正しいのは私! ネット上でケンカを売る人の心理3つ

こんにちは、こじらせ美容オタク家のともです。

2016年10月、セクシー女優としてデビューした坂口杏里さんとタレント・重盛さと美さんとのTwitter上のバトルが話題になっていましたね。

客観的に見たら“どっちもどっち”という気もしなくはないですが……(汗)。

しかし、女のドロドロとした部分を見せつけられたような気はします。

このように、ネットは発言が自由というメリットもありますが、自由すぎて簡単に相手を罵ったり、喧嘩をふっかけたりすることもできるようになってしまったというデメリットも……。

そこで、ネットで文句ばっかり言ったり、喧嘩をふっかけたりする人の特徴をリサーチしてみることにしました。

161108tomo

(1)いつも自分が正しいと思っている

『ネットで自分の意見を書いたら、いつも反論のコメントをしてくる人がいる。そもそもなぜそんなに自分と意見が違うのが許せないのかも理解できない。そいつがそう思えばそれでいいし、別に俺に伝える必要もない。完全にスルーすることに決めている』(20代男性/ライター)

ネットで相手の意見と自分の意見が合わないとき、その意見に対して反論を書き込む人。

「自分は正しいことを言っているのだから自分は悪くない」「むしろ相手の間違いを正してやっているんだ」との理由で相手を罵っても罪悪感すら感じないし、むしろ誇らしく感じてしまうことも。

ただそれって実は自分がスッキリしたいがための自己満足。本当の正解なんてどこにも存在しないのです。

自分の視点から見たら正しくても、違う視点から見たら悪の場合だってあるのがこの世の中。自分の中で正義があることは悪いことではありません。

ただ正義感こそが悪を創り出す根源とは言われたもので、その正義を人に押し付けようとした瞬間、正義に対する悪を存在させてしまうのです。

倫理観、道徳観……人によって考え方は違います。

それを理解せずに「自分が絶対正義である」と思いこんでしまったら、周りは敵だらけになるということ。

人は違って当たり前だからこそ、自分と人との違いを尊重できるようにならないと、いつの日か四面楚歌状態に。

特に「〜だ」と断定でしか話せない、「でも〜」からしか会話ができない、そういう人は「自分が正しい」と思いこんでいる傾向があるので要注意。

(2)自分のことでいっぱいいっぱい

『自分が不幸のどん底のときは相手の気持ちなんて思いやれない。そして自分だけ不公平だ、と皆の不幸を願ってしまう。それが相手を傷つけるネットでの暴言につながっていると思う』(20代女性/看護師)

そもそもネット上で人を批判するような人は、自分のことでいっぱいいっぱいの人。

自分が今いる状況に不満だらけだからこそ、人をけなして人の不幸を見て自分を癒すしか方法がないのです。

幸せな人は周りのことなんて大して気になりません。

人は人、自分は自分とわかっているので、他人を攻撃したって何も変わらない、意味のないものだということを知っています。

一方で、自分に自信がない、価値がないと思っている人は、人を攻撃して自分の価値を確認するしかなくなるのです。

そしてそれを悪いとすら思わないのは、自分のことを守ることに必死で、相手が傷つくことなんて見えてないから。

自分が悪いことをしていることすら気づかない、世界を自分中心にしか考えられない視野の狭さで生きていっている人。

他人を叩いて自分を慰めるということだけしか、自分の自信を保つ方法がないという、心が弱い人間とも言えましょう。

(3)匿名だからこそ言えること

『ネットは自分じゃない自分だからひどいことも簡単に書き込むことができる。そしてネットの自分と現実の自分を切り離して生きている人は多い。どんな自分にもなりきることができるのがネットの世界であり、でも実はそっちが本当の自分であることも』(30代男性/カウンセラー)

今回の坂口さんの場合は匿名ではありませんでしたが、通常ネット上でのやり取りは匿名を使ってやるものが多いです。

ネットは匿名だからこそ、言いたいことを言えるというのはあります。それは罵っても攻撃されないという逃げ道があるからこそ。

また匿名の怖いところは、「これは本当の自分じゃない」といつの間にか思いこんでしまうこと。

匿名だからこそ人を罵るのであって、「本当の自分は優しい自分」と“ネット世界の自分と現実の自分”を切り離して考えてしまうのです。

でもそのネットの匿名の自分が真に自分が思っていることだったら? 人間誰しも「自分は悪い人間だ」とは思いたくありません。

どんな凶悪な犯罪を犯した犯罪者さえも「自分は善人だ」と信じているという話も聞いたことがあります。

たとえそれが無意識であったとしても、人間は自分を正当化するのが得意な生き物。

だからこそネットでの暴言は“違う自分”としてエスカレートしていってしまうのです。


坂口さんと重盛さんのケンカは若い女子にありがちなものですね。

女子の友情なんてそんなもの……とは言いませんが、特に芸能界で生き残るためには多少したたかで負けん気が強い人でないとやってはいけません。

またネット上だからこそ嘘と本当が入り混じってしまうので、一度現実に対面して話してみたら和解もできるかも?

●ライター/とも(こじらせ美容オタク家)
●モデル/ゆみSAYA

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする