垂の可能性があると言われています。

子宮が下がった状態のままで赤ちゃんが成長してしまうと、赤ちゃんが骨盤膣にとどまることができなくなり、早産の可能性が高まることもあるようです。

羊水や胎児の重さで子宮が大きくなり、そのままの状態で小骨盤膣に子宮が収まり赤ちゃんが育つと、出血や不快感などが現れることもあると言われています。

子宮脱になってしまっても大きな問題はないと言われているようですが、ベッサリーという器具を使って処置することも可能なようなので、気になる場合には病院で相談してみるといいでしょう。

逆子体操の効果と注意点

161201taidou12

赤ちゃんが逆子になってしまった場合、それを解消するものとして逆子体操があります。

これは、ママが四つん這いになり、肩と胸を地面に押し付けお尻を高くあげるようなポーズをとるもの。

これを10分ほど続けることで、赤ちゃんが自分の頭からまわって逆子が治るとされているようです。

ただし、これを行うのは赤ちゃんが本当に逆子であると病院で診断されてからにしましょう。

正しいやり方でやらなければ母体に負担がかかってしまったり、本当は逆子でないのに、この体操によって逆子になってしまうという可能性もあります。

逆子体操が逆子の解消に効果があるということについてもはっきりしていない部分があるようなので、まずは病院で相談することが先決でしょう。

胎動にまつわる迷信3つ

sunset-hands-love-woman-large

胎動には、昔からさまざまな言い伝えがあります。以下では、その中で主なものご紹介いたします。

(1)胎動が強いと元気な子に育つ

動きが活発で胎動が激しい赤ちゃんは、生まれてからも元気な子になると言われています。

逆に胎動が弱い赤ちゃんは控えめで弱気な子に育つとされています。

もちろん、都市伝説のようなものですが、主に体験談から伝承された言い伝えだそうです。

(2)胎動の場所で性別が分かる

これも胎動の迷信としては有名なものですよね。

胎動を感じる場所が体の左側に集中している場合、男の子が生まれると言われています。

体の右側に胎動が偏っていたり、弱々しかったりすると女の子が生まれるそうです。

(3)ダウン症の判別

胎動が弱いとダウン症といわれることもあるようですが、これも医学的な根拠はないのだとか。

そもそも胎動の感じ方は人によって大きく異なり、弱い胎動がどの程度のものなのか判断することも難しいと言えます。

どうしてもはっきりとした検査がしたいという場合には、羊水検査や出生前診断、エコー検査などを受けてみるのもひとつの方法でしょう。

胎動を使った赤ちゃんとのコミュニケーション術

161201taidou13

お腹の中の赤ちゃんは、体を動かすことでママとコミュニケーションをはかります。ママからも赤ちゃんへメッセージを送って親子愛を深めましょう。

胎動を使った遊びとして有名なのがキックゲームですね。

赤ちゃんがお腹を蹴ってきたら、ママも「キック」と言って蹴られたところを叩き返しましょう。すると、赤ちゃんがまた蹴り返してくれます。

次は、蹴られたところと反対側のところを叩いてみましょう。最初は難しいですが、次第に正確に蹴り返してくれるようになるかもしれません。

さらに高いレベルになると、叩いた回数分だけ蹴り返してくれることも。2回叩いたら2回、3回叩いたら3回蹴り返すといった感じです。

キックゲームをする上で大切なのは、“焦らない”こと。最初のうちは何も反応がないことが多いので、気長にチャレンジするようにしましょう。

パパが胎動を感じる方法3つ

161201taidou14

一般的に、体に子どもを宿さない男性は女性よりも親としての実感を得るには時間がかかると言われています。

ここでは、パパに胎動を感じてもらうための方法をご紹介します。

(1)エコー検診

胎動はずっと続くわけではないので工夫が必要ですが、一番効率がいいのはエコー検診のときだと言われています。

エコー検診では赤ちゃんがどのような動きをしているかが分かるので、比較的簡単に胎動を感じることができるようです。

(2)聴診器を使う

聴診器を使って赤ちゃんの心音を聞くことができることもあります。

ただしこれは運が良ければのことで、ママの心拍が聞こえてしまうこともあるようです。

心音だけでなくごそごそと動いている音が聞こえることもあり、これを続けると胎動が感じられる日もくるかもしれません。

(3)ママがリラックスしたタイミングを狙う

ママがリラックスしていると副交感神経が優位になり、少しの胎動でも感じられるようになります。

横になったり座ったりしてリラックスすると、パパも胎動を感じ取れるかもしれません。

この他、お風呂に入ってるときも感じやすいため、タイミングを見計らってみてはいかがでしょうか。

まとめ

「胎動カウントの方法」や「胎児とのコミュニケーション方法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんを体に宿しているママは、わが子の成長を実感できるという喜びがある反面、出産まで無事に育てられるかという不安もありますよね。

胎動はママと赤ちゃんがコミュニケーションを取る上で大切な役割となります。

正しい知識を持って日頃から赤ちゃんの動きを観察し、安心して出産を迎えられるようにしたいですね。

●ライター/Hillまゆ子(助産師)
●追記/パピマミ編集部
●モデル/神山みき(れんくん)前田彩(桃花ちゃん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする