学校で孤立! 同年代に馴染めない子が人間関係でラクになれる方法

【ママからのご相談】
40代、中学1年生の男の子のママです。小学校高学年ごろから、息子が同級生と会話が合わず孤立しているようです。そのため最近、学校に行くのもつらそうです。どうすれば息子が楽しく過ごせるようになるでしょうか。

a 無理に周りにあわせることよりも素敵な大人に引き合わせることを考えてみて

ご相談ありがとうございます。ママライターの馬場じむこです。

息子さんが同級生と会話が合わないとのこと、母親としては心配ですよね。しかし、興味や行動を無理に周りの同級生にあわせていくのも、息子さんにとっては心の負担になるかもしれません。

今回は、心理カウンセラーであり、NPO法人『いばしょづくり』代表理事の阿部伸一さんの著書『「不登校」は天才の卵 学校に行かない7つの選択肢』から、同年代の子と話が合わない子が人間関係で楽になれる方法をご紹介します。

161125baba

同世代が苦手でも大人相手でリラックスできる子がいる

阿部伸一さんの著書にはこのような記述があります。

『同世代が苦手でも、大人を相手にするとリラックスできる子は少なくありません。周りに合わせることを強いられる中学生よりも、自由で自立を求められる大学の方が合うタイプともいえます。

つまり、もう大人に近いわけですから、どんどん素敵な大人に引き合わせてあげましょう。リラックスできる場を持てるというだけでなく、飛び級をさせるイメージで挑戦してください』

同世代が苦手な子は大人に引き合わせる。どうしても、家では子どもとして見てしまうので、大人と引き合わせても大丈夫か心配になってしまいますよね。

しかし、私の中学生の息子も、パソコンや釣りが趣味で大人と話が合うタイプなのですが、息子に合いそうな大人に引き合わせたところ、自分らしさを出してのびのびと話をしており、長期休みのときなど、私抜きで大人たちと一緒にお花見をして楽しんでいました。

こんな場所で素敵な大人と出会える

しかし、どういった場所で素敵な大人と出会わせられるかわかりませんよね。そこで、オススメの3つの場所を提案したいと思います。

(1)大学のイベント

学園祭で大学生と話ができたり、大学生と一緒に楽しめたりするイベントが開かれることが多いです。

特に教育・心理系の大学だと、子どもと話すことに慣れている人が多いのでオススメです。

大学生だと、大人でありながら年齢が近いこともあり、中学生にとっては頼れるお兄さん・お姉さんと会話できて、リラックスしやすいのではないでしょうか。

(2)地域のイベント

地域のイベントや市民講座でも中学生が参加できるものがあります。

近所ということで参加しやすいのはもちろんのこと、その後のつながりも作りやすいです。

市の広報や公共施設に置いてあるチラシを意識しましょう。

(3)SNSのサークル

趣味を追求したものや、志ある人が開くおもしろい集まりを見つけやすいです。

しかし、SNSのつながりですと顔が見えない怖さもあるので、しばらくは親と一緒に参加し、その集まりが子どもにとって危険ではないか見極める必要もあります。


いかがでしたでしょうか。

同年代となじめない場合、学校だけでどうにかしようというのではなく、第三の場所に目を向けることで、子どもの世界を広げるきっかけにもなります。

お子さんが素敵な大人とたくさん出会えるといいですね!

【参考文献】
・『「不登校」は天才の卵 学校に行かない7つの選択肢』阿部伸一・著

●ライター/馬場じむこ(書評ブロガー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする