ゲス川谷絵音、ついに活動自粛! ネット上は「遅すぎ」「引退でいい」「やっと両成敗」と呆れる声

2016年10月3日、ロックバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音さんの所属事務所が、川谷さんの所属する『ゲスの極み乙女。』と『indigo la End』について、12月3日をもって活動自粛することを報道各社にFAXで発表しました。

川谷さんが交際中のタレント・ほのかりんさんの未成年飲酒の事実を受けての判断となったようです。

『スポーツ報知』によると、川谷さんは10月3日、大阪で行われていた『indigo la End』のライブイベントに出演。

アンコールの冒頭でファンに向かい、『知っての通り、ファンやメンバーのみんなに多大なる迷惑をかけた。しばらく活動を休止しようと思います』と告げたとのこと。

川谷さんは「僕が悪い」とファンに向けて何度も謝罪したということです。

タレント・ベッキーさんとの不倫騒動のときには通常営業を続けていた川谷さんですが、今回ばかりは未成年者に飲酒させたということもあり、事態を重く受け止めての休業宣言となりました。

また、12月7日にCDリリースを予定していた『ゲスの極み乙女。』の3rdフルアルバム『達磨林檎』についても、発売を一旦中止するとのことです。

出典:enon kawatani(@indigolaEnd)(Twitter)

出典:enon kawatani(@indigolaEnd)(Twitter)

川谷さんの活動自粛にネット上では「遅すぎ」「解散して」と呆れる声

川谷さんの活動自粛宣言を受け、ネット上では、

『永遠に活動中止してください』

『ついに休業か!遅すぎ!』

『他のメンバーはかわいそうだけど、誰も川谷の行動を咎めたり止めたりすることができなかったんだから仕方ない』

『一旦中止じゃなくて引退でいい』

『さんざん調子に乗った結果がこれか』

『法律違反なんだから当然の結果。メンバーは気の毒だけど』

『不倫のときに何らかの処分をしておけばよかったのに』

『やっとですか。調子に乗り過ぎ』

『今さらって感じ。自粛とかじゃなくてクビでいいと思う』

『自業自得。むしろ遅すぎた』

『永遠に帰ってこなくていいよ。解散して!』

『メンバーや周りに迷惑かけすぎ。さすがにファンももうついていけないんじゃない?』

『本来なら、ベッキーの時点で活動休止でしょ』

『これでやっと両成敗』

『音楽について語る割にやってることがプロ意識ゼロ』

『もう解散しなよ。他のメンバーのためにもそのほうがいいと思う』

『永久自粛でお願いします』

など、「今さら」「もっと早く活動休止するべきだった」という声が多くあがっていました。

ベッキーさんとの不倫騒動でさんざん世間からバッシングを受けたものの、音楽活動を続けていた川谷さん。

批判を受けながらも、自身のSNSで音楽に対する思いやファンへの思いを度々投稿していましたが、それらの思いが本当に強かったのであれば、未成年者に飲酒させるという今回のような軽率な行動は取らなかったのではないかと思います。

川谷さんの音楽を純粋に愛し応援していたファンをも、今回の件で完全に裏切ってしまったと言えるでしょう。

この先、川谷さんの音楽活動はどのようになっていくのでしょうか……。

【画像出典元】
・enon kawatani(@indigolaEnd)(Twitter)/https://twitter.com/indigolaEnd/status/780057187993300992?lang=ja

(文/パピマミ編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする