7割の事故が家の中! ヒヤリハットの実例から学ぶ安心育児の7か条

こんにちは、子育て研究所代表の佐藤理香です。

筆者には2人の子どもがいます。下の子は2歳なので、まだまだ手がかかる時期です。上の子と比べると、ヒヤッとすることも多く、油断大敵だなと日々感じるところです。

今回は、実際に起きたヒヤッとした出来事をもとに、特に1~2歳の低年齢の子どもを安心して育てるための7か条をお伝えします。

161020satourika

乳幼児で一番事故が多いのは1歳男児!

東京消防庁のデータによると、2010年から5年間で約45,000人弱の乳幼児が救急搬送されました。

一番事故が多いのは、1歳の男の子で断トツ。次に多いのが、2歳の男の子、1歳の女の子と続きます。

さらに、事故の7割は住宅の中で発生していることがわかりました。

「子どもがチョロチョロ動くから、外より自宅のほうが安心ね」と思って油断していると、大変な事態になりかねません。

次のヒヤッとした実際の事例を見てみましょう。

実際にあったヒヤッとした出来事

事例1

台所で子どもが包丁を握っていたので、とっさに大声で叫んだら、驚いて床に包丁を落とした

→包丁が刺さって大出血するなど、大事故につながりかねません!

事例2

ドアのちょうつがいのすき間に指を挟み、人差し指を骨折した

→力具合によっては、骨折どころか切断する可能性があります!

事例3

ペットボトルで遊ばせていたら、ふたをのどにつまらせていた

→窒息につながる恐れがあり、大変危険です!

事例4

自転車に子どもを乗せたまま離れ、戻ると、自転車ごと倒れていた

→頭を強く打つなどすると死亡事故になりかねないです!


いずれも、「ちょっと目を離したすきに……」「子どもが喜んでるから少しくらいなら……」という瞬間に起こります。

1~2歳になると、だんだんと大人が言っていることがわかるようになります。

「これに触るとイタイイタイになるよ」「これは熱いからね」と、危険なこと、してはいけないことを教えていくとよいでしょう。

「何度言ってもわかんないのよね!」とヤキモキしたくなる気持ちは十分わかりますが、子どもは一度でわかるほど成熟してはいません。

根気強く、何度も丁寧に教える覚悟で臨むとイライラも軽減されると思います。

安心育児の7か条

最後に、新宿区保健センターが発行している『事故を防いでのびのび育児』を参考に、安心して育児をするための7か条をお伝えします。

(1)「だめ! 危ない!」という前に、予防を。
(2)子どもが静かなときこそ要注意。
(3)「まだまだできない」と油断は禁物。子どもは、いつできるようになるかわかりません。
(4)「何度も言ったからわかっているはず」ということはありません。
(5)二度ある事故は三度ある。
(6)家の中は整理整頓。床から1m以下に危険な物は置かない。
(7)よその家、慣れない場所では要注意。

ちょっとした工夫で事故を未然に防ぐことができますので、ぜひやってみてくださいね。

【参考リンク】
乳幼児の事故を防ごう~「救急搬送データからみる乳幼児の事故」の情報提供について~ | 東京消防庁(PDF)

【参考文献】
・『子どもの事故を減らすために』(リーフレット)東京消防庁・発行
・『事故を防いでのびのび育児』(リーフレット)新宿区保健センター・発行

●ライター/佐藤理香((株)子育て研究所代表)
●モデル/神山みき(れんくん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする