リオ五輪閉会式でも注目! 今こそ知っておきたい椎名林檎の魅力4つ

こんにちは、ライターの月極姫です。

日本時間の2016年8月22日、リオ五輪の閉会式で行われたフラッグ・ハンド・オーバーセレモニーでは、来る2020年の東京五輪を紹介する8分間余りのプレゼンテーションが披露されました。

幻想的なダンスショーから始まり、会場に「安倍マリオ」を登場させるという度肝を抜くパフォーマンスに、会場からは大歓声。

サバンナの高橋さんがTwitterで大絶賛するなど、放送直後からネット上でもさまざまな反響を呼びました。

このパフォーマンス、子育て世代であるパピマミ読者のみなさんはどのように評価しているのかな? とふと疑問を抱き、アンケートを実施してみました。

リオ五輪閉会式の引き継ぎセレモニーの演出についてどう思いましたか?

・1位:映像、音楽、ダンスともに完成度の高いものだったと思う……74%(68人)
・2位:まあまあの出来だったと思う……22%(20人)
・3位:あまり完成度が高いとは思えなかった……4%(4人)

※有効回答者数:92人/集計期間:2016年8月29日〜2016年8月31日(パピマミ調べ)

このように、回答者の9割以上がプラスの評価をしているという結果が出ました。

性別、世代に関わらず、このたびのパフォーマンスは高評価を得たようですね。

そして今回音楽監修を手掛けていたのが、音楽家の椎名林檎さん。

林檎さんといえばデビュー当時から強烈な個性が際立ち、ある意味「とっつきにくい」印象を抱いている方もいるかもしれません。

今回は、そんな林檎さんの魅力にパピマミ世代ならではの視点で迫ってみましょう。

160908tukigimehime

椎名林檎の魅力(1)揺るぎない実績

林檎さんとほぼ同時期にデビューした歌手といえば、aikoさん、浜崎あゆみさん、親友でもある宇多田ヒカルさんなどいずれも大物揃い。

これら“同期”のアーティストの皆さんは、アルバムセールスやツアー動員数ではいずれも引けを取らない実力者ばかりですが、オリンピック、FIFAワールドカップといった国際的なイベント、いわゆる“大舞台”でのお仕事が多いという点で、林檎さんは群を抜いています。

とりわけ東京五輪への思い入れはインタビューなどでもたびたび言及しており、かねてから深い関心を寄せていたことがうかがえます。

全世界にクールモダンな東京を印象付けた五輪プレゼンテーションは、長年の構想が結実したものなのかもしれませんね。

非凡な女性ならではのゴシップも幾度かありましたが、同時にそれらを払拭するに十分な実績を見せつけてくれるのが林檎流といえるでしょう。

椎名林檎の魅力(2)独特の歌唱法と歌詞の世界

語感の良さは万人ウケするのだけれど、歌詞を理解しようとするとひと筋縄ではいかない! そんな独特な歌詞の世界も、林檎さんの魅力を語る上でかなり重要な要素です。

多くの曲は林檎さんご本人から歌詞の“解説”があったわけではなく、長年のファンのあいだでもいまだに「謎」とされている部分もたくさん。

聴き手が自分なりの解釈で楽しむしかない、という側面もあります。

たとえば、2014年に発売された『NIPPON』という曲では、「死の匂い」「あの世に持ってくさ」というフレーズが登場。

これに関して、「縁起が悪い」「不謹慎」などという批判もささやかれましたが、林檎さんは初期のころからたびたび「常に死を意識しながら活動している」ということをはっきりと述べられています。

『死ぬことにほんとうに向き合うことを、常日頃、何かと自分で考えられる人間に自分がなりたくて』(ロッキングオンジャパン/2003年2月25日号より)

『仏教的な考えのもとに生きていたら、誰でもそうなんじゃないですかね。(中略)いつでもすぐ横に死がある、という意識を持っているのが通常だと思うんですよね』(with newsインタビュー/2014年11月)

『NIPPON』の歌詞にしても、“命がけの勝負”を経験したことがある者にとっては何ら不思議ではない表現なのですが、言葉尻だけを捉えての曲解も結構多いようですね。

また歌い方については、活動時期に伴って変遷が見られます。

デビュー当時~ソロ活動を行っていた初期のころは、江戸弁のべらんめぇ口調、もしくはイタリア歌曲における「R」の発音を思わせるような巻き舌が目立ち、「巻き舌の歌姫」なる呼称も生まれました。

この巻き舌歌唱は『歌舞伎町の女王』(1998年)、『罪と罰』(2000年)などに顕著に表れていましたが、「東京事変第2期」と呼ばれる2005年あたりの作品から影を潜めています。

これについてはファンのあいだでも、「巻き舌をやめたのは適切だった」「変わらないで欲しかった」など意見が分かれるようで、「林檎と言えば巻き舌」というこだわりを持ち続けているファンもいるようです。

しかし現在の林檎さんの楽曲を聴くかぎり、音楽家として進化する上で必要な改革だったのかもしれませんね。

椎名林檎の魅力(3)羨望と嫉妬の的。ミステリアスな美貌とスタイル

楽曲のイメージに合わせて、ビジュアルにおいても多面性を発揮する林檎さん。

日本的な美も兼ね備えた端正な顔立ちは、化粧品のCMに登場した際にも羨望の的となりました。

音楽家でありながら、一流モデルと比較しても遜色のない美貌とスタイルを生かし、『Switch』や『Gb』などの音楽雑誌だけでなく、多くのファッション誌の表紙を飾っています。

しかしこの才色兼備ぶりに関して、同性からのリアルな声を拾うと心中は複雑なようです。

女性からの否定派意見

『確かに美人だけどあの色っぽさが正直苦手です。旦那を取られてしまいそう。家庭を守る主婦にとっては、ああいうのは脅威だと思いますよ』(北海道/30代・専業主婦)

『椎名さんが作る音楽は好きなんだけど。セクシーを前面に出さない方がいいと思う』(福島県/20代・生保会社勤務)

『歌詞が文学的で、林檎さんの知性を感じられてすごく好きなんですが。ご本人はビジュアル的にもっと控えめキャラであって欲しかった。何というか、きらびやか過ぎ』(長野県/40代理学療法士)

大胆さ、セクシーさ、前衛的な衣装についていけなかったり、ご回答者には申し訳ないですが、軽い嫉妬も含まれているようなコメントが目立ちます。

女性からの肯定派意見

『素直に憧れる。30代後半、経産婦であのスタイルと顔は、いくら芸能人でも奇跡といって良いレベル。もし自分の彼氏を横取りされても、仕方ないなと思える領域にいます(笑)』(大阪府/30代・販売員)

『髪形もあらゆる長さとスタイルに挑戦しているけど、「これは似合わないな」と思ったことが一度もない。結局は整いまくった顔立ちのなせる技だよね』(東京都/40代・美容師)

『ゴテゴテにメイクしているわけでもなく、もとが良いのでしょう。和服もとても似合うし、海外に出しても恥ずかしくない美人』(北海道/40代・英語教室講師)

女心は複雑なもので、このように評価は二分するようです。

では男性諸氏は、林檎さんの容姿についてどう思っているのでしょうか。

男性の意見

『どこの国の誰が見ても、10人いたらほぼ10人が「美人」と評価するであろう顔』(愛知県/30代・会社経営)

『安室ちゃんもそうだけど、年々衰えるどころかキレイさを増している。僕はデビュー当時キツそうな印象を抱いてたので、今の方がキレイと感じる』(北海道/40代・ホテル勤務)

『自分はデビュー当時からの愛好家で、林檎女史の音楽をこよなく愛する林檎班(椎名林檎のファンクラブ)班員です。林檎女史があれほど美人じゃなかったら? と冷静に考えると、ここまで熱狂的に好きだったのだろうか。やっぱり、あの美貌も含めての総合芸術なのだと思う。ちなみに林檎女史のあの非の打ちどころのないスタイルも、まさに自分の理想です』(北海道/50代・広告代理店勤務)

男性からの評価も絶大のようです。30代後半という年齢を感じさせない美しさは、いつまでもきれいでいたいママたちのお手本にもなりそうですね。

椎名林檎の魅力(4)唯一無二の音楽性

前述した『歌舞伎町の女王』や『幸福論』(1998年)、『ここでキスして』(1999年)などは、すべてデビューして間もない林檎さんが10代のころに書き上げた作品です。

とても高校を中退したばかりの女の子が作る作品とは思えない世界観と完成度に、聴衆は度肝を抜かれ、同業者は危機感を抱く……まさに閃光のような登場でした。

そんな天才少女から大人の女性へ、さらなる進化を遂げた林檎さんが、現在楽曲を作る上でこだわっていることとは何なのでしょうか?

林檎さんは東京事変時代のラジオ番組で、『常に“商品”を作らなければ、と意識している』と述べられています。

ともすれば「サブカル的な」「個性的な」という形容が付きまとう中、林檎さんご本人は“普遍性”を意識して楽曲作りに当たっておられるようです。

こうした“芸術性”と“普遍性”の両立については他のインタビューなどでもたびたび口にしておられますが、相反するものをどちらも生かすなんて至難の業。

凡人には想像もつかないストレスになりそうですが、そうした苦闘を経て生み出した作品が今の林檎さんの地盤となっているのでしょう。

現在2児の母でもあり、リオ閉会式後のインタビューでは大人の落ち着きとたおやかな美しさも光っていた椎名林檎さん。

今後はますますファン層を広げていきそうですね。

【参考文献】
・『1998年の宇多田ヒカル』宇野維正・著
・『ROCKIN’ ON JAPAN』2003年2月25日号

【参考リンク】
【アンケート結果】リオ五輪閉会式の引き継ぎセレモニーの演出についてどう思いましたか? | パピマミ

●ライター/月極姫(フリーライター)
●イラスト/あさごま

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする