やくみつる、“ポケモンGO”利用者を批判! ネット上では「よく言った」「お前が言うな」と大激論

漫画家のやくみつるさん(57)が、2016年7月25日に出演した日本テレビ系情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』にて、話題のスマートフォン向けゲーム『ポケモンGO』に否定的な発言をしたことが世間で注目されています。

やくさんは番組内で紹介された『ポケモンGO』による影響を紹介するVTRを見た後、ポケモンを求めて公園に群がる人たちに対し、『愚かでしかない。こんなことに打ち興じてる人って、心の底から侮蔑します』と発言。

また、『親はもっと楽しいことを子どもに提供する義務がありますよ。一緒になって打ち興じたらアホな子にしか育たないですよ』と、親子でゲームを楽しむ人たちを否定するような発言もしました。

この発言に対し、ネット上では賛同する人と批判する人で二極化しています。

160726geinouyakumituru

やくみつるの意見に「確かに頭悪そう」「人の価値観を否定するな」とネット上の声は真っ二つ!

やくさんの発言に賛同する人たちからはネット上で、

『よく言った!同意です』

『確かにポケモンGOしてる人は危ない。自分のことしか考えてない人が多い』

『言い方は良くないけど主張には同意する』

『そう言いたくなる気持ちはわかる。バカな利用者が多すぎて引く』

『今後絶対に大事故が起きるだろうからね』

『私も、ニュースとか見てると馬鹿みたいだなと思います』

『大きな事故や事件が起きる前にハッキリ言った方がいい』

『本当にその通りだと思う。ポケモン探して歩きスマホしてる親子はバカにしか見えない』

『やくみつるは好きじゃないけど、確かに一生懸命ゲームやってる人たちって、バカにしか見えない』

『ポケモンGOで親子の絆ができたとか言ってる人って、そんなことでしかつながれないのかと哀れになる』

『まあ、一理ある。端から見たら頭悪そうに見えるよね』

などの声があがっています。

一方、やくさんの発言に納得がいかない人たちからはネット上で、

『有名人のタバコの吸殻集めを趣味にしてる人に言われても…』

『ゲームやってるだけで他人を侮蔑する人間のほうが怖い』

『マナーを守ってやっている人まで否定しなくていいと思う』

『漫画家の人が言っていいの?』

『人の価値観を否定しないでほしいです』

『他人に迷惑かけなければいいでしょ』

『内容はともかく、「お前が言うな」って感じ』

『そこまで言わなくてもいいと思う。やる人のモラルの問題』

などの声があがっています。

世界中で話題となっているゲームだけに、さまざまな意見が出ることは当然です。また、ゲームに夢中になりすぎることで多くの弊害が出ていることも事実。

ただ、やくさんの今回の発言はちょっと配慮に欠けるものだったような気もします。

いずれにしても、ポケモンGOユーザーとそうでない人とのあいだには大きな温度差があるということがよくわかりましたね……。

(文/パピマミ編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする