SNSで済ませる人も!? 2017年用の年賀状に関する意識調査

2016年も残すところあとわずか。年末年始に向けていろいろと忙しくなってくるころではないでしょうか。

そんな中でもとりわけ頭を悩ませるのが年賀状。誰に出すのか、どんな文面やデザインにするのか、など考えることが多くて正直面倒くさいという人も少なくないと思います。

実際、年賀状を出す人は減少してきていると言われており、2003年には約44億枚発行されていたのが2016年には約28億枚にまで落ち込んでいます。

近年はメールやSNSで新年のあいさつをすませる人が増加してきているほか、交友関係の縮小などが減少の理由とされています。

日本郵便が2017年から1月2日の年賀状の配達を取りやめるという発表も出ており、今後ますます年賀状を出す人は少なくなっていきそうです。

そこで今回は、パピマミ読者の皆さんに『2017年用の年賀状を出すか』という質問をぶつけてみました!

29447225182_a71a49dc74_z

2017年用の年賀状を出しますか?

・1位:特定の相手にだけ年賀状を出す……33%(86人)
・2位:今年年賀状を受け取っている人にだけ年賀状を出す……31%(79人)
・3位:何もしない……10%(25人)
・同率4位:あいさつする相手にはすべて年賀状を出す……8%(20人)
・同率4位:来年年賀状が送られてきた人にだけ年賀状で返事をする……8%(20人)
・同率4位:メールやLINEだけで済ませる……8%(20人)
・7位:SNS(FacebookやTwitter)だけで済ませる……3%(7人)

※有効回答者数:257人/集計期間:2016年11月29日〜2016年12月1日(パピマミ調べ)

2017年用の年賀状を出す人は7割超えという結果に

『仲のよいママ友や子どもの担任、それから主人の上司など今お世話になっている人には出します』(42歳女性/主婦)

『今年送ってきてくれた人にだけ礼儀としてお返しします。こちらから新規に送ることはないですね』(36歳男性/広告)

2017年用の年賀状を出す人は7割超えという結果になりました。まだまだ年賀状を出すのが一般的のようです。

年始のあいさつを送る習慣は平安時代からすでにあったと言われており、日本では1000年近い歴史を持っています。

そのため、デジタル化が進んでいる現代においても、日本では年賀状を送る習慣は大切にされているのかもしれませんね。

また、年賀状を出すという人の中で最も多かった回答は『特定の相手にだけ年賀状を出す』でした。

会社の上司や仲のよいママ友、子どもの担任の先生など、今お世話になっている人に出すという人が大半のようです。

年賀状を出さない人は2割

『わざわざ年賀状はださないです。LINEでママ友たちとグループチャットを作っているので、そこであいさつして終わりです』(30歳女性/主婦)

『年賀状も出さないし、メールで年始のあいさつもしません。子どもができたら変わるのかもしれないけど、今はとくに必要性を感じてないので』(29歳女性/不動産)

年賀状を出さないという人は約2割という結果になりました。

その中でも、メールやSNSで年始のあいさつを済ませるという人は11%。年賀状も出さず年始のあいさつもしないという人は10%という内訳になっています。

これを多いと見るか少ないと見るかは意見が分かれそうですが、10人中2人は年賀状を出さないという計算になります。

とくにSNSに慣れ親しんだ若い層には「伝わるなら必ずしも紙に書く必要はない」という意識がありそうですね。


年賀状は日本で昔から大切に守られてきた文化です。自分で出すのは億劫でも、もらったときはやっぱりうれしいものですよね。

面倒だから今年は出さないでおこう……と思っていた方は、2017年だけでも出してみてはいかがですか?

【参考リンク】
【アンケート結果(1位〜7位)】2017年用の年賀状を出しますか?

●文/パピマミ編集部
●モデル/倉本麻貴(和くん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする