おトクな活用法を伝授! 電気代が安いのは「冷房」と「除湿」どちらか

【ママからのご相談】
暑い夏の日にはエアコンの電気代がかさんで心配になります。そこで気になったのですが、冷房と除湿ではどちらの方がお得なのでしょうか?

a 除湿機能の違いによって、冷房と除湿のお得さが変わります。

金融コンシェルジュの齋藤惠です。ご質問ありがとうございます。

確かにエアコンは電気代がかさみますよね。しかし、使わないわけにはいかない日もあります。

そこで今回は同じように見えて実は差が出る、冷房機能と除湿機能の使い分け方をお教えしたいと思います。

160801saitoumegumi

冷房と除湿の違いとは?

まずはそれぞれの機能の違いをご説明します。

『ダイキン工業株式会社』のホームページによると、冷房は『部屋の空気の温度を下げることをいちばんに考えた機能』ということです。

一方、除湿は『部屋の空気の湿度を下げることをいちばんに考えた機能』とのことです。

また、除湿機能には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2つのタイプがあり、水分を外に追い出すしくみは同じですが、部屋に戻す空気の温度が違います。

皆さんがお使いのエアコンの除湿機能がどのタイプかによって、冷房と除湿どちらの方がお得になるのかが変わります。

弱冷房除湿と再熱除湿の違いは?

弱冷房除湿

湿度の高い空気を湿度の低い空気に入れ替えることで、部屋を涼しくする。弱い冷房をかけていることと原理は一緒であるため、肌寒く感じることがある。

再熱除湿

湿度の高い空気の温度を一旦下げ、次に快適な温度に温めなおすことによって、部屋の温度を調整する。部屋の温度を下げずに湿度のみを下げることができるので、肌寒さは感じない


同じ除湿機能でも、商品によってタイプが違います。どのタイプかが説明書に書かれていることもありますし、賃貸などですでに設置されていたものについてはメーカーに問い合わせれば教えてくれます。

自分の使っているエアコンがどのタイプなのかを知ることによって、夏の電気代の節約に大きく影響するのです!

結論! 一番お得なエアコンの使い方は?

電気代の観点のみで言えば、弱冷房除湿が最も消費電力が小さく、次に冷房、その次に再熱除湿という順番になります。

しかし、明らかに湿度が高い日に、設定温度を下げて長時間冷房をつけ続けるくらいであれば、数時間の再熱除湿の方がお得なこともあるので、その日の天候や部屋にいる時間などによって機能を使い分けましょう。

また、冷え性な人が長時間冷たい空気に触れていると健康に悪影響となる恐れもありますので、寒さに弱い人は再熱除湿をおすすめします。

まとめ

毎日同じ機能をなんとなく使うのではなく、どの機能を使えば今日の暑さが和らぐかを考えてみましょう。

たとえば、とにかく気温が高い日には迷わず冷房をつけます。しかし、気温はそれほど高くないはずなのに湿気があり不快を感じるときには除湿の中でも再熱除湿にするのがおすすめです。

毎日の天気予報や現在の温度と湿度をチェックして、快適かつお得に涼しいお部屋づくりをしていきましょう!

【参考リンク】
冷房と除湿はどう違う? | ダイキン工業株式会社
冷房と除湿では電気代が安いのはどちらですか? | 日立の家電品

●ライター/齋藤惠(金融コンシェルジュ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする