集中して食べて! 1歳の子どもに落ち着いて食事させるコツ3つ

こんにちは! まだまだ厳しい暑さが続く台湾で1歳児を子育て中のママライター、なかやまあぽろです。

1歳のお誕生日を終え、数か月経つと離乳食も完了し、いろいろな食材を親子で楽しめるようになりますね。

外食のバリエーションも増え、外出しやすくなったと感じるママも多いのではないでしょうか。わたしもその一人です。

しかし、食事の楽しみも増えたと同時に、今度は子どもが食事に集中できなくなってきたり、落ち着いて食事をとることが難しくなってくる時期です。

家の中だけでなく、外食先でも走り回ってしまったり、急に大きな声を出したりと、親まで落ち着きをなくしてイライラしてしまうことも。

今回は、大学院の教授のアドバイスを元に、子どもに集中して食事をさせるコツを3つにまとめてみました。

同じ悩みを抱えるママもたくさんいるはず。ぜひ参考にして、わが子に合った対処法が見つかるといいですね!

160916nakayamaaporo2

子どもが楽しく食べられる環境を整えよう

食事中にパパ・ママがテレビやDVDを見ていると、子どもも一緒になってそちらに集中し、いつまでたっても手が進みません。食事中は大人もなるべくテレビ鑑賞はしない習慣にしましょう。

同じ食卓につき、子どもとの会話を楽しんだり、まだお話しができない子どもでも、「おいしいね」「○○ちゃんが好きなお野菜だよ」などと積極的に話しかけてあげたりすることによって、食卓の雰囲気も明るくなります。

また、子どもだけで食事をとらせるときも、パパやママが隣でスマートフォンなどに集中していては、子どもの気が散るばかりです。

なるべく子どもの目に付かない場所にスマホを置き、子どもと一緒に過ごす時間を楽しみましょう。

いきなり子どもが外出先で落ち着いて食事をとれるようになることは難しいので、普段のおうちでの食事から始めてみてはいかがでしょうか。

「自分で食べたい」という意欲を大切にしてあげる

自分でスプーンやフォークを持ったものの、うまく口まで運べずお食事エプロンも机も床も毎食ごとにベタベタ……という経験をされているママたちも多いはず。

食事のたびに繰り返されるとイライラしてしまいますが、子どもが食べ物や飲み物をこぼしてしまうのは仕方がないことです。

そこでママやパパが怒ったり怒鳴ったりすると、食事をすること自体が嫌いになるので要注意。

あらかじめ床に新聞紙や汚れてもよいマットをひくなど、はじめから汚れることを想定して食卓の準備をしましょう。

また、子どもに手づかみで食べさせることも、発育上の大切なステップです。

手が汚れるからと言って無理にスプーンやフォークを持たせても、嫌がって投げたり、手づかみで食べることすら拒否したりする場合も。

手づかみ食べを覚えると、子どもは自然に「スプーンやフォークを使って食べてみたい」と思うので、あせらず子どもに合ったペースで練習できるといいですね。

食事のあいさつは元気よく

食事の前後の「いただきます」や「ごちそうさま」というあいさつの習慣も、子どもの気持ちの切り替えになるでしょう。

このようなあいさつは、まだ遊んでいたいという子どもに「食事をスタートしますよ」という合図の代わりになり、子どもの中でスイッチが切り替わります。

たとえば、子どもが先に食卓について食べ出してしまっても、パパやママ、同じ食卓についている人が毎食ごとに手を合わせる動作やあいさつを繰り返し行うことによって、子どもも「これからみんなでご飯を食べるんだ」ということが分かり、次第に遊び感覚で動作からマネをするようになります。

また、朝食や休日など家族がそろう機会があれば、ぜひ子どもとみんなで食事を楽しんでください。人数が多いと自然と会話も増え、食卓の雰囲気も活気付きます。

好き嫌いが激しかったり、途中で席を立ってしまったりといった行動はどの子どもにも見られる傾向です。

焦らずわが子に「食事の時間は楽しいものだ」と認識させることが、集中して食事をとらせる第一歩かもしれません。

【参考文献】
・『すくすく1歳6か月』榊原洋一(お茶の水大学院教授)・監修

●ライター/なかやまあぽろ(ママライター)
●モデル/神山みき(れんくん)いちご姫(いちごショートくん)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする