選ぶポイントを整理! パートで働くママは幼稚園と保育園どちらが安心か

【ママからのご相談】
パートタイムで仕事をしていて、2歳の子どもを無認可の小規模保育施設に預けています。

来年度からの子どもの預け先を、預かり保育のある幼稚園にしようかと悩んでいます。認可の保育園には毎年落ちています。

けれど近所の無認可園は、どこも2歳クラスまでしか入れられないのです。

認可でも3歳クラスからは入りやすいと聞いていますが、それでも毎年待機の子は出ています。

もし認可に賭けて落ちてしまったら、仕事を辞めなければなりません。最初から幼稚園を選んでおくほうが安全でしょうか。

a 優先順位を明確にして判断を!

こんにちは、ライターの佐原チハルです。

「保育園に入れなかったら、仕事が続けられなくなってしまう……」。

そんな中、それぞれ一長一短ある幼稚園か保育園かで迷われるお気持ち、とてもわかります。

次の年度に保育園に入れるか否かは、結果が出るまでわかりません。

不安は大きいですが、申請期限の迫る私たちにできるのは、必要な条件を洗い出し、優先順位をつけて決めていくことだけです。

※今回は「優先順位の考え方」の話です。「子どもにとって安全な環境である」というのは、順位のつけられない大前提。そのため、今回はそこには触れていません。

161012saharachiharu

優先順位を考える際のポイント

幼稚園と保育園の違いである“教育か保育か”には大きな差があります。

しかし実際は、どうしても“保護者である私たちの都合との折り合いがつくか否か”で選ぶ面が強くなりますよね。

優先順位を考える際には、

(1)金額
(2)預かって欲しい時間

の2点がやはり大きいことと思います。これらの事情は、自治体や園によって大きな違いが出てきます。

幼稚園利用家庭に多額の補助を行うことで、保育園利用とほぼ変わらない金額で幼稚園に通える自治体もありますね。

預かり時間に関しては、預かり保育のある幼稚園でも、長期休暇の預かりのない園、年間契約すればかなりの割安になるプランのある園などさまざまです。詳細なチェックが必要です。

また、優先順位としては高くはないでしょうが、

(3)通わせたい習い事はあるか?

も考慮してみてもよいかもしれません。

筆者の知人に、「土日で習い事をさせたい」と考えていた“保育園ママ”がいました。

しかし、夕方まで預かり保育があり、希望の習い事と同じ科目を持っている幼稚園が近所にあることがわかり、今では“幼稚園ママ”になっています。

保育園と別に習い事をするよりも割安で、学べる時間も確保しやすかったそう。一考の価値はありそうです。

情報収集時のポイント

保育園と比べると、幼稚園の方が保護者に求められる“参加度合い”が高いと言われています。そのため幼稚園の見学の際には、

・役員会の有無をはじめとした保護者参加の量
・お弁当の頻度(給食の場合、アレルギー対策はあるか)
・慣らし保育の長さと、預かり保育開始時期

などは、特にしっかり確認しておきたいところです。

“育休がない”場合の注意事項

“子ども・子育て支援新制度”に移行して以来、保育支援を受けられる幅はたしかに広がりました。

パートタイマーでも保育園に預けやすくなったとされていますし、育休中の継続保育が利用できるようにもなりました。

けれど育休がとれないような形態での働き方ですと、そもそも点数が低く保育園に“落ちやすい”だけでなく、産休明けすぐに復職できない場合、結局上の子は保育園を退園させられてしまうことがあります。

埼玉県所沢市では、育休中であっても上の子を退園させるべきとの見解が出されたことがあり、ニュースにもなりました。

しかし、幼稚園なら安心とも言い切れません。

幼稚園がもし“認定子ども園”に移行してしまえば、夕方までの“預かり保育”は、保育園と同様の基準で自治体に審査され、認定される形になります。

退園させられてしまうことはありませんが、「保育園では預かってもらえないから幼稚園を選んだ」のに、復職しようとしても結局夕方までの預かりが利用できなくなってしまうという可能性があるのです。

情報収集の際には、そうした不安についても確認できるよう準備をしておきたいですね。

幼稚園の先生をしている知人から、こんな言葉をもらったことがあります。

『保護者さんに無理がないこと、保護者さんの生活の都合に合っていることが大切。とにかく無理がないのが一番。保護者さんが安心して育児に向かい合える環境であることが、結局は子どものためにも一番』

正規雇用ではない働き方ですと、「不利な制度設計になっている」と感じられることも多々あるかと思います。

そうした理不尽への声もあげつつ、ともかくは目の前の期限に向け、できることをひとつずつしていきましょうね。

【参考リンク】
子ども・子育て支援新制度 | 内閣府
保育の必要性の認定について | 内閣府(PDF)

●ライター/佐原チハル(フリーライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする