25m泳げた! 夏休みに実感した“子どもの成長”エピソード3つ

外泊や旅行、自然とのふれあい……普段できないことをたくさん経験できる夏休み。子どもたちにとっては、大きな成長のチャンスといえます。

たった40日のあいだに、体も心も見違えるほどたくましくなる子もたくさんいますよね。

今回は、そんなお子さんたちのエピソードをご紹介。「この夏休み、わが子の成長を実感した!」というママ・パパたちをたずね、お話をうかがってみました。

160905iwasawa

(1)幼稚園で初めてのお泊り保育! 「こわかったけど、頑張った」

夏休み、多くの幼稚園や保育園では“お泊り保育”が行われます。たった一晩だけですが、家を離れて過ごすことは小さな子どもたちを成長させるきっかけになるようです。

『男の子のくせに怖がりで泣き虫のわが子。お泊り保育は何か月も前からずっとイヤがっていました。出発当日も、はしゃぎまわるお友だちをよそに息子だけ「ママがいい……お泊りイヤだ」と涙目。

心が引き裂かれる思いで見送りました。息子にとっては、ママ・パパと離れた場所で眠るのは生まれて初めてです。眠れているだろうか、さみしくて泣いてないか、ごはんはちゃんと食べているのか……私も主人も気が気じゃなくて、夜中までずっと心配で寝付けませんでした

でも翌日、帰ってきた息子はニッコニコの笑顔。聞けば、お昼ごはんにカレーやサラダを自分たちで作り、夜はお化け屋敷や盆踊りで盛り上がり、ずっと楽しかったとのこと。

「ママがいなくて、夜どうだった?」とたずねると、「こわかった。でも、お友だちと手をつないで、がんばろうねって言って寝たんだ」と得意顔。心だけでなく、なんだか体も一回り大きくなったようでした』(30代女性/主婦/5歳男児のママ)

(2)苦手を克服! ひと夏で25m泳げるようになった小学生

まとまった時間を使って苦手なことを克服したお子さんもいますよね。次に紹介するのは、毎日の努力が実を結び、大きな自信も手に入れることができた女の子のエピソードです。

『夏の初めにはまったく泳げなかった娘。泳げるようになりたい! と言ったため、市民プールが開催するサマースクールに申し込んでやりました。

娘は雨でも台風でも休まず通い、受講期間が終了したあとは自主練と言って毎日泳ぎに行きました。そのおかげか、8月の末にはバタ足で25mも泳げるようになっていたんです

このことは娘自身にとっても大きな自信につながったようで、「何でもやればできる。やってみる」と言うようになりました』(40代男性/会社員/小学2年生女児のパパ)

できなかったことが、できるようになる。これぞまさしく“成長”ですよね。

(3)「お母さんって大変なんだね」中学生男子が職業体験で学んだこと

保育士として働くママさんからは、こんな話を聞くことができました。

『中学に入り、反抗期もあってかほとんど口をきかなくなった息子。寂しいけれどこんなものかな、と私も半ばあきらめながら接していたんです。そんな中、今年の夏休みに4日間の職業体験がありました。

息子が体験先に選んだのは、なんと保育園。「子どもと遊んでるだけだから楽そう」というのが選んだ理由のようでした。初日は「お母さんでもできるんだし、どうせチョロい仕事なんでしょ?」と言いながら出かけて行きましたが、グッタリ疲れて帰宅し、夕飯も食べずにベッドへ直行。

翌日からは黙って体験先の園へ向かうようになりました。何とかこなして、最終日。帰ってくるなりしみじみと、「お母さんの仕事って大変なんだね。あんなに働いて、帰ってきてからも家のことしてるなんて信じられない。いつも本当にありがとう。これ買ってきたから食べて」と言って、ケーキを差し出してくれました。目頭が熱くなりました』(40代女性/保育士/中学2年生男児のママ)

多感で難しい年頃、中学生。職業体験で得たものは、計り知れないほど大きかったのではないでしょうか。


いかがでしたか?

インタビューでは、他にもさまざまな成長エピソードを聞くことができました。

子育て中のママやパパたち。忙しいとは思いますが、ちょっとだけ時間をとって今年の夏休みを思い返してみてください。

あなたのお子さんもこの夏、驚くべき成長を遂げているかもしれませんよ。

●文/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする