私がダメな母親だから? “パパっ子”な子どもを持つママへのアドバイス

こんにちは、こじらせ美容オタク家のともです。

2016年9月23日のブログで第3子妊娠中の歌手のhitomiさんが『完全、パパっ子、、?!』というタイトルの記事をブログに投稿しました。

現在臨月であるhitomiさんは何かと動きが鈍くなりがちなようで、お子さん(息子)はそんなママを「おかしい、あまり相手にしてくれない」と感じてしまった様子。

そしてなんと旦那さんのことを“ママ”と呼び始めてしまったとのこと。ブログには旦那さんとお子さんが仲良さそうに手をつないでいる写真が掲載されています。

そんなお子さんに対してhitomiさんは、「ちょっぴり寂しい」という心境を綴っています。

このエピソードのように、子どもがママよりも“パパっ子”になってしまうというのは結構あるあるです。

今回は、子どもがパパっ子になってしまっているママたちにインタビューをしてきました!

161018tomo

ママっ子な子どもを持つママはパパっ子がうらやましい

『私が毎日ご飯やらトイレやらずーっと一緒に世話をしているのに。旦那が帰ってくると、「パパ〜」と駆け寄っていき、私には目もくれなくなる。私はただのベビーシッターか!』(20代女性/在宅勤務)

『ウチはママにべったり派。パパが抱っこするとギャン泣きするので、ほとほと困る。パパもわが子に嫌われていると思って悲しそうだし、誰にも預けることができない。正直休みたい。ママよりパパが好きな他のママ友がうらやましい』(20代女性/専業主婦)

人はつい“ない物ねだり”をしてしまいます。毎日毎日乳幼児と一緒で「たまにはゆっくりしたい〜」と思ってもその子どもが“ママしか絶対にダメ”、“ママがいなくなるとすぐ泣く子”だったらどうでしょう?

全然抱っこをさせてくれないわが子にパパの愛情が冷めてきてしまうこともあります。また、いつでもどこでも子どもと一緒でなければ出かけられないという状態になってしまいます。

最悪、ギャン泣きするわが子を預けて外で遊ぶこともできますが、やっぱり気になってリラックスすることはできませんよね。

いつもいつも、「子どもが待っているから早く帰らなきゃ」と焦っていては息抜きをする意味がありません。その点、パパっ子な子どもは楽。

しんどいときはパパに子どもを預けてゆっくりできるし、パパだって短い時間しか会えないから子どもとの時間を大切にしてくれます。

パパ好きであることって当たり前?

『親はバランスが大事。ママはいつも一緒にいるからどうしても叱ることが多くなりがち。だからこそ、パパに優しくされると子どもも救われる』(20代女性/会社員)

ママは子どもとずっと一緒にいるので、どうしても叱ることが多くなりがちです。

子どもはまだ経験が足りないので、危ないことをたくさんしますが、そのたびに叱っていけないことだと学習させなければならないからです。

だからこそ、子どもにとってパパは癒しの存在になります。そしてパパも優しく遊んであげることが大切。そうやって子どもの心のバランスを調整するのです。

そのため、子どもはいつも厳しいママよりも優しいパパのことが好きになります。

叱るのはわが子を思ってこそですが、小さい子どもにはそれがまだ分かりません。

親の心情を理解できるくらい大きくなるまでは、ママは叱る役、パパはそれを慰める役という役割分担で大丈夫です。

二人とも叱る役では子どもの心が休まる場がありませんからね。

また、とくに男の子の場合はママよりもパパのほうが嗜好が似ていて体力もあるので、男の子がパパ好きになるのはある意味当然と言えるでしょう。決してママが悪いワケではないのです。

子どもの“好き”は成長に伴って変わる

『長男は赤ちゃんのころはすごくママ好きだったのに、今はかなりのパパっ子。逆に長女は赤ちゃんのころパパっ子だったのに、なぜか今はママっ子になった。子どもはよくわかりません』(30代女性/パート)

『パパ好きだったわが子。小学生になって、気を使えるようになったのか「どっちも好き!」って言ってくれる』(30代女性/歯科助手)

子どもってすごく気まぐれだったりします。ママの機嫌が悪ければ「パパのほうが好き」って言いだすこともあるし、パパの機嫌が悪ければ今度は「ママが好き」って言いだすこともあります。

とくに年齢が大きくなるにつれその傾向は強くなっていきます。つまり、今はパパっ子な子どもでも「絶対にパパの方が好き!」という気持ちではないのです。

小さいうちにパパっ子だった子どもでも、大きくなるにつれママっ子に変わるケースもたくさんあります。今パパっ子だからといって深刻に悩む必要はありません

hitomiさんの場合も、たまたまお腹が大きくてあまり子どもの相手ができなかったためにパパっ子になってしまっただけですよね。

だから「自分になつかないなんて、私はダメな母親?」と悩む必要は全くないのです。

●ライター/とも(こじらせ美容オタク家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする