危うく死ぬところ! 『ポケモンGO』に熱中して危険な目に遭った話4つ

世界中で一大ブームとなっている『ポケモンGO』。日本でも7月22日の配信開始と同時に町中でポケモンGOに興じる人々を多く見かけるようになりましたね。

ポケモンGOが配信されたことで運動するようになったという人や、自閉症が改善したという人もいて、ただのゲームを越えた“日常生活上のメリットの多さ”も注目されていますね。

しかし、一方では歩きスマホや不法侵入などの問題も尽きません。楽しく遊ぶ分には構いませんが、事故や犯罪につながるようなプレイの仕方は避けたいものです。

そこで今回は、ポケモンGOで遊んでいるときにヒヤリとしたエピソードについてご紹介します!

160726uechi

(1)危うく車と接触しそうになった

『配信と同時にポケモンGOをやり込んでいますが、最初のころは夢中になって画面の中のポケモンを追いかけていました。いつの間にか車道に出ていてクラクションで我に返りました。その直後に車が目の前を通過。もう少し踏み出していたら危うく接触するところでした』(32歳男性)

ポケモンGOはゲームの性質上、どうしても歩きスマホをしてしまいがちです。

そのため、世界中で人や自転車、車との接触トラブルが発生しています。とくに自転車や車との接触は命の危険にかかわる場合もあるので、気をつける必要がありますね。

また、よちよち歩きの子どもとぶつかって車道に出してしまう恐れもあります。

ちなみに私もポケモンGOプレイヤーですが、何回か人とぶつかりそうになったため、歩きながらのプレイは控えています。

(2)電車に轢かれかけた

『うちの子どもがポケモンGOにハマっているのですが、駅のホームでふらふらとポケモンを探していたので「危ないよ」と声をかけました。その後下の子の世話で目を離した隙に、ホームすれすれのところでポケモンを捕まえようとしていました! 電車到着のアナウンスも鳴っており、必死に走って引き戻しました。ポケモンGOは本当に危ないと思う』(34歳女性/小学生のママ)

これはかなり危険ですね。間違えて線路に落ちでもしたら大変なことになります。

子どもにポケモンGOをさせている親は、駅のホームでは絶対禁止というルールを作りましょう。何かあってからでは遅いですからね。

(3)盗撮と間違われた

『ポケモンGOは現実の風景を通して遊ぶことができるのですが、ポケモンを撮ろうと思ってスクショしたら偶然通りがかった女性が「今私のこと撮りましたよね?」と詰め寄ってきた。ゲーム画面を見せて必死に否定したらなんとか許してくれましたが、これからは人がいるときは注意したいと思います』(42歳男性)

これもあちこちで聞かれるトラブルです。ポケモンGOには現実の風景とポケモンを融合させる『ARモード』という機能が搭載されています。

そのため、ポケモン捕獲の記念に写真を撮る人が多いのですが、カメラの先に人がいると盗撮と間違われる恐れがあります。

許可なく他人を盗撮した場合は軽犯罪法や迷惑防止条例違反などに問われる恐れがあるので、人がいるところでは写真を撮らないようにしましょう。

(4)子どもが誘拐されそうになった

『うちの娘がポケモンGOを友達とやっていたら、知らないおじさんに声をかけられて「おじさんと一緒にポケモン探さない?」としつこく誘われたそうです。日頃から知らない人にはついていっちゃダメって教えてるから事なきを得ましたが、これって誘拐未遂ですよね?』(42歳女性/小学生のママ)

ポケモンGOにはポケストップと呼ばれるポイントがありますが、そこに課金アイテムを使用するとポケモンがたくさん寄ってくるようになります。

そこのポイントには当然ポケモンGOで遊ぶ人たちが集まるのですが、それを逆手にとって犯罪まがいのことをする人もいるようです。

とくに子どもを狙った人もいるようなので、不審者にはついていかないよう徹底して教えることが大切です。

ちなみに、同様の手口でナンパする男性もいるようなので、女性は変な男に引っかからないよう注意が必要です。


いかがでしたか?

もはや社会現象と言わざるを得ないほどの人気となっているポケモンGOですが、プレイ中に危険な目に遭うケースも少なくありません。

正しい使い方でプレイして、周囲に迷惑をかけず自分の身も守るようにしたいですね。

●文/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする