お風呂上がりがベスト! 小さな子どもの“耳と鼻”を上手にケアするコツ

こんにちは。メンタルケア関係を中心に執筆しているメンタルケア心理士の桜井涼です。

子どもに関する不安の中に、“耳と鼻のケア”があると思います。

子ども自身が嫌がることもそうですが、細かいところのケアは、親も“しっかり見えない”という面で怖いと感じることでしょう。

私の子どもたちが中耳炎やら耳垢除去やらでお世話になった耳鼻科の先生にお話を聞いてきました。ケアの参考になればと思います。

160810sakurairyou

耳の掃除

「奥までやり過ぎて鼓膜を傷つけてしまわないだろうか?」と思って、おっかなびっくりやってしまうところではないでしょうか。

耳掃除のポイントは“いじりすぎない”です。

あまりいじりすぎてしまうと、内耳や外耳を傷つけてしまうことになります。私は耳掃除が好きで息子の耳をやり過ぎて外耳炎にしてしまった過去があります……。

・耳掃除は2週間に1回の割合(耳垢が外耳のバリアの役割をしているので取りすぎはNG)
・耳掃除はお風呂上がりなどの耳垢が柔らかくなったときがベスト!
・綿棒は奥まで入れず見える範囲で(入り口周辺を綿棒で1~2回拭うくらいでOK)
・子どもの頭をしっかりと抑えて、耳たぶを少し引っ張りながらやる
・綿棒は、鉛筆持ちをすれば奥まで入っていかないので安心してできる

子どもが嫌がって体をくねらせてしまうこともあるでしょう。そんなときは、テレビを見せたり歌を聞かせたりして楽しい雰囲気で行うと嫌がりが減ります。

どうしても嫌がるときは、無理強いしないことも耳掃除を円滑に進めるための方法です。

鼻の掃除

鼻は、乾いた空気が直接入ってきて、鼻にたまったものが固まってしまったり、鼻水がうまく取れなかったりする厄介な場所です。

やり過ぎると粘膜を傷つけて鼻血が出てしまうため、ここも怖さを感じますね。鼻掃除のポイントは、“鼻水をこまめに取る”です。

耳鼻科の先生から、『鼻水はばい菌のかたまりなので、放っておくことはよくありません。鼻水をこまめに取って中耳炎や風邪を重症化させないようにすることが大切です』と言われました。

・鼻くそを取るときは、お風呂上がりなどが取りやすくておすすめ(毛に絡みついていることが多く、皮膚を傷つけてしまうおそれがあるため)
・鼻水をすするような音がしたら、吸ってあげる(低年齢の子ども)
・なるべく早い段階で鼻を自分でかめるように教える
・鼻水の色に注意しておく(濃くなるほど菌がいっぱい)

鼻掃除も、子どもが動いてしまうと鼻の粘膜を傷つけてしまうことになります。

耳掃除と同じように頭をしっかり抑えて、素早く綿棒で拭う・鼻を吸うようにしましょう。

注意点

耳も鼻も、乾燥することで固まってしまい取りにくくなります。粘膜に密着するので、無理に取ろうとすると出血や炎症を起こしてしまうことになります。

そうすると、子どもも嫌がる度合いが強くなりますし、親も怖さが増します。だから、水気にさらされたときが掃除どきとしましょう(入浴後・水泳後など)。

鼻水は、少しくらい垂れていても拭いてあげれば大丈夫と思われますが、こまめに吸ったり、鼻をかむようにしたりしないとすぐに耳やのどに落ちていきます

子どもの耳は大人と違って中耳までの長さが短いです。そのため、小さいころは風邪を引くとすぐに中耳炎になってしまいます。

娘がそうでした。毎週耳鼻科に通うというのを約1年間繰り返しました……。

鼻水がのどに落ちてしまうと、異物を出そうとして咳をします。咳をしすぎれば子どもも苦しいですよね。

そうなる前の対処が鼻水をこまめに取るということなのです。

おわりに

耳と鼻は、子どもがある程度大きくなるまで気をつけて見てあげる必要がある掃除箇所です。

余計な病気にさせない・重症化させないためにも、親がきちんと掃除してあげることが大切ではないでしょうか。

子どもを怖がらせて行うより、楽しい雰囲気の中でさせることがとても重要だと思います。

子どもの健康を守るために、ぜひ親もおっかなびっくりではなく楽しんでやってあげてほしいと思います。

【参考文献】
・『育児の基本大百科』川上義・監修

●ライター/桜井涼(メンタルケア心理士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする