マイナートラブルを改善! 美しく健康的な体をつくる骨盤矯正の方法3つ

【ママからのご相談】
赤ちゃんを出産し2か月が経ちましたが、なかなか体重が落ちません。産後とても腰周りがグラグラしていて骨盤も開いてしまっている感じがするのですが、この骨盤状態が体重が戻らない原因なのでしょうか?

よくある整骨院などの骨盤矯正も気になってはいますが、効果があるのかが知りたいです。

a 骨盤を整えるケアを試す価値はあります!

ご相談いただきありがとうございます。ママライターのましゅままです。

骨盤は全身を支えている体の基盤となる部位です。骨盤が歪んだり開いたりしていることにより、美容面だけでなく健康面でもさまざまなマイナートラブルが起こりえます。

もちろん産後の女性だけでなく仕事をしている女性や男性にも骨盤の歪みや開きは生じ、それがさまざまな体の不調の原因となっていることがあるのです。

お金をかけて骨盤矯正の整体院へ通う方法もありますが、自分でできる骨盤矯正の方法もあります。

今回は、骨盤矯正の効果とそのやり方についてご紹介します。

161121masyumama

骨盤矯正をすることで期待できる効果

骨盤の“開き”と“歪み”は別の原因からなるものです。骨盤の開きは出産や肥満が原因で、歪みは生活習慣(片方に重心が偏る、足を組むなど)からなるという違いがあります。

骨盤の開きや歪みを矯正すると、以下のマイナートラブルの改善が期待できます。

・頭痛
・腰痛
・肩こり
・むくみ
・姿勢
・冷え
・不妊症
・便秘
・O脚

また、産後6か月は骨盤が開いてとても不安定な状態ですので、この時期に適切な骨盤のケアをすると、産前よりも美しく健康的な体になることもできるのです。

骨盤矯正の方法

(1)自宅で骨盤矯正体操

【お尻歩き】
お尻歩きは骨盤矯正におすすめの体操。お尻に体の全体重をかけて左右に動かして進むため、骨盤矯正に大変効果があり、インナーマッスルも鍛えられます。

【バスタオルを使ってストレッチ】
バスタオルを「骨盤枕」に見立てて使用する骨盤矯正方法です。動画サイトで詳しくやり方が説明されているので参考にしましょう。

【お尻をキュッと閉めるトレーニング】
排尿時におしっこを止めるような感覚で、膣とおしりに力を入れてキュッキュッと小刻みに閉めます。テレビを見ているときや思い出したときに10回やるようにしてみましょう。骨盤を支える役割を持つ骨盤底筋を鍛えることができます。

(2)骨盤矯正の整体院に通う

ご自身で骨盤矯正の習慣がなかなかつけられない方は、骨盤矯正のプロに任せてみるのも一つの手。施術はもちろん、自宅での骨盤ケア方法を伝授してくれる整体院もあります。

1度の通院では効果が出ないことが多いので、短期間集中で週1~2回通院し、トータルで5回~10回通うことがすすめられています。

(3)骨盤矯正ベルトをつける

骨盤ベルトやガードルなどを身につけてみましょう。産後の骨盤が不安定な時期は骨盤ベルトで骨盤を支えるだけでも快適度が違いますよ。

ベルトは正しい位置でつけることが大切なので、整骨院や助産師さんにサポートしてもらって着用することをおすすめします。

骨盤矯正は継続が大切

いずれの方法にせよ、骨盤矯正は“続けること”が重要。1度や2度の取り組みでは改善されません。

自宅での骨盤矯正ストレッチはなるべく毎日行い、習慣化させてしまいましょう。お尻閉めは育児や仕事の合間に取り入れられるのでおすすめですよ。

しっかりと骨盤矯正をすることで体の芯から美しく健やかになれば、毎日がもっと明るく快適になります。

効果は人それぞれ異なりますが、やってみる価値は十分あります。ぜひ試してみてください。

【参考リンク】
1日3分!美しいプロポーションを手に入れられる骨盤矯正ダイエット | 鶴間こころ整骨院

●ライター/ましゅまま(ママライター)
●モデル/香南

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする