手軽に始められる「NISA」で投資デビューへの道3STEP

【男性からのご相談】
新しくNISAという制度がスタートすると耳にしますが、どうしたらいいのかよく分かりません。まだ夫婦とも20代前半で収入も高くないので、自分たちには関係ないことなのかなと思っています。投資をしたこともなく、知識も資金もない私達のような家庭でも、チャレンジできたりするのでしょうか。


ご質問ありがとうございます。ママファイナンシャルプランナーの木村由香里です。

いよいよ今月から、少額投資非課税制度(NISA)が始まります。

1年間で100万円までの投資なら所得税がかからないという、投資デビューされる方にも嬉しい制度なのです。税金も掛からず、面倒な確定申告とも無縁なので、お手軽に始められます。

制度の特徴については、『日本版ISA『NISA(ニーサ)』の知っトク情報7つ』。注意点について、『NISA(ニーサ)口座のデメリット3つ』の関連コラムも合わせて読んでみてください。

140108kimura

NISAの始め方

(1)証券会社に口座を開く

まずは、証券会社に自分の口座を開きます。ご質問者様のように若い方なら、パソコンやスマホで取引ができて、手数料も割安なネット証券がいいかもしれません。

NISAを取り扱うネット証券会社は、カブドットコム証券、楽天証券、マネックス証券、SBI証券などがあります。証券会社のホームページで特徴を確認したりして、お好みの証券会社を見つけてみてください。

(2)NISA口座の申込みをする

(1)で開いた証券会社の口座の中から、手数料や取扱商品などで、NISA口座を開きたい証券会社を絞ります。証券会社にNISA口座開設の申込みすると、数日中に申込書が郵送で送られてきます。申込書と住民票を同封して返信したら完了です。

(3)NISAで取引スタート

NISA口座を開くことができました。あとは、お好きなタイミングで、好きなものを選ぶだけです。

無理のないペースで始めよう

年間で100万円まで税金が掛からないという制度ですが、無理をして大金を投資する必要など全くありません。何も考えずにドドーンと投資をすると、大損してしまう危険性が高くなるだけです。

ネット証券なら、月々500円や1000円ずつ積み立てられる投資信託も多数用意しています。無理のない小さい金額からコツコツと始めてみてもいいと思います。投資を始めると少しずつ知識も身についていきますので、ご自身のペースに合わせた投資額でやりくりしていきましょう。

最新情報のチェックを忘れずに

NISAはスタートしたばかりなので、今後も制度の変更がいろいろとあると思われます。

例えば、以前のNISAのコラムを執筆した時は、「1人1口座のみで4年間は口座を変更できない」という制限がありましたが、金融庁はその後方針を変更し、平成27年からは毎年口座を変更できるようになる方向です。また、NISA口座を開く時の住民票提出を無くし、より簡単に多くの人が利用できるように変更することも要望しています。

同時に、証券会社や銀行などNISAを取り扱う各金融機関の対応にも注目する必要があります。顧客獲得の為に取り扱う商品の種類を増やしたり、魅力的な独自のサービスを展開することが考えられます。


お洋服でも電化製品でも、新しいお買い物をする時は、その商品の特徴や価格をじっくり比較検討しますよね。

NISAでの投資も同じです。新しい金融商品を購入する前には、その商品(株や投資信託)と購入先(証券会社や銀行)のメリット・デメリットをきちんと理解し、自分に合った商品を自分の目で選んでいきましょう。

【関連コラム】
日本版ISA『NISA(ニーサ)』の知っトク情報7つ
NISA(ニーサ)口座を開設する前に押さえておきたいポイント5つ
NISA(ニーサ)口座のデメリット3つ

●ライター/木村由香里(ファイナンシャルプランナー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする