花粉症の場合もアリ!? 長引きやすい“秋風邪”の症状と予防法

こんにちは。メンタルケア関係を中心に執筆しているメンタルケア心理士の桜井涼です。

気温の寒暖差や気圧の変化を強く感じることで、体調を崩すことが多い季節になりました。

長く続いた夏の暑さから、急激な寒さと乾燥といった気候の変化に体がついていけないことがあります。

そうすると、さまざまな症状を引き起こすだけでなく、風邪などの疾患を起こしやすくなるのです。

161123sakurairyou

秋風邪の原因と症状

秋風邪をひいてしまう原因は、寒暖の差が大きく関係しています。それが体温調節に影響し、自律神経のバランスを崩してしまうことにつながるのです。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、ゆっくり睡眠がとれない、体力低下、だるさなどといった症状を起こします。

そこに日常生活で起こるストレスが影響し、免疫力が低下してしまうという状態が起こってしまうのです。

症状は、

・発熱(38度を超えることもあります)
・呼吸器系のトラブル(咳・鼻水・痰・喉の痛みなど)
・頭痛やめまい

などです。

この中でも特につらく感じるのが、発熱と喉の痛みと咳ではないでしょうか。

晩秋になると、気温が下がります(日によって気温の差が激しく変わることも関係)。また、空気も乾燥してきます。

免疫力が低下しているときに冷たく乾燥した空気を吸うことで、喉にウイルスが定着しやすく、炎症を起こしてしまうのです。

ひどいと、気管支炎などにかかってしまうこともあります。

花粉症との違い

この時期、咳や鼻水といった呼吸器系のトラブルが出るため、「風邪をひいたかも?」とすぐに思ってしまうかもしれません。

しかし、自己判断は危険です。風邪ではなく、花粉症である可能性もあるからです。

花粉症というと、春のスギを思い浮かべる人が多いかもしれません。けれど、秋になるとブタクサ、ヨモギ、カナムグラといった植物が花粉を飛ばします。

これらの植物に対してアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。症状が強いと微熱を出す人もいるくらいです。

秋風邪と花粉症の違いは、目のかゆみと高熱です。

花粉症の場合は、目のかゆみと共に呼吸器系のトラブルが出ます。熱は出たとしても微熱程度です。

秋風邪の場合は、呼吸器系のトラブルと高熱が出ます。目のかゆみはありません。

この2点に気をつけて、秋風邪なのか花粉症なのかを仮判断し、早めに医療機関を受診することをお勧めします。

予防方法

秋風邪に対する対処法は、手洗い・うがいの他に次のことがあります。

・体を冷やさない
・マスクをするなどして冷気を思い切り吸い込まないようにする(気管支が弱い人は特に!)
・ストレスを溜めない(免疫力の低下につながります)
・軽い運動をして体力をつける
・水分補給をこまめにして乾燥から身を守る

などです。特に体を温めることは、心に安らぎを感じさせることにもつながります。少々のストレスなら、温かみで癒やすことができるでしょう。

コーヒーなどの温かい飲み物でもいいですが、根菜がたっぷり入っている味噌汁や豚汁、ポトフなどのスープ類を食べることをおすすめします。

また、ホッカイロや腹巻きなどの腹部を温めるものを早い段階で使うのもいいですね。

おわりに

秋はどうしても風邪をひきやすくなってしまいます。夏風邪と違って、喉に炎症を起こしやすいのでつらさが強いと言えます。油断していると長引きもします。

気圧や気温など、少しでも「冷えるな」と感じたら、予防方法としてご紹介したことを試してみてください。つらい風邪を早い段階でくい止めましょう。

【参考文献】
・『non・no生活基本大百科』集英社・発行

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)
●モデル/椎葉咲子(苺乃ちゃん、胡桃ちゃん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする