メールだけじゃダメ? 裁判で夫の不倫を認めてもらうために必要な証拠

【ママからのご相談】
数か月前から夫がスマホを肌身離さず持ち歩くようになり、帰宅時間も遅くなり始め、怪しいと感じていたところ、友人から「偶然見つけてしまった」と夫と若い女性がビジネスホテルから二人で出てくる場面の写真が送られてきました。

そこで夫を問い詰めましたが、夫は「浮気なんかしていない。ホテルへは打ち合わせのために入っただけだ」と言い張るのです。

スマホを確認したところ、「今日楽しかった♡ありがとう♡♡」「また2人でご飯に行こうね♡」などと仲が良さげな内容は残っていたのですが、決定的な内容はありませんでした。

私は不倫だと思うので夫とは離婚して慰謝料をもらいたいと思っていますが、証拠がこれだけでは難しいのでしょうか?

a 裁判で証拠として使えますが、それだけでは弱いかもしれません

ご相談ありがとうございます。アディーレ法律事務所弁護士の正木裕美です。

夫に女性の影が見え隠れしても、決定的な証拠がないと言い逃れされてしまうので、難しいですよね。

今回は、離婚して慰謝料をもらいたいとのことで心が固まっておられるようですが、同じような悩みで対応を迷っている方も、今後のためにどうしておくべきか知っておくのはプラスかもしれませんね。

まず、そもそも法律での不倫は『不貞行為』といい、簡単にいうと、配偶者以外の異性と自分の意思で性的関係を持つことを意味しています。

ですので、裁判で不貞行為と認めてもらうには、食事やデート、キスだけでは足りず、性的関係があったとズバリ分かる証拠か、その可能性が極めて高いと思われる証拠が必要です。

今回は、不貞行為を証明する証拠についてご説明します。

なお、不貞行為は離婚原因の1つとはされているのですが、裁判では不貞行為があった=必ず離婚が認められる、というわけではありません。

それぞれの夫婦や家族の状況に照らし、夫婦関係修復の可能性があれば離婚が認められなかったり、逆に、ハッキリ不貞が原因とはいえなくとも、いろいろな婚姻を継続しがたい重大な事由があり、夫婦関係が冷め切って修復できないと判断されたりすると離婚が認められることもありますので、詳しくは個別のご相談をオススメします。

161125masaki2

裁判で証拠として使えるものってどんなもの?

さて、裁判ではこれを出せば不貞行為を認めます、と法律で定めているわけではありません。

今回送られてきた写真や女性とのやりとりのメール、手紙、レシート等の物証のほか、人の証言も証拠になり、あらゆるものに証拠になる可能性があります。

ズバリ性的関係を写した写真があったり、現場を押さえることができたりするのはあまり多くはありませんから、通常は、一般的に「関係を持っているよね」と考えることができるいくつもの証拠を提出して、不貞行為を証明することになります。

ホテルから出てくる写真は有力な証拠になる!?

たとえば、ラブホテルは関係を持つために行くことが多い場所で、仕事をしに行く場所ではないのが通常です。

ラブホテルへの出入りの写真やレシートなどに日時が記録されていると、滞在時間が関係を持つに十分な時間だったとすれば、通常は不貞行為があったと認められる可能性が高い証拠の一つといえます。

今回のようにビジネスホテルから出てくる写真があったからといって、滞在時間が不明ですし、客室には入らずに喫茶店や打合せスペースで打合せをすることは考えられますから、ラブホテルより性的関係を持ったとは言いにくく、それだけで有力な証拠とは言いにくいでしょう。

ですので、夫はその日休みで仕事がなかった、会社が近くわざわざホテルに行く必要性がなかったのに何度もホテルに行っている、女性が仕事関係者ではない、2人で宿泊や旅行をしたレシート等がある、同じ女性と他の場所で通常の仕事以外の時間に何度も会っている写真やメールがある、などさまざまな証拠が必要になるでしょう。

怪しいメールのやり取りは?

女性とのデートをうかがわせるメールのやりとりは、これだけでは友人かもしれない女性と食事をしたことしかわかりません。

夫婦間で”他の異性と二人きりで食事も浮気”と決まりがあったとしても、法律上は異性の友人と食事をしていても不貞行為ではない以上、これだけでは証拠としては有力とはいえません。

他の疑わしいと思われるメールのやりとりや写真、手紙等があり、何度も仕事ではない時間にこの女性とホテルに行っている、何度も自宅に出入りしている等と証明できるのであれば、不貞行為と認められる可能性は高くなりますので、他の証拠も集めることが大切ですね。

まとめ

着信履歴やメール、SNS等のやりとりがあると不倫の証拠になると思われがちなのですが、必ずしもそうだとは限りません。

しかし、一つひとつの証拠としては強くない証拠だとしても、いくつもの証拠を合わせることで、関係を持っていたと証明できる可能性は十分にあります。

不貞行為に限らず、大切だと思っていた証拠が裁判では大きな意味を持たず、一方意外な証拠が重要だったということもあります。

その時点では証拠が足りなくても、どういう証拠を集めるかという観点でのお話もできると思いますので、証拠になるかならないかの自己判断はせず、関係するものをまとめて持って、まずは弁護士に相談されるといいと思います。

●ライター/正木裕美(アディーレ法律事務所:愛知県弁護士会所属)
●モデル/藤沢リキヤ福永桃子

注目の記事

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする