自宅でできちゃう! セルフジェルネイルの手順とオフ方法

こんにちは。フリーライターのyossyです。皆さんは、どれくらいの頻度でネイルをしていますか?

『株式会社バルク』の調査(2013年)によれば、爪のお手入れを行っている女性は全体の約3割。お手入れをしている人のなかでは、4割程度の人がネイルサロンを利用しているとのこと。

近年はジェルネイルが人気ですが、マニキュアと違って「プロにやってもらわないと無理」というイメージがあるかもしれません。

でも、最近は自宅でジェルネイルをするためのキットもたくさん販売されています。

もちろん、ネイルサロンに通うよりも仕上がりは劣ってしまうケースがほとんどだと思いますが、育児中で気軽に外出ができない人や、ネイルにかけるコストを安く済ませたいという人は、試してみてはいかがでしょうか。

セルフネイルといっても、商品によって手順が異なるケースも多いです。実際に行う場合には、くれぐれも説明書や注意書きを熟読してから始めましょう。

それでは、ジェルネイルのおおまかな手順を見ていきます。

※ここでは、ハードジェルではなく、比較的手軽にできる『ソークオフジェル』を使用する前提で解説します。

161104yossy01

ジェルネイルに必要な道具・材料8つ

まずは次のような道具や材料を用意しましょう。

(1)ネイルファイル(爪やすり)

爪の形を整えたり、ジェルが密着しやすくするために爪の表面にキズをつけたりする際に使用します。

(2)プッシャー/ウッドスティック

甘皮の処理や、オフする(ネイルを落とす)際に使用します。

(3)無水エタノール

爪を消毒して余計な油分を落とす際や、未硬化のジェルを拭き取る際に使用します。

(4)クリアジェル

ベースジェル(カラージェルを塗る前に爪に直接塗るジェル)やトップジェル(カラージェルを塗り終わった後に仕上げとして塗るジェル)、混合用ジェル(例えば、ラメと混ぜるときに使う)など、さまざまなシーンでクリアジェルが使われます。

全ての用途がひとつのクリアジェルで完結する商品もあれば、用途別に分かれている商品も。

(5)カラージェル

お好みの色のジェルが必要です。ラメやストーン等を使いたければ、それらも必要に応じてそろえましょう。

(6)平筆

ジェルを塗る際に使用します。

(7)LEDライト

ジェルネイルは、ライトをあてて固めます。UVライトもありますが、近年は利便性の高いLEDライトを使用するケースが多いです。ワット数が高いほど硬化時間が短くなります

ジェルメーカーがUVライトかLEDライトか、ワット数はいくつかなどを指定しているケースもあるので、注意しましょう。

ペン型の小さなものから、サロンで使用するような大きめのものまで数多くの種類があります。

(8)ジェルネイル用リムーバー

オフ用に専用のリムーバーを購入します。自宅にある人が多いですが、オフの際はコットンやアルミホイルも必要です。


ほかにもさまざまな道具・材料が販売されていますが、主なものは以上です。

インターネットで検索すると、セルフネイル用の材料が一度に数多くそろうようなキットもたくさん販売されています。

また、安く済ませたければ、100円ショップで手に入る道具も多いので、一度覗いてみるといいでしょう。

ジェルネイルの手順

161104yossy02

道具や材料がそろったところで、いよいよセルフネイルをやっていきます。基本的な流れは次の通りです。

(1)下準備

甘皮の処理をし、ネイルファイルで爪を整えます。

爪の表面に細かい傷をつけておきます(サンディング)。ジェルによっては、爪を傷つける必要がないタイプのものも。

なお、サンディングする場合は、くれぐれも傷つけすぎないように注意しましょう。

その後、細かいゴミを取り除き、エタノールをガーゼにしみこませて、消毒・油分除去をします。ジェルネイル専用のクレンザーを使ってももちろんOKです。

(2)ベースジェルを塗る

ベースジェルを塗っていきます。親指以外の4本の指と、親指とで分けて塗るといいでしょう。少量ずつ塗って、丁寧に爪の先のほうまで広げていきます。

塗り終わったら、LEDライトを当てて硬化させましょう。しっかり土台を作りたい場合は、塗ってライトを当てる、という作業を繰り返します。

(3)カラージェルを塗る

お好みのカラージェルを塗り、同様に硬化させます。

(4)トップジェルを塗る

仕上げにトップジェルを塗って硬化させたら、エタノール(もしくは拭き取り専用のリムーバー)を使って、未硬化のジェルを拭き取ります。

なお、トップジェルによっては拭き取りの必要がないケースもあります。

これで、ジェルネイルが完成です。乾燥が気になる場合はネイルオイルなどを使いましょう。

ジェルネイルをオフする方法

最後に、オフする手順も知っておきましょう。くれぐれも無理矢理はがすことがないようにご注意ください。

(1)ネイルファイルでトップジェルの部分を削ります。削り過ぎてしまわないように気をつけましょう。

(2)コットンを爪の大きさにカットし、ジェルネイル専用のリムーバーを浸しておきます。アルミホイルも、しっかりと指の先を覆うことができる程度の大きさにカットしておきましょう。

(3)爪にリムーバーを浸したコットンをのせて、アルミホイルを指に巻きます。リムーバーが垂れてこないように、また、蒸発しないようにしっかり巻いてください。その後、10~15分程度時間をおきます。

(4)ジェルが浮いてくるので、ウッドスティック等を使って少しずつ落とします。すんなり落ちない場合は、無理せず(2)~(3)の手順を繰り返しましょう。


ジェルネイルは、マニキュアに比べるとたくさんの道具が必要なうえ、時間もかかります。

でも、丈夫で仕上がりがツヤツヤなジェルネイルは、やっぱり魅力的ですよね。興味がある人は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

【参考リンク】
ネイルに関する調査 | レポセン

●ライター/yossy(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする