暑すぎvs寒すぎ! 夫婦間の“エアコン戦争”エピソードと解決方法

寝苦しい夏の夜。エアコンの設定温度をどれくらいにするかで意見が合わず、夫婦ゲンカになることはありませんか?

2015年に家電メーカーの三菱電機が行った調査では、エアコンの設定温度の違いでイラッとしたことがあると回答した夫婦は50.7%と約半数を占めました。

普段から仲がよい夫婦で46.5%、不仲夫婦ではなんと81.3%にものぼっています。これは驚異的な数字ですね。

多くの家庭で夜な夜な繰り広げられる“エアコン戦争”。皆さんどういった悩みを抱え、どのように対処しているのでしょうか。

160726iwasawa

最も多い戦いは“暑がりの夫”VS“寒がりの妻”

『夫は暑がり。私はエアコンが大の苦手です。寝ている間に寒くて目が覚めると、夫が設定温度を22度とかにしてるんです。そりゃないよと思って27度くらいに上げると、そのうち夫が起きてまた22度に下げる。リモコンのピッピッて音もうるさいし、何より夫が暑いってボヤいたり舌打ちしたりするのが本当にイラつく』(30代女性/結婚歴7年)

『今のエアコンって風が直接体に当たらないモードもあるのに、それを使ってくれない。強風がガンガンあたってないとイヤなんだそうです。おかげで朝起きたときは喉がガラガラ。必ず夏風邪をひきます。そんなに暑いなら少しは痩せたらいいのに……』(30代女性/結婚歴15年)

温度や運転モードなどをめぐってのトラブルは数多く聞かれましたが、中にはこんな声も。

『エアコンをつけ始める時期が異常です。5月の連休明けには夫が冷房を入れます。ちなみに暖房は3月末くらいまでダラダラつけてるから、わが家ではほとんど一年中エアコンがついてることになる。おかげで電気代がバカになりません。その分ちゃんと稼いできて!』(20代女性/結婚歴4年)

男性側からの意見もありました。

『一日仕事して、クタクタになって帰ってきて、やっと寝られると思ったときに寝室がモワーっと暑い。寝苦しくて睡眠不足になり、翌日の仕事に支障が出るので困っている。もう少し気を遣ってほしい』(40代男性/結婚歴10年)

仕事にまで差し支えがあるとなると、放っておくことはできませんね。

トラブルの原因は、男女の体の違いにあった!

このように、もはや夏の風物詩ともいえる夫婦間のエアコン戦争。一般的に男性は暑がりで、女性は寒がりであるという傾向があるようです。

一説によると男女間の体感温度は3〜5度も差があるとのこと。いったいどうしてなのでしょうか?

その原因は、男女の筋肉量の違いにあります。

人間は筋肉を使って熱を産生するようにできています。このため、男性と比べて筋肉量の少ない女性は熱を生み出しにくく、寒がりになるのです。

また、女性の体は男性の体よりも臓器が複雑にできており、骨盤内にうっ血が起きやすくなっています。このことも女性が冷え性に陥りがちな原因とされています。

『入浴時間をあわせる』『冷却シートを使う』さまざまな対処法

ただでさえ暑くてイライラする夏の夜。できれば不毛な争いは避け、平和に過ごしたいものですね。皆さんどのような対処法をとっているのでしょうか。

『なるべく同じ時間帯で入浴するようにしています。同じペースで湯冷めしていくため、体感温度の差が少なくなりました』(20代女性/結婚歴6年)

布団マットに冷却シートを敷いています。猛暑日などは帰宅前に妻に連絡し、シートを冷蔵庫に入れておいてもらっています。キンキンに冷えた状態で入眠できるので、設定温度を下げなくても心地よく寝られるようになりました』(30代男性/結婚歴11年)

『パソコンとかテレビとかから出る熱って意外と多いんですよね。寝室には余計な家電をおかないようにしました。しかたなく置いてあるものはできるだけ早めに電源を切ります。省エネにもなって一石二鳥ですよ』(30代女性/結婚歴5年)

さまざまな工夫で乗り越えているようですが、結婚歴の長い女性からはこんな話を聞くことができました。

『いろいろ試しましたが、面倒だったり長続きしなかったりで結局ダメでした。夏場は別室で寝るようになって20年。お互い40半ばを過ぎると、なんとなく体感温度が一致してきたんです。そこからケンカしなくなりましたね。母からは「更年期なんじゃないの?」って言われましたけど(笑)』(40代女性/結婚歴24年)

もしかしたらこれが、究極の解決策なのかもしれませんね。


いかがでしたか? 今回は真夏のエアコン戦争のエピソードと対策法をご紹介しました。

別室で寝るのは最後の手段。いま一度、できる対策法を考えてみてもいいかもしれませんよ。

●文章/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする