理想のお産に近づける!? バースプランを立てる意味とメリット

こんにちは、保育士でライターのyossyです。

近年、出産をするにあたって産院に『バースプラン』を提出する人が増えています。

バースプランというのは、お産や入院に関する計画書のこと。

たとえば、陣痛・分娩時の医療行為や立ち合いについて、産後すぐのカンガルーケアについて、入院中の授乳・沐浴指導についてなどなど……。

しっかりバースプランを立てておくことで、さまざまなメリットがあるのです。

ここでは、バースプランを立てるメリットと、上手な立て方についてご紹介しましょう。

161118yossy

バースプランは立てることに意味がある!

バースプランはあくまで“計画書”なので、実際には計画通りにいくとは限りません。

たとえば、「会陰切開をしないで欲しい」とバースプランに書いていても、切開せずにいたらひどく会陰が裂けてしまうような場合、切開せざるを得ないでしょう。

「入院中は母子同室で」と書いていても、想像以上に産後のママの体調が悪く、母子別室にしたくなるケースも考えられますね。

「計画通りいかないなら、立てなくてもいいんじゃない?」と思うかもしれません。

でも、バースプランを立てることで、以下のようなメリットがあります。

・自分の理想に近いお産がしやすくなる(医療者も介助しやすくなる)
・お産への心構えができ、不安が軽減する
・家族での話し合いをしたり、自分自身を見つめたりするきっかけになる

自分自身がどうしたいのか、どういうことが不安なのかをしっかりバースプランに書いておけば、医療者からフォローしてもらいやすくなるでしょう。

また、いざお産のときになってから、家族間で揉めてしまうケースもあります。

どういうお産が理想なのかを家族でしっかり話し合っておくことで、家族内の意見を聞くきっかけにもなりますね。

恥ずかしがらなくてOK! 思っていることを正直に

出産にはデリケートな問題がたくさんつきまといます。プライベートな内容に関わってくることもあるでしょう。

しかし、言いづらいことこそ、はっきり言っておいたほうがいいものです。

読み手である医療者の立場を考えて書くことはもちろん大切ですが、はっきりと自分の言葉で書くことが重要。

「恥ずかしい」とか、「こんなこと書いて怒られないかな……」などと思う必要はありません。

バースプランに書いたことを叶えるのが難しければ、医師や助産師、看護師等からその旨説明があるでしょう。

希望が叶わない場合は残念ですが、事前にできないことの説明が受けられていれば、納得しやすいものです。

バースプランは本当に人それぞれですが、以下のような要望を伝える人もいます。参考までに見てみましょう。

【バースプランの例】
・可能なら剃毛や会陰切開をしたくない
・自分の力で頑張りたいので、できるだけ陣痛促進剤は使わないでほしい
・夫と実母以外は病室に入れないでほしい(特に○○は問題行動を起こすので絶対に入れないでほしい)
・痛みが不安なので、無痛分娩や和痛分娩にしてほしい
・分娩/陣痛時に音楽をかけたい
・陣痛中にアロマを焚きたい
・夫が立ち会えなくて不安なので、助産師さんにたくさん励まして欲しい
・産後すぐに自分で赤ちゃんをカメラ/ビデオで撮りたい
・胎盤を見てみたい
・上の子にへその緒を切らせてあげてほしい

バースプランは「絶対」ではない

お産の進み具合やママ・赤ちゃんの体調によって、急きょ医療行為が必要になるケースもあります。

また、特に初めてのお産であれば、想像と現実が異なるケースもあるでしょう。バースプランが「絶対」だとは思わないほうがいいですね。

バースプランの内容を変更したくなれば、遠慮なく言って構いません。

また、そもそもバースプランを提出できない産院もあります。特に、ハイリスクな妊産婦を受け入れている病院の場合、個人個人の希望に合わせる余裕がないケースが多いものです。

バースプランで細かい要望を出したい場合は、対応してもらえる産院を早めに探しておくといいですね。

【参考リンク】
バースプラン(BIRTH PLAN) | 高田医院

●ライター/yossy(フリーライター)
●モデル/前田彩(桃花ちゃん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする