遺伝するって本当? 子どものアトピー発症に備えた対策3つ

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。

空気が乾燥し始めると症状が強くなると言われるアトピー性皮膚炎。自分にアトピーがあると、「子どもに遺伝したら……」と不安になる人も多いようです。

そこで今回はNPO法人予防医療推進協会の理事でアトピーアドバイザーとして全国で公演活動や2,000人を超えるメルマガ会員さんにアトピー情報を発信している、桑野やすし氏にお話を伺いました。

161117sayuri

アトピーは遺伝するってホント?

桑野氏によると、『「アトピーは遺伝するのか?」については、いくつもの研究・調査があるようですが、概して「遺伝する」と言ってよいでしょう。

研究によって幅がありますが、片親がアトピーの場合で30〜50%程度、両親ともアトピーの場合で50〜80%程度の子どもがアトピーになると言われています。

日本皮膚科学会の『アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版』にも、アトピー素因の一つとして“家族歴”が記載されていますね。遺伝が重要なファクターだと認識されているということです。

僕自身3か月の息子がいますが、いずれ彼にもアトピーが発症することを覚悟しています。今できることとしては、3つあると思って実践しています』とのこと。

以下に桑野氏が実践している対策法をご紹介します。

子どものアトピー発症に備えた対策

(1)保湿をこまめに丁寧に

乳幼児期の子どもの肌は非常に乾燥しやすいので、カサついていたらすぐに保湿。化粧水と乳液の組み合わせで行っています。

離乳食が始まったら、食事前に口の周りにワセリンを塗って、食品が口周りの皮膚に付着しないよう保護することもお勧めします。

(2)動物園や牧場へ行く

家畜などの動物が身近にいる環境で育つと、アレルギーの発症率が5分の1になるという研究があります。

さすがに家畜は飼えませんが、動物園や牧場へは連れて行ってあげようと思っています。

(3)親の食卓での振る舞いを見直す

アトピーの子どもさんの多くは早食いで姿勢が悪い。そうすると消化・吸収に負担がかかります。

ですから、姿勢良く、ゆっくり食べるという習慣を身に着けさせることが大切。そのためには、ご両親がそういう食べ方を実践する必要があるわけです。

子は親の姿を真似しますからね。一口ごとに箸を置いてよく噛み、食事中は席から立たない。落ち着いた食卓を築いてください。

親が心の準備をしておくことも大切

また同氏によると、親の心の準備も大切とのこと。

桑野氏がこれまで数多くのアトピーのお子さんを見てきた中で、アトピーの子どもを持つ親のメンタルについても以下のようにお話しされています。

『アトピーのお子さんを抱える家族を見ていると、多くの場合、子どもよりも親の側に心理的な不安定さが見え隠れしています。

親が自分を責めていたり、わが子を過剰に“かわいそう”に感じていたり、周囲の目が気になってアトピーであることを隠そうとしていたり。

そういう心の“ぐらつき”があると、それは子どもにも伝わります。そうすると、ストレスの影響で症状が悪化・長期化することもありますし、親子関係にしこりを残すことにもなりえます。

「アトピーになってもならなくても、この子に幸せがたくさん降り注ぐことを祈っていよう」というくらいの心の準備をしておきたいですね。

遺伝する確率が高いということは、“準備ができる”ということです。お子さんがいる方も、これからという方も、今からできることがあると思います』


いかがでしょうか。

自分がアトピーであったり子どもにアトピーがあったりすると、どうしても不安やつらい気持ちが大きくなりがちですが、桑野氏のアドバイスによって少しでも心が軽くなればと思います。

【取材協力/アトピーアドバイザー・桑野やすし】
アトピー改善アドバイザー 桑野やすし オフィシャルブログ

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)
●モデル/神山みき(れんくん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする