まずは親同士の確認を! 子どもが初めて友達の家へ泊まりに行く際の注意点

【ママからのご相談】
小学3年生になる男の子の母親です。子どもから、次の週末に友達の家に泊まりに行きたいと言われました。しかし、友達の家に泊まりに行くのも初めてですし、そのお友達の親御さんともあまり親しくはありません。子どもが言うには、そのお友達のお母さんも泊まりに来ても良いと言っていたらしいです。

せっかくの機会ですのでお願いしようと思うのですが、子どもがお邪魔するにあたって、親として気をつける事や心構えなど、何でも結構ですのでご助言お願い致します。

a 子どものお泊まりイベントは親同士の相互確認からスタート。

ご相談ありがとうございます。“情熱子育てスタイル”の近藤博幸です。

子どものお泊まりについては賛否両論あると思いますが、個人的には大いに賛成です。

何故なら、自分の家庭とは別の家庭の一員となり一泊を過ごすということは、楽しい思い出になると思いますし、それとともに、ウチとソトの違いを肌で感じ別の価値感に触れる事が出来るので、心の教育に良いと思うのです。

実際、我が家の息子達も、小学校低学年頃からお友達の家にお泊まりさせて頂いたり、また、お友達が泊まりに来たりもしています。ただ、せっかくの機会、お互いに嫌な気持ちになったのでは元も子もありません。

そこで、今回と次回の2回に分けて、僕自身の体験に加えて、「子どもを外泊させた事のある/友達を泊まらせた事のある」ママさん達に伺った、「お友達の家に初めてのお泊まり、親として気にかける事」についてお話しさせて頂きます。

140131kondo

ご挨拶。お泊まりイベントの決まり事。親同士で再確認

小学生の低学年位であると、子ども同士で盛り上がってしまって、実際親御さんの許可を得ていない事がまれにあります。ご挨拶もかねてお泊まりがOKかどうか、親対親で再確認致しましょう。その時に、晩ご飯や入浴についても一緒に確認致しましょう。

さすがに、「晩ご飯はそちらでお願いします」とは言えませんので、「晩ご飯と入浴を済ませてから、お伺いしますね」や、「晩ご飯は済ませてからお伺いしますが、よろしいでしょうか」と聞くと角が立ちにくいモノです。

ホスト側にとっても、聞いてくれた方が逆に助かります。実際、ホスト側にしてもお友達を泊まらせる事は大変な事だからです。自分たちのスペースに他人が入って来るので、ペースが乱されるでしょうし、食事や寝床の準備に、入浴のタイミング……と色々と気を遣わなければなりません。

そんな、大変さを少しでも軽くする為に、ゲスト側からホスト家族の負担を軽減するよう提案し、“確認する事”をぜひオススメ致します。

ご飯や、入浴に関する決め事を確認した後、「では、○時頃お伺い致します」と訪問時間を伝えます。

これには、ホスト側家族の生活時間の確認の意味も込められています。それぞれの家族において、少々の生活時間のずれはあるので、相互確認という意味で訪問時間を言った方が良いでしょう。


いかがでしたでしょうか。

今回は、お泊まりまでに確認する事をお話致しましたが、「友達の家に泊まりに行く事」は親としては大変心配です。それは、逆にホスト側の親にとっても同じ事で、お互いにその心配や不安を安心に変える為に、前もって確認する事が大事なのだと僕は思います。

泊まりに行くのは子どもですが、子どもの背中に親の姿が見えていればホスト側にとっても安心できるわけです。

それでは、次回は、「お泊まり当日に気にかける事」についてお話致します。

【関連コラム】
・(後編)子供が友達の家にお泊りに行く当日のマナー

●ライター/近藤博幸(パパライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (9)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする