無期懲役じゃ足りナイ? 日弁連の“死刑廃止宣言”に関する意識調査

日本弁護士連合会が「2020年までに死刑制度の廃止を目指す」と宣言する準備を進めていることが報じられ、議論を呼んでいます。

世界的に見ると死刑制度を廃止する国が増えつつあるものの、日本では死刑を「やむを得ない」と考える人が多数を占めるなど、死刑制度廃止のハードルは高いと言えるでしょう。

えん罪の問題がある以上、取り返しのつかないことになるという主張は分かるものの、遺族感情を無視することもできません。

そこで、パピマミ読者のみなさまに「日弁連の“死刑廃止宣言”についてどう思いますか?」というアンケートを実施しましたので、その結果を見てみたいと思います。

160920ranking

日弁連の“死刑廃止宣言”についてどう思いますか?

・1位:犯罪抑止力のために死刑制度は残しておくべき……38%(96人)
・2位:被害者や遺族のために死刑制度は残しておくべき……37%(93人)
・3位:死刑制度を廃止する代わりに、終身刑を導入すべき……20%(50人)
・4位:どちらともいえない……2%(6人)
・5位:えん罪防止のために死刑は廃止すべき……2%(4人)
・6位:犯罪者の人権のために死刑は廃止すべき……0%(1人)

※有効回答者数:250人/集計期間:2016年9月15日〜2016年9月18日(パピマミ調べ)

犯罪抑止力のため「残すべき」とする人が多数

『どれだけ悪いことをしても自分の身が守られるのであれば、捕まること覚悟で犯罪に手を染める人が出てくると思う』(30代男性/営業職)

『死刑があることで犯罪を思いとどまる人は絶対にいる。それをなくすというのは、犯罪を助長することに他ならないと思います』(20代女性/大学生)

犯罪を行った者に対して定められている刑罰ですが、これは犯罪行為に対する報いという意味のほか、犯罪を行おうとする者を威嚇する意味も持ちます。

刑罰が厳しいものであればあるほど、人に対して恐怖心を与えることができ、それが犯罪の抑止力として機能するのです。

死刑制度は犯罪者の命を絶つ最も重い刑罰であり、これによって犯罪を踏みとどまる人もいるでしょう。

しかし、死刑制度に犯罪抑止力があるというはっきりとした根拠はなく、自殺志願者などが死刑を望んで凶悪犯罪を起こすことがあるなど、むしろ誘発性すら持つことも考えられます。

一概に抑止力になるとは言えない部分もあるのではないでしょうか。

被害者感情に配慮すべきとの意見も

『家族が犯罪に巻き込まれたら復讐したいと思うけど、それは許されない。それなら国がきちんと報復すべき。そうじゃなければ復讐のための犯罪が増えることになる』(40代男性/不動産)

『身内を傷つけた犯罪者がどこかで生きているというのは耐えられないでしょう。少なくとも私はこの世からいなくなることを望むと思います』(30代女性/主婦)

犯罪者に対する報復行為は許されておらず、被害者やその遺族の怒り・悲しみを解消させるためには、死刑という極刑が必要なこともあるかもしれません。

受けた被害と同じか、もしくはそれ以上の苦しみを犯罪者に与えてほしいと考えるのもおかしなことではありません。

しかし、死刑を存続させればそれで被害者が救われるのかは疑問です。

実際の運用では死刑が確定してから執行されるまで時間を要することが多く、長ければ数十年を拘置所で過ごす死刑囚が存在するなど運用上の問題もあると言えます。

復讐が被害者感情を癒すとするのも、果たして正しいことなのでしょうか。

終身刑の導入を求める声が2割

『いまの無期懲役は問題がある。死刑よりも、本当の意味で死ぬまで自由を奪われる終身刑の方がつらいと思います』(20代男性/大学生)

『死んでしまったらそこで終わり。罪を償うというのは、きちんと生きて死ぬまで反省させることではないでしょうか』(30代女性/編集者)

死刑囚は死をもって罪を償うという考えから、懲役囚と比べて普段は自由に過ごすことができると言われています。

また、死刑に次ぐ重罰とされる無期懲役刑ですが、これは仮釈放の制度により十数年で社会に出ることが可能になるものとなっています。

ただしこの仮釈放までの期間は徐々に長くなっており、2000年までは20年ほどであった期間が、2014年では31年へと延びています。

もし死刑制度が廃止されれば、最も重い刑罰は無期懲役となり、どんな犯罪者も社会に出てくることが可能になるのです。

死刑制度を廃止するのであれば、その代わりに仮釈放の可能性を排除した絶対的な終身刑を求めるという声も多い様子。

凶悪犯が世に出てくる可能性を残した刑罰は不十分と考えるのは、当然と言えるのかもしれません。


正解がない以上、被害者感情や犯罪者の人権など、総合的な判断が求められる死刑制度の廃止問題。

死刑制度を残しておくべきとする回答が7割をこえるなど、いまだ死刑存続を望む声は根強いと言えます。

一度は死刑廃止を決めながら再び制度を復活させる国もあるなど、どの国にとっても難しい問題であることに違いはありません。

当事者とならなければ考える機会は少ないとも言えるこの問題を、みなさんはどのように考えますか?

【参考リンク】
【アンケート結果(1位〜6位)】日弁連の“死刑廃止宣言”についてどう思いますか?

●文/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする