ブスだから!? いい歳して独身なわが子に「結婚しろ」と言えない親の本音

日本では年々晩婚化が進んでおり、2020年には今よりも男女平均で1歳ほど結婚年齢が上がると見られています。

ライフスタイルや価値観の多様化、女性の社会進出から経済不安の拡大まで、その原因はさまざまですが、今では30歳前後で結婚することが当たり前となっています。

そのため、30歳に差し掛かると独身であれば親から「あんた、いつ結婚すんの?」としきり聞かれることも多いですよね。

そんなやり取りの中で、仕方ないな、と結婚に向けて本腰を入れる人も少なからずいるはずです。

しかし近年、いい歳して全く結婚の気配を感じさせない自分の子どもに、「早く結婚したら?」と言えない親が増えてきていると言います。

どういうことなのでしょうか。今回は、いい歳して独身なわが子に「結婚しろ」と言えない親の心理についてお話ししていきます。

portrait-outdoor-woman-woman-portrait-large

(1)実家を出てほしくない

『うちの娘はもう30歳になるんだけど、全く結婚する気配がありません。それどころか彼氏の一人も連れてきたことがないので心配です。

でも、正直娘とは友達のような関係で一緒にいて楽しいし、実家を出て行ってほしくないのです。結婚したら離れていってしまうのが寂しくて、あえて結婚の話題は出さないようにしています』(50代女性/30歳娘のママ)

『長男が今年で35歳になります。本当にいい子で、優しい自慢の息子です。でもなぜかモテません。このまま結婚できないのではと不安になりますが、私たちの介護のためにも結婚して実家を出てほしくないという気持ちもあります。今はこのままでもいいかな、って思っています』(60代女性/35歳息子のママ)

最近は“ピーナッツ親子”、“友達親子”という言葉が生まれるくらい、親と子の関係が近くなってきていますよね。

町中でもよく母娘でショッピングしている人たちを見かけます。

自分の子どもが結婚適齢期、つまりは30歳くらいになったころには、親のほうも仕事や育児が一段落しているため、自分の時間に余裕があります。

そうなると、旅行やショッピングなど、これまで自由な時間がなくてできなかったことに興味を見出すようになります。そのパートナーとして手頃で最適なのが、自分の娘というわけです。

また、息子を持っている人の場合は、仕事も育児も終えたために自分の生き甲斐を見出せない母親が、自分の存在意義を保つためにあえて実家に引き止めているというケースもあります。

さらに実家に引き止めるもう一つの理由として、夫婦関係の冷え込みが挙げられます。

熟年離婚寸前の夫婦が、二人をつなぐ唯一の存在である子どもを実家に引き止めておくことで、自分たちの関係も保っている……というパターンです。

こういった“実家から出てほしくない”系の親は、無意識のうちに自分の子どもから結婚を遠ざけるように働きかけるため、子どものほうもなかなか結婚のほうに意識が向きません

(2)良好な関係を崩したくない

『娘とは昔から友達のような関係を築いてきました。なんでも話せる仲だし、親友みたいな存在です。でも、唯一結婚の話を出すときだけ不機嫌になります。娘との良好な関係をなるべく崩したくないので、結婚の話題を避けています』(50代女性/31歳娘のママ)

『長男と長女はもう結婚して家を出ているのですが、末っ子の息子だけはいまだに未婚で実家です。派遣労働で収入が低く、相手を見つけづらいのだとは思いますが、正直早く結婚してほしいです。でも結婚の話をすると息子は別人のように怒り狂うので、怖くて言いだせません』(60代女性/32歳息子のママ)

30歳を越えると、子どものほうも「結婚」というキーワードに敏感になっています。

本人も「早く結婚したい」とは思っているのですが、それを親に指摘されると不機嫌になったり反発したりしてしまいます。深く自覚している人ほどそういう態度を取ってしまうのです。

これまで良好な関係を築いてきた親にしてみれば、そういう態度を取られたことにショックを感じます。

本当は早く結婚してほしいけど、関係が崩れそうだから言いだせない……そんなジレンマに苦しんでいる親は少なくないようです。

(3)ブサイクに産んだから

『あまり人には言えない話なんですが、うちの娘は客観的に見てかなりブサイクなようです。親にとってはかわいい限りなんですが、本人からは何回も「なんでこんなブスに産んだの!?」の叱られています……ブサイクに産んだのは私だし、結婚しろなんて言いだせません』(50代女性/28歳女性)

変わり種ですが、こういった意見もありました。これは結構切実なエピソードですね……。

でも、人生は与えられたカードで勝負するしかありません。なんでこんな弱い手札なんだ……と嘆いていても一生勝負には勝てないからです。

しかもブサイクに産んだのも、産まれたのも、誰の責任でもありません。親がそれで負い目を感じる必要はないはずです。

おそらく娘をこのまま腫れ物を扱うように接し続けると事態は何一つ進展しないので、思い切って声をかけてみるのもアリなのではないでしょうか。

当然反発があると思いますが、そこから話し合いの中で発展することもあるでしょう。


いかがでしたか?

子どもに「結婚しろ」と言えない理由には、さまざまなものがあるようです。

もちろん、結婚だけが人生の幸せではありませんから、結婚について触れずに付き合っていくのも一つの正解だと思います。

しかし、腹の中にある思いをぐっと堪えて付き合い続けているのなら、それは関係を見直した方がいいかもしれません。

あなたのそんな態度が、子どもの晩婚化をますます促してしまっているのかもしれないのです。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする