汚れるからダメ!? プールの授業で“日焼け止め禁止”をする学校への賛否

子どもは水遊びが大好きなもの。夏休みのあいだ、プールの補講授業にでかけるお子さんも多いことでしょう。でも、たっぷり泳いで帰ってきたあとの姿を見ると、まるでヤケドのように真っ赤! あまりにも痛そうでちょっと心配になってしまう……というママの声が後を絶ちません。

現在多くの小学校では、プールの授業で日焼け止めの使用を禁止しています。その主な理由は“水が汚れるから”。

しかし、紫外線の悪影響が叫ばれるなか、この対応は時代遅れなのではないかと議論が巻き起こっています。

街の声はどうでしょうか? 小学生、中学生のお子さんをもつパパ・ママたちに意見を聞いてみました。

160726iwasawa

禁止賛成派の声

『禁止でいいと思います。学校のプールって夏いっぱい水替えしないんでしょ? みんなが日焼け止めを使っていたらすごく汚れるはず。水だけじゃなく、壁や床にも付着してグチャグチャになりますよね。不衛生で感染症の温床になりそう』(40代女性/中学生の母)

『そもそも本当に肌が弱かったら日焼け止めさえ塗れないよね。そんなに肌が弱いならプールは見学してたらいい。最近の親は、何にでも配慮しろって求めすぎなんじゃないの?』(30代男性/小学生の父)

問題はラッシュガードの着用を許可してるかどうか。ラッシュガードがOKなんだったら着れば日焼け止めは禁止でいいと思う』(30代女性/小学生の母)

禁止反対派の声

『うちの子はアトピーなので日焼け止めは絶対に必要です。ラッシュガードはもちろん着せていますが、どうしたって隠れない部分はありますよね。病院で診断書をもらってきて、やっと特例として許可してもらえましたが、学年にひとりです』(30代女性/小学生の母)

『皮膚がんのリスクをはじめ、紫外線の悪影響はもはや世界的に知られている常識。真っ黒に日焼けした子どもが健康的だなんて、時代遅れで恥ずかしい考え方』(40代男性/中学生の父)

『息子の学校では日焼け止めもラッシュガードも禁止です。しかし、よく聞いてみれば先生たちは日焼け止めをバッチリ塗って、帽子にパーカー姿でUV対策に励んでいる。自分たちだけは紫外線から身を守りたいんだ、子どもはどうだっていいんだ、とドン引きしました』(40代女性/小学生の母)

皮膚科医会も日焼け止めの使用を推奨している

街ではさまざまな声が聞かれましたが、専門家の意見はどうなのでしょうか。

日本臨床皮膚科医会と日本小児皮膚科学会は、2015年9月に『学校生活における紫外線対策に関する具体的指針』をまとめました。

そこでは、プールの授業は『最も肌を露出し、紫外線の影響を受け易いため、紫外線対策は重要であると述べられています。

さらに両学会は、日焼け止めが本当にプールの水を汚すのかどうかを調査しており、

耐水性サンスクリーン剤を使用しても汚濁されないことは複数の実証実験で明らかになっています。 必要なときには使用を許可しましょう』と明記しているのです。

そういった報告を受けてか、近年では少しずつ規制を緩和している学校も増えているようです。

しかし、文部科学省や教育委員会などから公式な見解が出ていないため、全国的な波とまでなってはいないのが現状です。

集団生活の場ではそれに適した日焼け止めを選ぶこと

学校は集団生活の場。もし日焼け止めを許可されたとしても、むやみやたらに塗りたくるのはNGです。

同指針では、集団生活で使うのに適した日焼け止めについて以下のようにまとめています。

(1) “SPF15以上”、“PA++~+++”を目安に選ぶこと
(2) “無香料”かつ“無着色”の表示があるものに制限すること
(3) プールでは“耐水性”または“ウォータープルーフ”表示のものを選ぶこと

大人の目からみるとSPF値が小さすぎるようにも思えますが、子どもが普段の生活で使うのならこの程度で十分です。

あまりにも強いものを塗ると、逆に肌にダメージを与えてしまうことになるため注意して選びましょう。

ちなみに虫除けや塗り薬と併用するときには、“塗り薬→日焼け止め→虫除け”の順番で塗るのが正解。これも覚えておくといいでしょう。


いかがでしたか? 紫外線はシミやシワだけでなく、皮膚がんや目の病気を招く原因でもあります。

子どもは大人より影響を受けやすく、ダメージも深刻になりがちです。

家族のレジャーならいまや当然のUV対策、学校の意識改革が望まれるところですね。

●文/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする