洗濯の時短テクニック5つ

【ママからのご相談】
子育てが忙しいのを理由に、洗濯物をたたむことを後回しにしています。取り込んだタオルや洋服はそのまま山のように積まれ、毎日うんざり。洗濯物をたたむ時間を短縮したいのですが、何か良い方法はありますか

a 取り込んだ洗濯物を山積みしないコツは、「干すまでの準備」と「取込みとたたみの同時進行」

ご質問どうもありがとうございます。女性の働きスタイル研究家のアボカドチョコです。

子育てでバタバタする中、毎日洗濯をするのは本当に億劫ですね。

「毎日何回も洗濯をするのが好き」という人がいる一方、洗濯に楽しみを見出せない人にとって、洗濯は大きな仕事です。

「洗濯」という仕事を細かく分解すると、

(1)「洗濯機に入れる(洗濯物の分別)」
(2)「洗濯機を回す」
(3)「干す」
(4)「取り込む」
(5)「たたむ」
(6)「クローゼット・タンスにしまう」

という6段階になります。

それぞれを効率化して時短をはかりたいところですが、(2)に関しては時短に役立つ洗剤が発売されていますので、今回は、(2)以外を効率化する方法を考えます。

(1)「洗濯機に入れる“前”」と、(3)「干す」(4)「取り込む」段階での工夫が、(5)「たたむ」以降の時間短縮につながります。

140123abokadonew

「洗濯物のたたみ」作業を効率化する5つのアイデア

(1)「動線」を見直し、「収納する場所」をベランダの近くに設ける

洗濯機の場所とベランダはあらかじめ決まっていますが、衣類を「収納する場所」は変えることができます。ベランダから取り込んだ衣類を「収納する場所(タンス、クローゼット等)」は、出来る限りベランダに近くに設置したほうが良いです。

収納場所の位置を変更できない場合は、以下をご参照ください。

(2)洗濯機に入れる際、裏返さない。すべて「表」にして洗濯機に入れる

取り込んでたたむ時、衣類を「表」にする作業に手間がかかるので、洗濯機に入れる時点で、すべて「表」にしておく。汚れがしっかり落ちる洗剤を選べば、靴下や下着も表のままでも、裏の汚れがしっかり落ちる、という専門家もいます。

消費財メーカーの花王株式会社によれば、汚れ落ちを良くするコツは、「洗濯機に洗濯物を入れすぎないこと。洗濯物を入れる分量は、洗濯槽の8分目が目安」だそうです。家族には、「洗濯機に入れる際、裏返さないで」とお願いしておきましょう。

(3)取り込んだ後の収納を意識して、角ハンガーに吊るす

「洗濯バサミが多く付いた角ハンガー(以下、角ハンガー)」への吊るし方により、「取り込みからタンスへの収納」を時短できます。

収納をラクにするため、角ハンガーに吊るす際、同じ引出しに仕舞うものを集めて干すことがポイントです。たとえば、

・タオルばかり、靴下ばかりを集めて吊るす。
・「靴下」は、たたむ時に「もう片方」を探すのが大変なので、同じ種類の靴下は右左を(角ハンガーの)近い場所に吊るす。

(4)「たたまない」ものを増やす

型崩れしないシャツはたたまず、ハンガーで収納してはいかがでしょうか? シャツを洗濯機から出したら、すぐにハンガーに吊るして干します。乾いたら、ハンガーのままクローゼットに収納するだけ。

(5)子どもの洋服、下着は「たたまない」

ハンガーに吊るして干し、ハンガーのまま収納します。子ども用ハンガーは、赤ちゃん用品店等で安価なものが売られていますね。

まず、その季節に着るTシャツや下着の数に合わせて子ども用ハンガーを多く用意します。そして、洗濯機から取り出した子どもの洋服は、すべて子ども用ハンガーに吊るして干します。乾いたら取り込んで、そのまま、リビングや寝室の一角に作った収納スペースにかけます。たたまないし、すぐに着替えもできるし、一石二鳥!

「取り込み」と同時に「たたむ」。乾いた洗濯物の山は、つくらない!

乾いた洗濯物を取り込んで、すぐにハンガーや角ハンガーから外してしまうと、そこに洗濯物の「山」が出来てしまいます。

その場に座って、洗濯物をたたみ始めると、「たたむ」→「タンスにしまう」という2段階の作業が生じ、「もう片方の靴下」を探すのに山をかき分けてしまったりして面倒。

そこで、以下のようにすると時短になります。

ベランダから取り込んだハンガーや角ハンガーは、すぐに、タンスのある部屋に移動→タンスの引き出しを開け、そこに仕舞うものだけ洗濯バサミを外し→たたみながら収納。

この作業は、立ったままで行うからスピーディ。ひとつの引き出しが終わったら、次の引き出しを開けて、また、たたみながら収納します。この作業を繰り返すうち、洗濯物干しにかかった衣類はみるみるうちに減っていきます。


これらの方法は、恥ずかしながら、我が家で実践して時短を図ることができた方法です。子育て中は出来る限り家事を効率化したいので、子どもがたたみ方を練習する洋服だけ残し、その他は、時短でいきたいと研究している毎日です。

●ライター/アボカドチョコ(女性の働きスタイル研究家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする