親子の絆も深まる! 赤ちゃんの言葉を育てるコミュニケーション術4つ

1歳の娘を育児中のママライター、なかやまあぽろです。

2歳の誕生日を2か月後に控え、ようやく「ママ、だっこして」や、「お花、きれいね」などとおしゃべりを始めました。

娘の健診の際、用意されていたイラストをことばにして言うテストがあり、娘はあまり答えられず、ショックだったことがあります。

しかし、ことばの発達には子どもの個々に合った成長のスピードがあるので神経質にならなくてもよい、と育児指導の方よりアドバイスをいただいたことがあります。

「早くことばを話してほしい!」と思うママやパパがほとんどだ、ともおっしゃっていましたが、パパやママ、周りの方が赤ちゃんのことばの育ちの過程でできることは、“ことばの育ちを上手に支えること”だそう。

今回は、言語視聴覚士の方のアドバイスの一部を「赤ちゃんが乳児期からできることばの育て方のポイント」として具体的にまとめてみました。

161101nakayamaaporo

(1)ミラリング:赤ちゃんの動きを真似してみましょう

生後3か月くらいからは、赤ちゃんも少しずつ自分で体を動かせるようになっていきます。

このころから、赤ちゃんの顔の近くで手をパタパタさせたり、握ってみたりと、ママやパパはぜひ赤ちゃんの動きを真似してみてください。

少し大きくなっておすわりができたら、積み木をカチカチならすのを真似たり、ラトルを振ってみたり……。

自分と同じ動きをしてくれるママやパパに興味を持ち、次第に特別な感情へと変化していくそう。

真似をすることで赤ちゃんが興味を持ち、さらに大人の行動を注意深く観察するようになるでしょう。

このような行動のことを、鏡に写すように真似るという意味で、『ミラリング』と言います。

(2)モニタリング:音を拾って返してみましょう

「ぶー」「あー」「うにゃうにゃ」など、赤ちゃんがご機嫌なときに発する声はとてもかわいいものです。

大人にとっては何の意味もない声かもしれませんが、赤ちゃんは何かをママに伝えたいというときも。

赤ちゃんがおしゃべりしてくれているときは、声を真似して返してあげてみてください。

赤ちゃんは“音を出す”と、“ママから同じ音が返ってくる”ことをしだいに楽しむようになり、お話しをする楽しさを少しずつ知るようになってくるそう。

この動作のことを、音を拾いそれを返すという意味で『モニタリング』と言います。

(3)パラレルトーク:平行して気持ちを代弁してあげましょう

ごはんを一緒に食べて赤ちゃんがにっこり微笑んだら、「おいしいね」と言い、熱いものに触ってしまったら、「アチチだったね」など、まだお話しできない赤ちゃんの気持ちを代弁してあげましょう。

たとえば、頭をぶつけて「大丈夫、痛くないね!」と励ますのではなく、「痛いね」と、子どもの気持ちを声に出してあげること。

このように、子どもと並行して気持ちを言葉にすることを『パラレルトーク』と言います。

ママやパパは自分の気持ちを一番に理解してくれているという安心感は、子どもの一生を支える宝物になるそう!

(4)セルフトーク:自分の行動を口に出して聞かせてあげましょう

おむつを替えるときに、「あれ、おむつどこいったかな?」と子どもに話しかけ、子どもがお話ししているママに注目し始めたら、「おむつを探しているんだよ」とにっこり。

そして、「あった! さあ、きれいにしようね」と語りかけながらおむつを替える……。

このように、ママ自身の行動を口に出して言うことを『セルフトーク』と言います。

まだ小さな赤ちゃんのころには反応がなくても、繰り返し行うことによって、赤ちゃんは次第に「おむつ」や「探す」といったことばの意味を知るようになってきます。


親子で楽しい時間を過ごして、よりよいコミュニケーションを取っていくことが、ことばを育てる助けになります。

焦らずゆっくり、“ことばを育てる特別な時間”を楽しめるといいですね。

【参考文献】
・『ことばが伸びるじょうずな子育て』中川信子・著

●ライター/なかやまあぽろ(ママライター)
●モデル/神山みき(れんくん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする