いびきには即対策を!? 感染症予防のために免疫力をアップさせる方法3つ

こんにちは。息子の運動会で成長を感じ、うっかりハイテンションな曲で涙しかけたフリーママライターの横山かおりです。

秋のイベントが一段落し、一息ついたころにやってくる感染症拡大の季節。

予防接種をすれば、もし感染しても重症化は避けられると言われています。とはいえ感染したくはないですよね。

そこで今回は感染症にかかりにくくするために、いまのうちからできる免疫力アップの方法を、都内勤務の30代女性保健士さんに聞いてきましたのでご紹介します。

161028yokoyama

(1)睡眠をしっかりとる

『免疫力をあげるためにとても大切なのは、規則正しい生活を送るということ。中でも睡眠をしっかりとることは基本。免疫細胞を活性化してくれます』

質の良い睡眠をとるためには、下記に気をつけましょうとのことです。

・寝る2時間前には食べない
・過度なアルコールを避ける
・22時〜2時の間には寝る
・いびきをかかない工夫をする

『いびきをかくと睡眠中、酸素を体内にしっかりと取り込むことができなくなります。すると脳が酸欠状態となり免疫力低下などの不具合を起こすことも。寝るときの姿勢や枕を変えてみるのもオススメです』

なんといびきをかくと免疫力低下につながるとのこと!

いびきをかくパパ、多いのではないでしょうか? 家族で免疫力を高めるために、何かしら対策を考えたいですね。

(2)ストレスをためない

『ストレスをためると免疫細胞の活性が弱まります。自分なりのストレス解消方法をみつけ、翌日などに持ち越さないようにしましょう』

ストレスをためない、というのは育児中の人にはなかなか難しい課題。でも自分だけのストレス解消方法を見つけるということはすごく大事。

イライラは家族にも嫌な空気をもたらします。家族で免疫力をあげるために、ストレス解消して自分にも優しくしてあげましょう!

無理にでも笑顔をつくっていると、不思議とだんだん楽しい気分になってきますよ。

(3)ビタミンC、多糖類、乳酸菌をとる

『ビタミンCが多く含まれている食品をとると、免疫細胞が活性化することがわかっています。また食物繊維の一種である多糖類を含む食品もオススメです。多糖類はきのこなどに多く含まれています。

納豆、ヨーグルト、ぬか漬けなどの乳酸菌が含まれているものも免疫細胞が活性化します。最近ではインフルエンザにかかりにくくなるヨーグルトなども販売されており、注目をあびていますね』

やはりある栄養素を含む食品を多く摂るということが大切とのこと。

バランスよくいろいろなものを食べたいですが、これからの季節は上記のものを積極的に取り入れたいですね。


感染症にかからないためには人混みを避けたり、湿度を調節したりすることが大切ですが、自分の免疫力を高めるということもとても大切。

いまのうちからできることをして、これからの感染症拡大の季節に備えたいですね。

●ライター/横山かおり(ママライター、元モデル)
●モデル/神山みき(れんくん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする