『逃げ恥』にモヤモヤ!? 主婦がリアルな家事労働に抱える不満3つ

こんにちは。専業主婦歴10年、ママライターのあしださきです。

2016年下半期で最も話題を集めたドラマといえば、『逃げ恥』ですよね。

筆者も恋ダンスや星野源さん人気につられて見始めてから、すっかりハマってしまいました。

そして、どんどん夢中になっていく一方で、かわいらしい2人の恋の行方以上に気になって仕方がない“あること”に気がついたのです。

それに気がついてから、楽しいドラマを見ていてもちょっとした“不快感”のような感情と戦わなくてはいけない事態になってしまいました。

「今のモヤモヤを整理しなくては年を越せない!」との思いでこのコラムを書いた次第です。

それは、私たち主婦の生活からはかけ離れたファンタジーとも言える、“家事に給与が支払われている”という設定についてなのです。

実際に家事代行業というものが存在していることは知っていますが、リアルな主婦にとっては自分一人で毎日行っている家事労働であり、当たり前の日常の作業です。

誰からも「良い仕事しているね」などと褒められもせず、誰からも「お疲れさま」などと労われもせず。それでも毎日頑張ってやっているのです。

以下、リサーチした主婦の声とともに、ドラマ『逃げ恥』のシチュエーションにツッコミを入れたくなる“リアルな不満”を3つご紹介します。

161226asidasaki

(1)食事に「ノーコメント」ではもうへこみません

『朝は家族全員が時間に追われているので、全く会話のないまま食事しています。もちろん食事への感想なんて全くなしです。でももうそれごときではへこまない精神力が身についています。夕食は本来なら家族みんなで楽しく食べたいですが、生活リズムが違うのであまり揃って食べられない』(40代・小学生と中学生の子の母)

主人公が「食事にはノーコメントだが、全部食べているからマズくはないのだろう」と言うシーンがありましたが、向かい合って食事ができることだけでも十分であろうという感想を持ちました。

“食事への感想”の代わりに“お給料”を頂いているのですから!

(2)家事は汚れる! 服も臭くなるから作業着が必須

『朝、家族全員の布団を干すとき、動きやすい服装でないと作業効率が上がりません。ゴミ置き場がよくカラスに荒らされるので、そのつどホウキと水の入ったバケツを持っていき掃除しています。

とてもじゃないけれど“白い服”で家事はできないし、そのまま出かけられるような服とは別の作業着が必要。うっかり気に入った服を着たまま料理すると、匂いがついてしまって本当にがっかりしますね』(30代・主婦)

主人公の新妻ファッションにもとても注目が集まっているそうですが、正直リアリティに欠けているというか。

「あんな真っ白な服で、ナポリタンなんか絶対作らないし!」と絶叫したくなりました。

(3)家事をどう頑張ればいいのか、モチベーション維持方法がわからない

『主人や子どもたちが思っている“家事”の内容と、実際の作業はとてもかけ離れている。たとえば、「“洗濯”は洗濯機がしてくれるものだから、あなたは干して畳んでしまうだけでラクな仕事だ」と言われるとカチンとくる。実際は、小さな食べこぼしのシミ、襟と袖の汚れは手洗いしなければ落ちないので毎日チェックしているし、“洗濯機の中の掃除”だって必要。

朝一番で干したいから、夜のうちにこれら全てやってから寝る。すべての家事には、下準備と後片付けがついてまわり、それを丁寧にやるかやらないかで仕上がりのクオリティがまったく違うのに、周囲には気がついてもらえない。正直、頑張っても意味ないかも。モチベーションを維持していく方法、誰か知りませんか?』(30代・3児の母)

そうなんです。これを考えたとき一番モヤモヤとしてしまったのだと思います。

家事を頑張るモチベーションとして、労働への対価として“給与”が与えられていればハイクオリティな家事を行う、十分すぎる目標ができるのではなかろうか。

しかし、主婦にはそれがない。それでも夫と家族を愛しているから、頑張るのか? 家族の笑顔はプライスレス? いいえ、そんなに甘いもんじゃないのです。

結果よく見られる次の一手としては、

・なにか家以外に楽しみを見つけようと趣味を探して友人を作ろうとする
・達成感を得たり、誰かに感謝をされたりしたくて子どもの通う幼稚園で役員を引き受ける

こうした行動が、実は家事労働が“無給”であることの結果である可能性は、今まで考えたこともありませんでした。


いかがでしたか?

筆者の全く個人的な感想とともにお送りしてしまった今回のコラムでしたが、主婦目線で見てしまうと楽しいはずのドラマで“ムズキュン”できずにこんなモヤモヤを抱えてしまうとは、残念以外の言葉が見当たりません。

しかし、これがリアルな感想なのです。

2012年の国際社会調査プログラム(ISSP)による調べで、「世界一夫が家事をしない国、日本」という結果が出ています。それを今こそ言い換えましょう。

「世界一妻が家事を頑張る国、日本」

もう少し褒めてもらってもいいのではないでしょうか? 世界一なのですから。

【参考リンク】
家族と性役割に関する意識調査 | 国際社会調査プログラム(ISSP)

●ライター/あしださき(元モデル)
●モデル/神山みき(れんくん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする