ついやっちゃう!? PMSを悪化させてしまう夏のNG習慣3つ

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。

いよいよ夏本番を迎え、季節限定のアイスクリームやすいか、キンキンに冷えた生ビールがおいしい季節となりました。

この時期は海にバーベキューにとレジャーの楽しみもいっぱい。

しかし、そんなときに限って『PMS(月経前症候群)』で体が重い、お腹や腰が痛くてつらい。そんな経験のある人も少なくないと思います。

そこで今回は、暑い時期についやってしまうけれど実はPMSを悪化させてしまうNG習慣をご紹介したいと思います。

160728sayuri

(1)ついサラダやさっぱりした麺類で食事を済ませてしまう

暑いときはキッチンに長時間立って調理をするのも億劫、しかもさっぱりしたものでササッと食べたい。

そう思いがちですが、実はPMSを軽減してくれる『ビタミンB6』は野菜ではなくマグロやカツオ、牛レバーや豚ヒレ肉など動物性のものに多く含まれているのです。

口当たりがさわやかになるよう、マグロやカツオはマリネにしたり、牛レバーや豚ヒレ肉はこれもビタミンB6を多く含むニンニクをきかせたオリーブオイルでさっと炒め、レモン汁をかけて食べたりすれば、あっさりと食べることができます。

(2)ソフトクリームや季節限定のスイーツは外せない

ソフトクリームやひんやりスイーツは冷たさで味覚が鈍くなるにも関わらず、しっかりとした甘みを感じられるように、かなりの量の砂糖が使われています。

暑さで食欲がないからといって、空腹時にいきなりひんやりスイーツなどを食べると血糖値が急上昇し、インスリンが多量に分泌されるため、今度は急激に血糖値が下がります。

こうした血糖値の乱高下はPMSの悪化につながってしまうのです。

また、中医栄養学では、白砂糖は体を冷やす上に、さらに冷たく冷やして食べることで内臓全体を冷やしてしまい、冷えや痛みの原因となると言われています。

どうしても甘いものが食べたくなったら、今が旬の桃がおススメ。意外なことに桃は体を温める食材とされています。

(3)暑いから夏はシャワーのみ

一時的な外出で気温の高い屋外に出るだけで、あとは涼しい室内での生活をして、冷たいものを好んで飲んだり食べたりした上に入浴までシャワーで済ませてしまうと、体を温めることがなくなってしまいます。

毎日ゆっくり湯船につかるのが理想的ではありますが、忙しくてそんな時間が取れない場合は週に2回でも効果がある『HSP入浴法』(40~42度の熱めのお湯で入浴する方法)を実践するなどして、デトックスを兼ね、汗をかくことを楽しんでみてはいかがでしょうか?

【参考文献】
・『中医営養学』山崎郁子・著

●ライター/SAYURI(心理食育インストラクター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

あなたにオススメの記事

パピマミをフォローする