ポッチャリ女子の憧れ!? 渡辺直美が同性から好かれる理由3つ

こんにちは、ライターの月極姫です。

豊満すぎるボディを狂おしいまでに揺さぶり、ビヨンセのモノマネでお茶の間に衝撃波を走らせたのが2008年。

一時期は「自宅がゴミ屋敷」「歯磨き、入浴は数日に一度」という不潔っぷりをバラエティで露呈したりして、正直筆者は引いていました……。

それが今やお笑い芸人に留まらず、モデル、デザイナーの顔を持つ世界的な人気者となった渡辺直美さん。

SNSではアクセス数、フォロワー数などで軒並みランキング入りしており、とくにインスタグラムでは、国内ユーザー中フォロワー数が第1位に輝きました(2016年5月現在)。

俳優の松田翔太さんが、雑誌で「とても可愛らしい人」と絶賛したり、松山ケンイチさんが「好き」と公言するなど、男性にもモテモテの渡辺さんですが、何といっても同性のハートをがっちり掴んだことが成功の秘訣。

ポッチャリ女子のための雑誌『la farfa』の握手会には女性ファンらが長蛇の列を作り、渡辺さんのファッションをマネしたり、体型を近づけるために“デブ活”に勤しむ女性まで現れています。

なぜ、渡辺直美さんはここまで同性に好かれているのでしょうか?

161124tukigimehime

理由その1:“女”は捨てないが武器にもしない

妙に色気を出したり、異性とばかり絡みたがる同性は嫌い。かといって、あまりに色気パサパサな人と一緒に歩くのも恥ずかしい。人間が同性に求める“いい奴”像って、結構ワガママなものですよね。

渡辺さんは決して“男路線”を歩んでいるわけではなく、女性にしかあり得ない豊かなボディラインを強調した、ある意味とても女らしいビジュアル。

メイクもほぼご自分で行うなど(お部屋は汚いけれど・笑)、美意識と女子力も部分的に高い方です。

ただ、日本人男性が抱きがちな「細くてかわいい」「守ってあげたくなる弱さ」といった理想の女性像には決して媚びることなく、体重は増加する一方。大体98~100kgくらいを維持されています。

もっとも、世界的な視点で見れば渡辺さんは決して太り過ぎの部類には入らないようで、海外でSNSのフォロワーに「いつも美しい」「ステキ」と声をかけられるそうですが……。

インスタグラムをのぞいてみると、ガーリーなヘアスタイルや奇抜なファッションに身を包んだ画像に混じり、コントのために男装した自撮りなどもアップされています。

画像に付けられたハッシュタグも、独特でときに自虐的、いずれも笑わせてくれるものばかりです。

インタビューでSNSについて聞かれたときも、『みんながすごく笑ってくれたらうれしい。だって、かわいいって言われるために生きているわけではないんでねと答えています。

芸人魂が込められた投稿は、確かに笑いがメイン。その奥に天性のセンスや色彩感覚が光っていて、ギャップにまたやられてしまいます。

渡辺さんのSNSにまったく“いやらしさ”がなく、むしろ爽やかなのは、「ほら、結構きれいでしょ? 女らしいでしょ?」「こんなにかわいいのよ?」という、いわゆる承認欲求の匂いがプンプンしないからかもしれませんね。

理由その2:楽しませるためのこだわり。SNSで魅せる画像のクオリティ

渡辺さんのSNSを見てまず驚くのが、掲載されている画像の美しさです。

最近はスマートフォンのカメラ機能も進化しているから、うまくやればここまで撮れるものなのかな? と思いきや、じつは、スマートフォンにレンズカメラを接続して撮影しているそうです。

一枚撮影するのに数時間かけることもあるなど、画像のクオリティには人一倍こだわっているのですね。

前述したフォロワー数ランキングにおいても、他のランカーに比べて渡辺さんの投稿数はあまり多くありません。たくさん更新してアクセスを稼ぐのではなく、1回1回の投稿の精度を高めるのが渡辺さんのやり方のようです。

いわゆる“自己満”ではなく、誰が見ても美しいと思えるものを撮るというプロ意識。

また、他の芸能人の方とのユニークな絡みを捉えた画像、豊満なボディをあえて強調するポージングも見事のひと言です。

理由その3:まるで“見るビタミン”。色彩感覚とファッションセンス

渡辺さんは、ファッションブランドのプロデューサーも務めています。

標準サイズから6Lまで、つまり“標準体型~ふくよかな女性”をターゲットにして作られたブランドですが、デザインのかわいらしさ、色の豊富さに定評があり、モデルやアイドルが愛用する人気ブランドに成長しています

デザイナーとしても成功してしまうあたり、渡辺さんは天性の美的感覚も兼ね備えているようですね。

渡辺さんが着ている服の多くは、私たちが普段着としてマネするにはやや大胆な印象も受けますが、ふくよかだからこそ映える物も多く、ポッチャリ体型の人にこそ着てみて欲しいものばかりです。

渡辺さんは日本と台湾のハーフでもあるので、色彩感覚が若干日本人と違い、新鮮な印象を与えるのかもしれませんね。芸術的でさえある色の組み合わせを楽しんで着られるのも、魅力のひとつと言えます。


男性にも女性にも媚びず、ありのままの自分で芸人として成功。さらにポチャかわ系ファッションアイコンとしての地位を確立してしまった渡辺さんは、まだ30歳手前です。

これからも新しい女性像を創造してくれることに期待したいですね!

【参考文献】
・『渡辺直美のたら福まん腹 台湾 ワタシ、地元ダカラ、穴場、知ッテルヨ!』渡辺直美・著

●ライター/月極姫(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする