5歳以下は要注意!? ヒジが抜ける“小児肘内障”の原因と対処法

こんにちは、ライターの齋藤惠です。

子どもは成長するにつれて、ますますその行動の予測がしづらくなります。時には元気すぎるあまりに危険な行動をとってしまい、ヒヤッとする場面も出てくることでしょう。

そんなとき、大人はつい子どもの手を強く引いたり、無理に抱きかかえたりしたくなるものですが、その衝動的な対応が子どもの病気の原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

161010saitoumegumi

小児肘内障のサインと原因

子どもの手を強く引いたときや全身運動をしているときなどに、ひじの関節の靭帯がずれてしまうことがあります。

この状態を「ひじが抜けた」と表現し、病名として『肘内障』と呼ばれています。

5歳以下くらいの靭帯が未発達の乳幼児に起こりやすい病気です。

具体的には、次のような症状があれば肘内障の疑いがあります。

・突然大泣きする
・手を動かそうとしない、さわると痛がって泣く
・手がぶらんと下がる

幼児たちは、自分の体にどれくらい負荷をかけるとケガにつながるのかが理解できません。

遊具で遊んでいるときや、友達とじゃれ合っているときなど、気力だけに任せていると思わぬときにひじが抜けてしまうことがあります。

また、パパとママが子どもの手をつかんでぶら下げるように持ち上げる遊びも、肘内障の原因になる可能性が高いので気をつけましょう。

好奇心旺盛な時期だけに、子どもと遊ぶときには本人が喜ぶかどうかに加えて、「安全な遊びか?」ということも常々親が考えてあげることが大切です。

治療とホームケアの方法

肘内障は時間が経つほど治しにくくなる病気です。発覚したらすぐに整形外科を受診してください。

夜間であっても、子どもが泣き止まなかったり痛みが強かったりといったときには躊躇せずに救急外来で診てもらいましょう。

治療を受けた後も、しばらくの間は外出を控え、子どもの安静を心がけて様子を観察していてください。

くれぐれも子どもに我慢をさせたり、独自の処置で様子を見たりということはないようにしましょう。

体の発達にとって重要な時期に適当な処置をしてしまっては、将来的に大きな病気や障害につながる恐れもあります。

早めに専門家の指示を仰ぐことを最優先に考えてあげてください。

日常にリスクあり! 原因を見逃さないで!

肘内障は何度も繰り返し起こしやすいと言われています。普段から意識して幼児の手を強く引っ張ったり、無理な体勢をさせたりしないようにしてください。

やむを得ず引っ張らなければいけないときには、ひじから上を持つようにしましょう。

また、6歳をすぎると靭帯も十分に発達してきて、肘内障の心配も減ってきます。それまでは子どもの遊びなどを特に注視して、肘内障になりそうな行動をしていないかよく見ていてあげてください。

【参考文献】
・『はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア』渋谷紀子・著、監修

●ライター/齋藤惠(金融コンシェルジュ)
●モデル/KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする