世の中は不平等? 「大人ばかりズルい!」と怒る子どもへの対処法3つ

こんにちは、海外在住プロママライターのさとうあきこです。

生活の場は海外であっても、子育てでぶつかる壁は同じです。それを痛感したのは、幼稚園から小学校に上がる年頃の子どもたちの口癖に気づいたときでした。

Not fair!」。これは、英語圏の子どもたちが繰り返し使う言葉で、「フェアーじゃない!」という意味。

「もう寝なさい」と言えば、「Not fair! パパもママもまだ寝ないのに!」と言い返します。

「これは食べられないのよ」と言っても、「Not fair! 友だちはみんな食べていいんだよ」。一事が万事「Not fair!」なんです。

これが、日本に一時帰国していた1か月間で、日本語の「ズルい!」に変わりました。なるほど。

でも、大人と子どもは常にFair(フェアー)ではいられません。年齢という数字の分だけ、心も体も違って当たり前です。しかし、それを子どもにわからせるのは一苦労です。

そこで、子育てを終えたパパママに、こんなときはどう対応したか質問してみました。金言ともいうべきセリフの登場に目からウロコがポロリです。

160826satouakiko

子どもに「Not fair!」と言われたときの対処法

(1)「世の中はFairにできていない」

子どもには重たい言葉では? と思いつつ、その通りとも思ってしまいました。

これを教えてくれたのは、50代のパパTさん。自営業のTさんは週末でもご夫婦で仕事や接待に出かけることが多く、3人の年子の娘さんはお手伝いさんと留守番です。

そのたびに、「Not fair」「Unfair」と言われ続けたため、「世の中はフェアーにはできてないんだぞ!」と言い返したそうです。

当時4~6歳だった娘たちは、この言葉に興味を持ち、「どうして?」と聞き返してきたそう。

そこで、社会の中ではパパもNot Fairと感じることが多いことなど、リタイヤしているおじいちゃんおばあちゃんであっても同じであることなど、世の中の「Unfair」な事例を年代別にいろいろと話して聞かせたところ、それ以来グっと「Not fair!」が減ったとのこと。

Not fairな気持ちになるのが子どもだけ(自分だけ)ではないと知って、納得できたのでしょう。

(2)「お酒もたばこも一人で生活費を稼げるようになってから」

海外のインターナショナル校では5歳から20歳までの子どもが同じ校舎で学んでいることもあります。

上級生の中には喫煙を許される年齢になっている子も混じっています。低年齢の子どもたちは上級生たちの影響を良くも悪くも多大に受けます。

当時10歳だった少年が、学校帰りに公園でたばこを吸っていたとして親ともども学校に呼び出されました。

そこで少年は、「先生も吸っているし先輩たちも吸っている。同じ学校にいて、少し年下なだけの僕だけがなぜ怒られるの?」と憤懣をぶつけました。

20代後半の女性教師はそれに対して、「たばこは大人のたしなむもの。大人っていうのは、自分の生活費を自分で稼げる人のことを言います。あなたはどうかしら?」。

学校では、アルコールやたばこ、そしてドラッグなどが青少年の体と心に与える害について繰り返しセミナーを開いています。

そこで子どもたちは、「たばこは子どもの体に悪いこと」と「たばこは大人になってから」と繰り返し聞かされてはいます。

でも、大人と子どもの違いは単に年齢だけだとしか認識できていないことが多いのです。

(3)「誰にでも平等にやるべきことはある」

「どうして勉強なんかしなくちゃいけないの?」「家に帰ってまで勉強なんてしたくない」。勉強嫌いな子どもはどこの世にも存在しています。

赤ちゃんは飲んで寝るのが仕事、幼い子どもは遊ぶのが仕事、学齢期の子どもは学ぶのが仕事、大人は社会や家庭の中で働くのが仕事。

大人ならわかっていることも、子どもには理解しにくいのでしょう。

勉強嫌いで学校では授業を聞かずに上の空、宿題は放置、そんな状態が2年あまりも続いていた14歳の女生徒のママ、Aさんは言いました。

「勉強がいやなら、明日から家の掃除と食事作りはあなたがやりなさい。朝は6時に起きて弟のお弁当と家族の朝ごはんを用意するのよ」。

でも娘は言い返します。「どうして? それはママの仕事でしょ」。

人にはみんな平等に自分の能力に見合ったやるべきことがあるの。ママは家事をすることも外で働くこともできるけど、あなたには何ができるの?」。

このセリフ、「能力に見合った」を強調して発言したというAさん。娘さんは、何も言い返せずにしぶしぶ宿題に取り掛かったそうです。

まとめとして

子どもには子どもの言い分があるでしょう。

世の中は不公平なことばかりだとは考えたくも、教えたくもありませんが、残念ながら必ずしもfairなことばかりではないという現実を知ることも、子どもにとっては一つの学習です。

年齢、学年、男女などの違いによって、さまざまな区別があるのが社会であり、これは差別とは別物であることも親子で話し合うと、子どもはすんなりと今の自分の年齢で「できること」や「するべきこと」を受け入れられるでしょう。

●ライター/さとうあきこ(海外在住プロママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする