正直に言うべき!? 子どもに「サンタはいるか」と聞かれたときの対処法

こんにちは、佐藤理香です。

そろそろクリスマスの時期がやってきますね。子どもに純粋な気持ちを持ってほしいと願う親にとって、クリスマスは夢を与える大切なイベントです。

しかし、そんな親の気持ちとは裏腹に「ママはサンタさんなの?」「○○君がサンタはいないって言ってた」などと、子どもは園や学校でいろいろなことを聞いてきます。

そういうとき、対応に困るというパパママも少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもからサンタクロースの存在について聞かれたときの対応のヒントをご紹介します。

161201satorika

子どもがサンタを信じなくなる瞬間

アクトインディが実施した『クリスマスに関する調査』によると、4歳~6歳の子どもは9割がサンタの存在を信じていることがわかりました。一方で、10歳を過ぎるとその割合は3割に激減します。

・「友達が言ってた」
・「本当はママやパパがプレゼントを買ってるという場面をテレビでみた」
・「親が枕元にプレゼントを置くところを見た」

このようなことから、「サンタクロースは本当にいるのだろうか?」と子どもが疑問をもつことが多いようです。

物心がついて言葉が達者になる幼児期は、疑問をもったら親に聞いてくるようになります。子どもへの対応は、家庭によって異なるようです。

(1)サンタクロースは存在しないと伝える

子どもが疑問をもって聞いてきたら、「実は、サンタクロースはいないんだよ」と正直に伝えるパターンです。

前提として、子どもがサンタの存在に強い疑問をもっていたり、理屈っぽく存在を否定しているなど、存在すると言っても信じてもらえないケースが多いのかもしれません。

これまでのことも含めて正直に話して、素直に謝るという家族もあります

いずれにしても、サンタクロースが存在しないと伝える場合は、それまでは“存在する”としていた過去があるので、言葉を補足するといいかもしれませんね。

「小さい子どものときにしか味わえないワクワクを感じて欲しかった」「パパもママも、昔はサンタからプレゼントをもらえると楽しみにしていた良い思い出がある。同じ思い出を残してあげたかった」など。

子どもを思って、ステキな思い出をつくりたかったという理由を添えてあげれば、より子どもに響くと思います。

(2)サンタクロースは存在すると伝える

これまでサンタの存在を信じてきた子どもの気持ちをくみとり、サンタクロースは存在すると突き通すパターンです。

夢があってよさそうですが、存在を肯定するに足る理由がないと子どもは納得しないこともあります。

また、プレゼントを親が置いているところを見られた……など物理的にどうしようもない場合も、工夫して伝える必要があります。

「今年からサンタが来られなくなってサンタの役を頼まれた」「サンタクロースはたくさんの国に行って忙しいから、パパとママがプレゼントを代わりに受け取って置いていた」など、これまでのことを肯定したうえでサンタがいることを伝えます。

ネット上では、「昔のサンタとは違って、今のサンタはプレゼントに直接関わらなくなっている。子どもたちはゲーム機器やスマホなどを欲しがるようになり、サンタが作ることができない。だから、ゲームやおもちゃをつくる会社、それらを運ぶ会社、プレゼントを置く親がサンタクロースに協力して、役割分担している」という回答も話題になっています。

存在肯定パターンは、“心の中にサンタクロースは存在する”ということを、現実社会にあわせながら伝えるもので、意外にも大人にも響く内容になっているかもしれません。

家庭で話し合って方針を

筆者の子どもたちは、今のところ「サンタは存在する」と信じています。そのうちやってくる「サンタさんはホントにいるの?」という問いに対する回答ひとつで、哲学的にも、現実的にもなります。

夫婦で話し合いの機会をもち、子どもにはどんな答えがよいかを考えてみてくださいね。

【参考リンク】
「クリスマス」に関するアンケート調査 | アクトインディ株式会社

●ライター/佐藤理香((株)子育て研究所代表)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする