風邪と間違えると危険!? “マイコプラズマ肺炎”の症状と予防法

こんにちは、佐原チハルです。

肌寒い季節になり、冬が深まると、気になってくるのが感染症です。

インフルエンザ、溶連菌、ノロウイルスなどさまざまありますが、忘れてはいけないのが『マイコプラズマ肺炎』です。

特に幼年期や学童期のお子様がいる方、また青年期までの年齢の方は注意しておきたいものです。

そこで今回は、『マイコプラズマ肺炎』の特徴をはじめ、症状・対策のポイントをまとめてみました。

161129sahara

マイコプラズマ肺炎ってどんな病気?

マイコプラズマ肺炎は、『マイコプラズマ・ニューモニア』という細菌によって引き起こされます。とても小さな細菌だそう。

通常、肺炎というと乳幼児や高齢者に多い印象があるかと思いますが、それらの細菌性肺炎とは違います。

マイコプラズマ肺炎にかかりやすい年齢層は、幼児・学童期・青年期が中心なのです。

感染報告は1年を通してありますが、秋〜冬にかけてが多めだということです。

特徴としては、

・潜伏期間が長め(2~3週間)
・乾いた咳が出る(風邪と間違いやすい)

などがあげられます。

マイコプラズマ肺炎の症状って?

マイコプラズマ肺炎の始まり方は、通常の風邪ととてもよく似ています。熱が出る、頭痛がする、乾いた咳が出る、だるいなどです。

そのため、マイコプラズマ肺炎であると気づけるタイミングが遅くなることも多いそうです。

風邪よりも長引くことが多いので、咳がなかなか治らない、などのときには、マイコプラズマ肺炎であることも想定しながら病院に行ってみるのがよいでしょう。

保育園・学校など、周囲でマイコプラズマ肺炎にかかった子どもがいた場合には、その旨を医療機関にも伝えておいた方が安心です。

またマイコプラズマ肺炎の場合は、風邪とは違い、重症化したり、中枢神経系の症状が出たり、中耳炎になるようなこともあります。合併症のリスクがある、ということです。

ただの風邪だと思われても、長引くようであればしっかりと病院に行けるようにしたいですね。

マイコプラズマ肺炎を予防するには、どうしたらいい?

インフルエンザやおたふく風邪などとは違い、マイコプラズマ肺炎には予防接種がありません。

感染経路は「飛沫感染(せきやくしゃみの際の唾などに含まれる病原菌による感染)」「接触感染(病原菌のついた部位で口や鼻などを触ってしまう)」です。

通常の風邪と同様、手洗い・うがい・マスクの着用などで気をつけておくようにしましょう。

なお、マイコプラズマ肺炎自体を治療するには、抗生物質の服用が必要です。必ず、お医者さんに指示されたものを、指示された通りに飲むようにしましょう。

自己判断で飲むのを途中でやめてしまったり、以前に出されていたものを飲んだりするのは危険ですので、いけません。

できる範囲で予防をしっかり行うことが大切ですが、お子さまの年齢がまだ小さいと、うがいが難しかったり、マスクをしてくれなかったりして、予防が難しくなることは多いです。

家族に二次感染することも多いので、一家でかかってしまった……という事態にもなりかねません。重症化も避けたいです。

長引く風邪や、不安があったときには、早めに医療機関を受診し、早期対策ができるようにしたいですね。

【参考リンク】
保育所での集団発生が起こりやすいのに、あまり知られていない!? マイコプラズマ肺炎 | (財)日本病児保育協会
マイコプラズマ肺炎 | 東京都感染症情報センター
マイコプラズマ肺炎とは | NIID国立感染症研究所

●ライター/佐原チハル(フリーライター)
●モデル/沖まりね

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする