ママ友との集まりに! しまむらの“おうちパーティ”向け着こなし術3選

クリスマス会、忘年会、新年会……年末年始は、楽しいイベントが目白押しですね。

若いころは気合を入れて、ロマンティックなパーティを過ごしていた女性たちも、ママになると少し様相が変わってくるもの。

子連れで出かけ、誰かのおうちに集って持ち寄りパーティなどをする機会のほうが増えてきます。

そんなラフなパーティのドレスコードは、“リラックス”。

キラキラに着飾る必要はありません。プチプラコーデだってもちろんOK!

今回は、しまむら愛好家、通称「しまパト隊員」のみなさんに、プチプラアイテムを活用したおうちパーティ向けの着こなし術を習ってきました。

(1)旬アイテムだけで作れる、ストレスフリーのゆるコーデ

ワイドパンツにゆるTシャツ、ロングカーディガン。今年の旬アイテムを集めるだけで、締めつけ感ゼロの究極リラックスコーデができあがります。

おうちパーティにぴったりの着こなしですが、一歩間違えるとだらしない印象になってしまいそうな気も。

特にしまむらやユニクロのようなプチプラ服だと、安見えするのがちょっぴり怖いですよね。どのような点に注意してアイテムを選べばいいのでしょうか。

『一つひとつのアイテムの素材やシルエットには十分こだわりましょう。トップス、ボトムスともに、購入前に両手で吊るすように持ち、キレイな落ち感が出ているものを選べば間違いありませんよ』(30代女性/通信)

(2)キメすぎ注意! あえてハズせば好感度アップ

ラインナップ豊富な、しまむらのタック入りキレイめパンツ。これに光沢感のあるトップスをあわせれば、立派なパーティスタイルに大変身します。

でも着飾りすぎにはくれぐれも注意。ママ友ウケを狙うなら、小物や靴で小さくハズしていきましょう。

『ママだけのおうちパーティにいくなら、あまりにもキメすぎのファッションはNGですね。敢えてすこしハズして、ヌケ感を演出するのが好感度アップのコツ。全身のうち8割をキレイめアイテムにしたら、残りの2割はスリッポンなどでカジュアルに。これだけでグッと垢抜けますよ』(30代女性/小売店)

(3)ふわもこ素材を着るなら、ギュッと引きしめて!

ふわもこ素材がヒットしている今年、しまむらで注目を集めているアイテムのひとつが、主役級のロングシャギーカーディガン。

可愛らしいダスティピンクに、ウサギのような柔らかい手触り。思わずキュンとなってしまうほどの女子力の高さは、インに着るアイテムで抑えめにしましょう。

『甘すぎにならないよう、その他のアイテムはダークカラーのモノトーンでまとめるのがポイントですね。ベルトや靴などをゴツめにすると、大人カワイイ感じを演出できます』(20代女性/パート)


いかがでしたか?

楽しいお誘いがタップリの年末年始。

プチプラ服の“ゆるコーデ”で、気持ちよくリラックスしたおうちパーティを過ごしましょう!

【画像出典元リンク】
・WEAR/http://wear.jp/

●文/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする