なぜダメなの? お酒やタバコに手を出す子どもの実態と親の向き合い方

こんにちは、海外在住プロママライターのさとうあきこです。

“お酒とたばこは20歳を過ぎてから”。法律でそう決まっていることは、誰もが承知しているはずです。

でも、どれくらいの人がそれを守っているでしょうか?

20歳前に飲酒やたばこを覚えたという人は少なくないでしょうが、10代後半の大学生がする飲酒や喫煙と、小中学生がするそれとでは意味合いが違います。

でも、実際には中学生の17.1%が飲酒経験ありと答えた調査結果もあるように、一部の低年齢層による飲酒、そして喫煙は公然の秘密となっています。

そもそもなぜ飲酒と喫煙が20歳からなのか、低年齢層がお酒やたばこに手を出す理由は何なのか、それに周囲の大人はどう対応していくべきなのかなどを考えてみましょう。

160812satouakiko

どうして“お酒もたばこも20歳から”?

法律で“20歳から”と決められているのには理由があります。何もイジワルをしているわけではなく、体と心の成長に大切な制限なのです。

心身共に未発達な未成年にとってのお酒やたばこは、記憶力が低下する、肺疾患にかかりやすくなる、性機能発達異常などの可能性がある恐ろしい存在です。

さらに、心が未発達で不安定な未成年の場合、「少しぐらい」「みんなだって」と好奇心から気楽に体験した結果、それが習慣化してしまいやすいという特徴もあります。

これはお酒やたばこ以外の“危険物(ドラッグなどの犯罪行為)”に対する体験へのハードルも低くしてしまう可能性があり、未成年の将来に大きな影響を与えてしまうこともあります。

“20歳”は、体の成長に加え、精神的判断力の発達が見込まれるボーダーラインなのです。

どうして子どもたちはお酒やたばこに手を出すのか?

大人のアルコール中毒やヘビースモーカーのように、「飲まずにはいられない!」「吸わずにはいられない!」という状態であるはずもない子どもたちが、なぜお酒やたばこに手を出すのでしょうか?

考えられる理由は“好奇心・興味”“認識不足”“情報不足”

未知のものに好奇心を持つのは人として当たり前の行動です。お酒やたばこが興味の対象になるのは当然かもしれません。

ただ、そこにお酒やたばこに関する十分な情報があり、それなりの認識を持っていれば“ストップ”もかかるのです。

ストップがかからず手を出してしまった子どもたちに共通するのは、親や周囲の大人たちが飲酒や喫煙に関する十分な情報を与えていないために、その害を認識できていないという状況です。

子どもたちのサインはどこに?

好奇心のサインは家庭内でも表れているはずです。

親の飲むお酒の匂いをかぎたがる、「どんな味がするの?」と聞いてくるなど、最初は些細な言葉や行動で、分かりやすいサインを見せてくれるものです。これを見逃さないことが大切です。

子どもの好奇心はちょっとした経験さえあれば満たされます。親の目の届くところで、彼らの好奇心を情報という形で満たしてあげましょう

これが満たされずにうやむやなままだと、その好奇心を満たす場所を家庭の外に求めるようになってしまいます。

そうなると、サインを見つけるのが難しくなります。

たばこに関しては、匂いという独特のサインが表れます。このとき、必ずしもたばこの匂いばかりがサインではありません。

たばこの匂いを消すために香りの強い制汗剤を使う、オーデコロンをつけるなどの変化も要注意です。

昨今はたばこの価格が高いため、お小遣いの使い方にもそのサインが表れやすくなります。

さらに、子どもにはお酒やタバコを購入しにくいこともあり、親に紹介したがらない年上の友人の存在なども、サインの一つとして考えられます。

子どもの疑問には誠意を持って対応すべき

親の方でも、子どもが出したサインに気づいたとき、もしサインがなくともなんらかのきっかけがあったときには、お酒とたばこの害について十分な情報を与えることのできる親でいる必要があります。

親のうやむやさこそが、子どもを見えない場所での飲酒や喫煙に走らせてしまうからです。

たとえ親が晩酌好きでもスモーカーであっても、“子どもにとっての飲酒と喫煙の害”については、胸を張って「いけないことだ」と言い切れるだけの知識を持ち、その情報を子どもに与えることができれば、子どもは“飲酒や喫煙はまだ早い”ということを正しく認識できます。

これが、子どもたちのストッパーになるのです。

まとめとして

「法律で決まっているからダメ」とか「大人だけの楽しみなんだ」といった理屈では子どもは納得しません。重要なのは「なぜ」の部分です。

「なぜ法律で20歳からと決まっているのか」に対して、「子どもの心と体の発達に悪影響を与えるから」と答えてその具体例をあげられること。

「なぜ大人だけが楽しめるのか」に対して、「適量を判断できるだけの十分な心の発達を経ていること。大きな影響を与えないだけの体の発達を終えていること」と、堂々と回答できること。

これらが、子どもたちにとってのストッパーの強さにつながります。

ただ、その言葉に信ぴょう性を加えるためには、大人の方でもお酒やたばこの量や飲み方吸い方などで負い目を感じないだけの、正しい態度や行動を心がけておく必要があるのもまた、言うまでもありません。

【参考リンク】
青少年の喫煙と飲酒について | 中央調査社
未成年者の飲酒実態 | キリン

●ライター/さとうあきこ(海外在住プロママライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする