自分の口からはムリ? 家族に下された“余命宣告”をどう伝えるべきか

毎日を健康に過ごしていれば意識することはありませんが、いざ重病にかかってしまったとなると意識せざるをえないのが残りの命。

特に“がん大国”と言われる日本では、病院で検査を受けたときにはすでに手のほどこしようのない状態になっている、というのも決して珍しいことではありません。

残り数か月という余命宣告をされた際、医師はもちろん、長年連れ添ってきた家族はどうやってその事実を伝えればいいのでしょうか。

そこで、パピマミ読者のみなさまに「家族に余命宣告が下されたとき、それを本人に告げるべきだと思いますか?」というアンケートを実施しましたので、その結果を見てみたいと思います。

160722ranking

家族に余命宣告が下されたとき、それを本人に告げるべきだと思いますか?

・1位:医師から伝えてもらいたい……36%(82人)
・2位:自分の口から本人に伝えたい……19%(43人)
・同率3位:伝えたいが、伝える自信はない……19%(42人)
・同率3位:他の家族に相談して、伝えるかどうか判断したい……19%(42人)
・5位:最後まで隠し通したい……8%(18人)

※有効回答者数:227人/集計期間:2016年7月19日〜2016年7月21日(パピマミ調べ)

医師から伝えてほしいという人が多い結果に

『自分の口から家族に余命を伝えるなんて、どんな顔して言えばいいかわかりません。変に恐怖感を与えないためにも、お医者さんに任せるのがいいような気がします』(40代女性/主婦)

『家族から聞かされるよりも、医者の口から伝えてもらった方が冷静に受け止められるんじゃないでしょうか?』(30代男性/飲食店)

現在の病状や今後の生活のことなど、患者の体のことを一番良くわかっている医師の口から伝えるのがスムーズなのかもしれません。

喜ばしいことではありませんが、“伝え慣れている”ということもあり、冷静に伝えることができるとも言えるでしょう。

しかし、その後に付き合っていくのは他ならぬ家族です。余命を告げられた者とどう向き合っていくのかについては、避けることのできない問題です。

自分の口で伝えたいものの、難しさも

『大切なことを人任せにはできないし、残りの時間をしっかりと過ごすためにも責任を持って自分で伝えたいと思います』(40代男性/営業職)

『想像できないけど、家族の口から聞く方が納得できる気がします。でも、いざその状況になると何も言えなくなりそうですね』(20代女性/大学生)

「自分の口で伝えたい」としたのは2割にとどまりましたが、「自信がない」「相談してから」とした回答も含めると、半数以上の人が家族の口から伝えたいという意思は持っているようです。

たしかに、いざ伝えようと決心しても、本人を前にするとどうやって伝えればいいのかわからず、言葉に詰まってしまうこともあるかもしれません。

伝える伝えないのどちらが正解というわけでもないぶん、まずは家族で話し合いの場を持つのもひとつの方法と言えそうです。

最後まで隠し通すとしたのは1割未満

『余命宣告されるぐらい深刻な状態であれば、本人も薄々感づいているような気がします。はっきりと期日を伝えるのが正解だとは思えませんし、あまりにも短い場合、生きる気力を失くしてしまうのも心配です』(40代女性/主婦)

余命といっても、それはあくまで“目安”というものであり、本当にその人があとどれくらい生きられるかは誰にもわかりません。

余命宣告を受けた後に脅威の回復を見せ、病気を完治させてしまう可能性もゼロではないのです。

余命宣告を受けてどう感じるのか……。生きる希望を見失い、病状を一層悪化させてしまうこともあるかもしれません。

反対に、余命を知らされずに「治るんだ」と信じ続けることで本当に完治させてしまうことがあるとすれば、余命を隠すことにも意味があると言えるでしょう。

また、恐怖に怯えながら残りの時間を過ごすことを避けさせたい、という思いで隠し通すとした人も見られました。


いかがでしたか?

余命を知らせて、残り時間を悔いなく過ごせるようにするのがいいのか、それとも無用な恐怖感を与えないためにその日が来るまで隠し通すのがいいのか。

病気というものは、いつ自分や家族の身を襲うかわかりません。

いざというときに家族を悩ませないためにも、“自分はどうしてほしいのか”ということを事前に家族で話し合っておくのもひとつの方法ではないでしょうか。

どんな選択をしようと、悔いのない時間を過ごしてほしいと思ってやみません。

【参考リンク】
【アンケート結果(1位〜5位)】家族に余命宣告が下されたとき、それを本人に告げるべきだと思いますか?

●文/パピマミ編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする