ピッタリなのはどれ? 子どもの発育にオススメの習い事3選

2歳児を子育て中のママライター、なかやまあぽろです。

1歳を過ぎたころから、周りのママ友たちの間から“おけいこ”の話題がポツポツと出始め、気にはなっていましたが、うちの子はまだ早いのかな、人見知りだしな、と二の足を踏んでいるうちに2歳を迎えてしまいました。

小さなころから習い事で外国語や音楽などに触れる機会を作ったり、体を鍛えるスクールに通い始めたりすることによって、子どもの成長を助けるさまざまなメリットがあるようです。

今回は、各お教室の先生や関係者の方のインタビューを元に、人気の習い事3つの紹介を簡単にまとめてみました。迷っているママさんたちの参考になれば幸いです!

161111nakayama2

(1)根気よく続けることで丈夫な体と心が育つスイミング

Benesse教育研究開発センターのデータによると、幼児期の『スポーツの習い事ランキング』で一番人気があるのがスイミングです。

その背景には、保護者の「体を動かすことを楽しんでほしい」という気持ちや、「丈夫で健康な体になってほしい」といった子どもに対する希望を反映しているのでしょう。

保育園や幼稚園、小学校で、子どもたちが避けては通れない“水泳”の授業。水が怖かったり、泳ぐことが苦手な子どももたくさんいたりしますが、水泳の授業のたびに憂鬱になる……というのは、親としても心配ですね。

スイミングスクールのコーチいわく、水慣れがスムーズにいく幼児期から始めることによって、その後も水泳が「楽しい!」と思えるようになるそう。

また、水中での全身を使った運動は、皮膚や心肺機能が鍛えられ、さらに免疫力が高まり丈夫な体作りを助けると言われています。

最初は泳げないのが当たり前なので、根気よく練習することが必要です。

練習を重ね、できなかったことができるようになると、子どもの自信につながり、体だけではなく心も共に強くなるのが最大の魅力。

パパやママは、水泳を通じて子どもの「できた!」や「頑張った!」の一つひとつを褒めることによって、子どもに成功体験を多く積ませてあげることができます。

自信を身につけた子どもは、積極的に行動することができるそう!

(2)さまざまなタイプの教室で、楽しみながら学べる英会話

一番人気のある英会話教室。各教室のタイプによって異なりますが、0歳からママやパパと通い始める子も珍しくないとか。

母語である日本語を大切にし、親子で楽しめる環境が整っているのであれば、小さなうちからスタートさせるのも考えてもいいそう。

幼児期から外国語に楽しみながら触れることによって、学校の授業などでも抵抗なく学習できるというメリットも。

英会話教室と言っても、音楽を通して学んだり、ゲームやレクリエーションなどで体を使って学ぶタイプであったりと、さまざまなタイプの教室があります。

見学を通してわが子が楽しめる、ぴったりの教室を探してみましょう!

(3)感性を豊かに育てる音楽教室

小さな子どもは音楽に合わせて手を叩いたり、ダンスをしたりするのが大好きです。

「うちの子は興味がありそう!」と感じたら、まずはレッスンの体験だけでもしてみるといいとか。

1~2歳の子どもにピッタリなのは、リトミックなどの音楽を使った“体操教室”。

主にグループレッスンなので、小さなころから協調性や社会性も同時に育んでいけます。

音楽的な耳の力が発達すると言われているのは4~5歳から。

家庭でも練習を重ねることで上達していく、ピアノなどの楽器のレッスンはそれまでに始めることをオススメされています。

小さなうちから音楽に積極的に触れることによって、音楽を聞く耳や感じる心が育ち、自分でも歌や楽器を使って表現できるようになるなど、心の豊かさも育んでいけるでしょう。


習い事を通じて、子どもの成長を見届けることができるのは本当にうれしいことです。お子様にピッタリのおけいこが見つかりますように!

【参考文献】
・『Happy‐Note 2016夏号』

【参考リンク】
【5】 幼児の塾や習い事 ―スポーツは5歳から | ベネッセ教育総合研究所
習っている・習わせたいお稽古ランキング2016 | ケイコとマナブ.net

●ライター/なかやまあぽろ(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする