別に羨ましくないし! イラッとしたママ友の“夫自慢”4選

ママ友同士の付き合いは楽しいことも多いですが、気を使ったりイラッとしたりすることも少なくないですよね。

そんなママ友との仲がこじれる原因のひとつとなるのが、夫の自慢話。

愚痴ばかりを言われてもゲンナリするものですが、自慢話ばかりされるのも聞いている方としては苦痛です。

また自慢だけにとどまらず、こちらをけなすような発言までされると、友達関係を続けて行くことが困難になります。

今回は20代〜40代のママたちに、イラッとしたママ友の夫自慢について聞いてみました。

160909mamatonomoottojiman

(1)夫の職業自慢

『ご主人が社長で、ことあるごとに「大変なのよ〜」と愚痴ってるフリして自慢してくる。「今度、○○の社長さんが家族で遊びに来るんだけど、準備が大変なのよ〜」とかいう具合に。いつも顔が全然困ってない』(40代女性/専業主婦)

『公務員の夫を持つ友達は、毎回夫の話になると「ウチなんて公務員だから」と前置きしてから話し始める。たとえば、みんなで「アベノミクス効果なんて感じられない」という話をしていたときは、「ウチなんて公務員だから、景気が良くなってもお給料変わらないからな〜」とか、みんなで「残業が多くて嫌になる」という話をしていたときは、「ウチなんて公務員だから、定時で上がって帰ってくるから逆に困っちゃう」とか。「公務員いいな〜」と言ってもらいたいらしい』(30代女性/パート)

夫の肩書き自慢は反感を買いやすいものです。

自分の職業なら「すごいね!」と素直に思えますが、ご主人の職業を自分のことのように自慢されても……と思ってしまうからかもしれません。

(2)夫の優しさ自慢

『うちの旦那がぜんぜん家事を手伝ってくれないという話をしたら、「え〜、信じらんない! 今どきそんな男ダメだって! うちは料理も掃除も全部やってくれるよ〜」と自慢された。羨ましいのと旦那をけなされた悔しさと、「じゃあアンタは何してんの?」という疑問が残った』(20代女性/販売)

『夫婦喧嘩の話をしていたら、「うちの主人は全然怒らない。すごく優しいから喧嘩もしたことない。私だったら、そんなふうに怒ってくる夫とは即離婚しちゃうな」というようなことを言ってきたママ友。さらに、「それってDV夫じゃない? 離婚した方がいいよ!」とまで言ってきて、さすがに腹が立った』(30代女性/事務)

「うちの主人、すごく優しいんだ〜」だけで終わるなら「羨ましい」で済むのですが、その後に自分の夫を批判されるようなことを付け足されるとイラッとしてしまうようですね。

「一言多いよ!」とツッコミたいところです。

(3)夫が「○○買ってくれた」自慢

『「このバッグ、誕生日に買ってもらったんだ〜」「このネックレスは何でもない日にプレゼントしてくれたの!」と、ご主人からもらったブランド品をいちいち報告してくる友人にはイラッとしますね。お金持ち自慢と優しさ自慢を同時にされてる感じ』(40代女性/営業)

確かに、これはお金持ちであることとご主人が優しいということを同時にアピールされているようですね。

聞いている方は「だから何? 私はそんなものいらないし」と思いつつも、羨ましい気持ちでいっぱいになるかもしれません。

(4)夫とのラブラブ自慢

『仲がいいのは微笑ましいし、羨ましいんだけど、けっこう生々しい夫婦生活の話とかされると引く。そういうことを子持ちのママが平気でいろんなママ友の前で話しちゃう神経が私には信じられない』(30代女性/自営業)

度を超したラブラブ自慢は鼻につくどころか「気持ち悪い」と引かれる可能性大ということですね。

「何年たっても手をつないで歩くよ!」くらいにとどめておきましょう……。


あからさまな自慢もイラッとしますが、よく聞くと自慢になっているものもモヤッとしますね。

でも、自分自身も何気なく話したことが相手の受け取り方次第で自慢に聞こえている場合があります。

気をつけたいところですが、あまり気にしすぎても疲れてしまいますし、「お互い様」という気持ちでおおらかに受け流したいところです……。

●文/パピマミ編集部
●モデル/福永桃子

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする