フードのある上着はNG!? 公園で遊ぶ子どもを危険から守るための注意点

こんにちは! 台湾在住のなかやまあぽろです。

南国の台湾も日本を追いかけ、ようやく涼しく過ごしやすくなってきました。

これからの季節は、子どもを連れてピクニックや公園遊びが楽しみです。

今回は、子どもを公園で遊ばせる際に気をつけたい項目を、元幼稚園教諭の方のアドバイスをもとにまとめてみました。

意外に気にしていなかった項目もあり、ママ必読です!

1104nakayamaaporo

子どもの身につけているものには特に注意を!

ある病院で行われた子どものケガの調査結果では、全体の約6%程度が公園や学校の遊具が原因によるものだそう。

公園などの遊具によるケガは、人側に危険の原因がある場合=人的ハザードと、遊具側に欠陥がある場合=物的ハザードの2つに分類されます。

人的ハザードは、ママや保護者が気をつけてあげることによって防ぐことができるので、公園で遊ばせる前に、以下の具体的な項目をチェックしてみてください。

(1)上着にフードや大きな襟がついていないか
(2)水筒やななめかけバッグ、鍵などを首からぶら下げていないか
(3)ランドセルを背負っていないか
(4)自転車用のヘルメットをかぶっていないか

特に、首からぶら下げているものが遊具に引っかかり、窒息するという事故が多く発生しているそう。

うちの子は小学生だから大丈夫と安心するのではなく、年齢に関係なく注意してあげましょう。

遊具の欠陥のチェック

前出の、遊具の欠陥=物的ハザードのチェックも欠かせません。

(1)指が入りそうな穴はないか
(2)ぐらついていないか
(3)今にも外れそうな金具やつなぎ目はないか
(4)全体的に老朽化していたり、長い時間放置されたりした遊具ではないか

ひとつでも当てはまる場合は使用をやめ、市や自治体の生活安全センターなどに連絡するようにしましょう。

砂場

子どもが大好きな砂場遊びですが、遊ぶ前に、砂の中に小さなゴミやタバコの吸い殻、ガラスの破片などが混ざっていないか必ず確認してあげましょう。

なんでも口に持っていってしまう月齢の赤ちゃんは、特に注意が必要です。

砂場では子どもだけで遊ばせておくのではなく、ママやパパも一緒に遊ぶことで安全も確保でき、子どもも大喜びすること間違いないですね。

広場のマット

大きな公園には、遊具がある地面に専用のマットがひかれているところもあります。

しかし、マットの劣化により、角がめくれあがっていたり、はがれているところがあったりと、思わぬ危険が隠れていることも。

わたしの住む台湾では、公園で走り回っていた子どもが転倒し、運悪くめくれていたマットの角に目をぶつけて失明してしまったという事故もありました。

そのような事故を招かないためにも、一度確認してから子どもを放つようにしましょう。

虫さされ

虫が発生しやすい夏季に比べ、涼しい季節や冬は害虫が少ないというイメージですが、この季節は特に毛虫に注意しましょう。

小さな子どもは何でも興味深々で、素手で触ってしまうことも。

患部の広がりを防ぐため、刺された部位を手でこするのは禁物です。痛がったり腫れてかゆがったりしたら放置せずに、すぐに病院へ行きましょう。

その他の注意点

(1)他の子どもが漕いでいるブランコに近寄らせない

小さな子どもは何が危険なのか判断がつきません。

急に走りだしたり、進行方向を変えたりするので、遊ぶ場所をブランコから離れた場所にする、子どもによく言って聞かせるなど、事前に注意しておくと安心でしょう。

(2)ボールや人がぶつからないか気を配って

土日や平日の夕方、長期休み期間中は、小学生くらいの子どもたちも公園に遊びにくることが多くなります。

小さな子どもたちに気を配る子どもは多いとは思いますが、中にはサッカーボールを園内で蹴って、ボールが思いがけず飛んできたり、バドミントンに夢中になって急に後ろへ下がってきたりなど、周りが見えなくなってしまうことも。

お互いがケガを負わないためにも、ある程度距離を保って遊ばせるようにしましょう。


ママやパパが気をつけてあげることで、公園での事故やケガを最大限防ぐことができます。

同時に、ポイ捨てやゴミの放置などのマナーも守っていくことによって、子どもも大人も安心して遊べる公園づくりに協力していきたいですね。

【参考リンク】
公園などの遊具での事故を予防する | 京都府ホームページ
虫刺されに注意! 街路樹、公園にひそむ危険な虫 | 田辺三菱製薬

●ライター/なかやまあぽろ(ママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする