親のマナーも試される!? 子供が初めて友達の家へお泊まりする際の注意点

【ママからのご相談】
小学3年生になる男の子の母親です。子供から、次の週末に友達の家に泊まりに行きたいと言われました。しかし、友達の家に泊まりに行くのも初めてですし、そのお友達の親御さんともあまり親しくはありません。

子供が言うには、そのお友達のお母さんも泊まりに来ても良いと言っていたらしいです。せっかくの機会ですのでお願いしようと思うのですが、子供がお邪魔するにあたって、親として気をつけることや心構えなど、何でも結構ですのでご助言お願いいたします。

a 子供のお泊まりは親同士の相互確認から

ご相談ありがとうございます。“情熱子育てスタイル”の近藤博幸です。

子供のお泊まりについては賛否両論あると思いますが、個人的には大いに賛成です。

何故なら、自分の家庭とは別の家庭の一員となり一泊を過ごすということは、楽しい思い出になると思いますし、それとともに、ウチとソトの違いを肌で感じ別の価値感に触れる事が出来るので、心の教育に良いと思うのです。

実際、わが家の息子たちも、小学校低学年頃からお友達の家にお泊まりさせて頂いたり、また、お友達が泊まりに来たりもしています。

ただ、せっかくの機会、お互いに嫌な気持ちになったのでは元も子もありません。

そこで僕自身の体験に加えて、子供を外泊させたことのある/友達を泊まらせたことのあるママさんたちに伺った“お友達の家に初めてのお泊まりで気にかけること”などについてお話しさせていただきます。

子供のお泊まりで注意すべきこと〜招かれる側の親編〜

160810kodomonootomari01

(1)事前に確認を行い、気遣いの言葉をかける

招かれる側の親は、招いてくれる側の親との情報共有や確認をしっかり行うことが基本。

子供同士で勝手にお泊まりの約束をしている可能性もあるので、まずは親御さんに本当にお泊まりしても大丈夫なのか、予定はないか確認しましょう。

そして、「うちの子がワガママ言ったり手に負えなくなったりしたらすぐ連絡してくださいね」など、相手を気遣う言葉を忘れないようにしてください。

(2)当日は子供を送り届けて挨拶する

お泊まりの当日は子供を送り届けたとき、お世話になる家の親御さんに面と向かってしっかり挨拶してください。

「よろしくお願いします」という言葉と共に、ちょっとしたものでもいいので、手土産を添えるようにするといいでしょう。

みんなで食べられるお菓子やスイーツ、飲み物などが喜ばれるようです。

(3)夕飯とお風呂は済ませてから行く

できるだけ、夕飯とお風呂は自宅で済ませてからお泊まりに連れて行くようにしましょう。夕飯とお風呂を済ませて行けば、相手の親御さんの負担を軽減できます。

さすがに、「晩ご飯はそちらでお願いします」とは言えませんので、「晩ご飯と入浴を済ませてからお伺いしますね」や「晩ご飯は済ませてからお伺いしますが、よろしいでしょうか」と聞くとカドが立ちにくいでしょう。

(4)お泊まりに行く先の家庭のルールを守るよう教える

子供には、それぞれの家庭にそれぞれの異なるルールが存在することを伝え、お泊まりする際には、その家のルールに従わなければならないことを伝えましょう。

(5)帰りは友達の家まで迎えに行って挨拶する

子供が帰るときは、一人で帰れるくらい近い距離だったとしても迎えに行き、「ありがとうございました」と挨拶しましょう。

その際、大変だったことや迷惑をかけたことがないか聞くと、相手の心証が良くなり、親同士も良い関係性が築けます。

子供のお泊まりで注意すべきこと〜招く側の親編〜

160810kodomonootomari02

(1)病気やアレルギーがないか聞いておく

他人の子供を預かるとき、もっとも注意しなければならないのが病気やアレルギーです。

何も知らないまま預かると、アレルギーのある食べ物を出してしまったり、病気の症状が出てしまったりしたとき、大変なことになってしまいかねません。

そうならないよう、事前に親御さんに病気やアレルギーの有無を確認し、ある場合はその対処法と、緊急時の連絡先を聞いておきましょう。

なお、喘息持ちの子供を預かる際には、布団や部屋の空気もきれいにしておくことが必要です。

もし、病気やアレルギーが発症したときに手に負えないなと思ったら、素直にお泊まりを断ることも大切。命に関わることもあるので、安請け合いは禁物です。

(2)生活リズムを聞いておく

普段は何時までに寝かせているのか、何時に起こしているのかなど、預かる子供の生活リズムについても確認しておくといいでしょう。

(3)部屋の中に危険がないかチェックする

お泊まりに来た子供に万一のことがないよう、窓の戸締まりがしっかりできているか、カミソリやハサミなどが手に取れる場所に置かれていないか、ケガをしそうな物が置いていないかなど、チェックしておきましょう。

長い紐なども首に巻き付く危険があるため、そのまま放置しておかないようにしてください。

また、触られると困るものやなくされると困るものなどはしっかり隠しておきましょう。

(4)当日はお酒を飲まない

子供の友達がお泊まりに来ているときは、お酒を飲むことは控えましょう。

アルコールが入って酔っぱらっていると、いざというときに冷静な判断ができなかったり、ぐっすり眠ってしまって起きられなかったりする可能性もあるからです。

子供のお泊まりの上手な断り方

160810kodomonootomari03

お泊まりに招かれた場合の断り方

子供がお泊まりに行くことを断りたい場合は、素直に「こういう事情があるから」と断る理由を説明するのが一番です。

たとえば、「うちでは自分で自分のことをすべてできるようになるまではお泊まり禁止なの」や、「持病があるからもしものときに迷惑をかけるのでお泊まりはできないんです」など。

お泊まりできないことを、「わが家のルール」と言ってしまえば、それ以上口出しはできないでしょう。

「お泊まりさせて」と頼まれた場合の断り方

お泊まりのお願いを断る際には、「予定がある」と言うのが無難なところです。

また、お泊まりに行くことも禁止している場合には、「よその子に何かあったときに責任が取れないから、うちではお泊まりは行くのも招くのも禁止にしているの」と言うのも効果的です。

以前にお泊まりを受け入れて嫌な思いをしたため次は断りたいという場合は、「体調が悪いから子供たちを見ることができなくて」など、体調不良を訴えるというのも有効でしょう。

ただし、何度もその手は使えないため、頻繁にお泊まりを頼まれる場合には、素直にお泊まりを受け入れられない理由を説明するのもありかもしれません。

ただ、その場合はカドが立たないよう気をつけましょう。

子供がお泊まりに行くときに必要な持ち物

160810kodomonootomari04

子供が友達の家へお泊まりに行く際、持たせたいものは下記のものです。

・歯ブラシ
・フェイスタオル
・可能ならバスタオル
・着替え
・手土産
・パジャマ

歯ブラシは必須です。バスタオルは友達の家で借りることもできると思いますが、できれば持参させましょう。

手土産については、できれば親が子供と一緒に挨拶に行き、その際に親から渡すのが一番です。

子供がお泊まりに行くときにオススメの手土産

160810kodomonootomari05

「手ぶらで来てね」「気を使わないでね」と言われた場合でも、子供がお泊まりに行くのなら、手土産を持って行くのはマナーです。

高いものである必要はありません。500円〜1000円前後で構いませんので、必ず手土産は持参するようにしましょう。

ペットボトルのジュース

自宅で冷やしておいた1.5Lか2Lのペットボトルドリンクは喜ばれるようです。

お泊まりに呼ばれている人数やお泊まり先の家族の人数に合わせて、本数を調整してもいいでしょう。

ふたを開けなければそのまま保存しておけるのも便利です。

日持ちするお菓子

何人かで招かれた場合、ケーキやフルーツなどを持って行ってかぶってしまうと、日持ちしないため迷惑になる可能性があります。

そのため、生ものではなくクッキーなどの焼き菓子やスナック菓子等のほうがいい場合も。日持ちするものであれば、かぶっても問題ありません。

生ものを持って行く場合には、お呼ばれしている子供のママたちと話し合って、手土産がかぶらないようにするのもいいかもしれません。

子供にお泊まりをさせることに対する親の声

160726dokusin3

子供のお泊まりは、家庭によって捉え方がさまざま。

そこで、子供のお泊まりについて賛成派の声と反対派の声をご紹介させていただきます。

どちらが正しい、間違っているということではなく、そういう考え方もあるのだなと知っておくことが大切です。

賛成派の声

『親同士の交流があって、気心の知れた仲なら良いと思う。子供が悪いことをしたときに叱ってもらえるから』

相手の子を叱れる、我が子も叱ってもらえる関係ならアリ』

『小学校低学年でのお泊まりは迷惑になるしダメだと思うけど、高学年くらいになれば勉強にもなっていいと思います』

『私が子供のころもお泊まりがすごく楽しかったので、たまにはさせてあげたいです』

反対派の声

『おねしょとかしたら大変だし、うちに泊まられるのも嫌なので、なしです』

泊まりに行かせたらうちにも泊まらせなきゃならなくなるからダメですね』

『うちは女の子なので、友達の家に兄弟がいた場合は行かせません』

『友達のご両親のことをよく知らないうちは怖くてお泊まりさせることはできません』

何かあったときに自分で自分のことに責任がとれる年齢になるまでは禁止しています』

『小学生がお泊まりなんて早いです。昼間に遊ぶだけで十分』

まとめ

「子供のお泊まりで注意すべきこと」や「子供のお泊まりの上手な断り方」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

子供をお泊まりさせる際には、迷惑にならないようマナーがしっかり守れるしつけができていることが大切です。

「うちの子には無理かも……」と思うのであれば、マナーが守れるようになるまでお泊まりはお預けにしたほうがいいかもしれません。

子供のお泊まりについて迷っている方は、ご紹介した情報をぜひ参考にしてみてくださいね。

●ライター/近藤博幸(パパライター)
●追記/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする