骨盤・黒豆・炭水化物も!? 実は効果がない“でたらめ”ダイエット法4つ

「痩せたい」と思ったことのない女性はあまりいないでしょう。そんな人はおそらく、生まれたときから“全然太らない”という奇跡体型の持ち主か、あるいは「別に男にモテなくていい」と完全に割り切っているタフ(野性味とも言える)な女性であるはずです。

食糧過多でいつでもおいしいものが食べられるこの時代において、全く体重管理に気を遣わないというのは、そのぐらい難しいことなのです。

そんな悲しき現代女性たちを狙って、市場ではさまざまなダイエット商品が販売されています。

「食べるだけで痩せる食材!」「一日5分で激やせ!」などなど、魔法のような効果を謳っているものも少なくありません。

冷静に考えれば、「そんなもん嘘に決まってるでしょ! ナメんな!」とブチ切れるところですが、人というのは間違いを犯す生き物です。

このコラムを読んでいる方の中にも、そういった商品に手を出してしまった人はいるでしょう。

巷には間違ったダイエット方法というのが溢れています。食糧過多の影響で、ダイエット過多になってしまっている女性たちを、カモにしているのです。

そこで今回は、「ダイエットに効果的!」と言われているけど、実はあまり効果がないというダイエット方法についてご紹介したいと思います!

このコラムでムダな努力をする女性が減ることを祈っています。

bis151026143926_tp_v

(1)骨盤ダイエット

よくテレビなどで、骨盤ダイエットというものを見かけますね。

寝ながら骨盤を矯正して脂肪の蓄積を防ぎます! 芸能界では○○さんもやってます! 1分でできる骨盤ダイエット!

そんな感じのやつです。実はこれ、あまり意味がないのだそうです。産後などの骨盤が開いているときにはたしかに効果的らしいのですが、普段実践する分にはあまり骨盤は引き締まらないようです。

やり続けることで血流を良くすることはできるようですが、それも基礎代謝が上がるまではいかない程度のものだそうです。

(2)黒豆ダイエット

これも有名なダイエット方法ですね。黒豆ダイエットには必ず『アントシアニン』という言葉が出てきます。

マライアキャリーはこのアントシアニンを使ったダイエットで痩せたそうです。それを見た日本の女性たちも、「アントシアニン! アントシアニン!」と声を揃えて摂取するようになりました。

しかし、実はこのアントシアニン、ダイエット効果はあまりないんです。アントシアニンには抗酸化作用が含まれており、肌の老化や動脈硬化を防ぐ効果があります。

体を健康に保つための効果はありますが、脂肪を燃焼させたり代謝を上げたりといった効果はありません。つまり、“アントシアニン=痩せる”という簡単な図式にはならないということです。

結論としては、黒豆は摂取すると健康になれるが、痩せる効果はあまりない、ということになります。“黒豆ダイエット”を実践中の皆さん、他のダイエット法に変えてみてはいかがでしょうか。

(3)炭水化物抜きダイエット

炭水化物抜きダイエットも要注意です。

これはもともとアメリカから持ち込まれたダイエット法ですが、日本でも大きなブームとなりました。

しかし、知っておかなければいけないのは、日本とアメリカの食文化事情

発祥国のアメリカでは、炭水化物というとフライドポテトやハンバーガー、甘いパンケーキなどの高カロリー食材を思い浮かべます。

実際、彼らはこれらの食材を多く摂取するため、それを制限することで痩せられた人が続出したということです。

一方、日本で炭水化物抜きダイエットのターゲットとなっているのは、“お米”。日本人は主食がお米ですから、これを制限すれば痩せられる! という風になってしまったのです。

結果、たしかにお米を抜いたことで多くの人はダイエットに成功しました。しかし、これはあくまでも一時的なものに過ぎません。

お米を抜いて痩せられるのは、グリコーゲンの減少とそれに結合している水分量の低下が原因です。

しかし、これは同時に筋肉量も減少するということであり、筋肉量が少なくなるとカロリーを消費しづらい体になってしまいます。

つまり、炭水化物抜きダイエットは、“一時的に体重を落として太りやすい体を作る”ための準備なのです。

こうなるとリバウンドが怖いです。ダイエット経験者ならリバウンドの恐ろしさを知っていることと思いますから、炭水化物抜きダイエットは辞めたほうがいいでしょう。

(4)“部分やせ”ダイエット

“部分やせ”という言葉、結構聞きますよね。

鏡を見たとき、なんか太ももだけ太い……なんかお腹だけたるんでる……と感じることがあるでしょう。そんなときには、こう思うものです。「ここだけ痩せないかな〜」。

そんな女性の夢を叶えるために生まれたのが“部分やせ”という概念。全体的に痩せるのではなく、一か所に絞って痩せさせるというものです。

「部分やせ」というキーワードで検索すると多くのノウハウ系記事が出てきます。それを見て実践してる人もいるのではないでしょうか?

しかし、これは結論から言うと不可能だそうです。

山口大学が“部分やせ”について検証しており、『都合よくやせたい部分だけの脂肪を減らすことは不可能である』と結論づけています。

ただ、一部分の脂肪を減らすことは不可能でも、一部分の筋肉を鍛えることで引き締めることは可能だそうです。

脂肪を減らすことと筋肉を鍛えることは別問題なので、本質的な改善にはなりませんが……。


いかがでしたか?

上に挙げたダイエット法を実践している方は、これを機に他のダイエット法に変えた方がいいかもしれません。

この他にも効果のないダイエット法というのは山ほどあります。私たちは新しいダイエット法を見かけたとき、それらの“ウソ”ダイエットを見抜く力をつけておく必要があります。

ダイエットしたい! という気持ちはステキなものだと思います。その気持ちがムダな努力に変わってしまわないよう、注意してダイエットするようにしたいですね。

【参考リンク】
「部分やせ」を大検証 | 保健管理センター(山口大学)

●文/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする